冷凍うどんの作り方|売ってる冷凍うどんのコシに負けない|パスタマシーン使用

麺作り

タピオカ粉を使った【 うどん 】の作って冷凍できるよいレシピなのですが、売っている冷凍うどんに比べるとコシがちょっと弱いんですよね。

冷凍うどんの王「カト◯チのさぬきうどん」コシ、ノドゴシを目指した冷凍うどんを作りました。

小麦グルテンを使ったパスタを作ったとき、コシがでるなと感動したとき、頭に”ピコン”とアイディアが浮かびました。

「小麦グルテンを使ったら、うどんのコシを強めれるんじゃないか」と。

冷凍うどん|材料|2~3人分

冷凍うどん材料

強力粉:60g

薄力粉:60g

タピオカ粉:40g

小麦グルテン:40g

塩:4g

水:80g(記事がまとまらない時は追加する)

打ち粉:適量

水に塩を溶かしておくと作業しやすい。

冷凍うどん|作り方

  1. 材料を計量する
  2. 粉類をボウルにいれ、塩水と混ぜていく
  3. 粉をひと塊の生地にし、生地を寝かせる
  4. 生地を伸ばし、切っていく
  5. うどんを湯がき、冷凍すれば冷凍うどん完成

材料を計量する

粉類の分量を計量し、ボウルにいれます。

2~5gは上限してOK。10g~20gの誤差はNG

作業にはいるまえに、水に塩をいれ、溶かしておくとキレイに混ぜれます。

粉に塩水をくわえる

うどん生地まとめ方

「小麦グルテン」は、一気に塩水をくわえると、大きい塊になってしまいます。

塩水をくわえるときは、すこ~しづつ加えましょう。

塩水をくわえる作業は、上記の写真に写ってる道具を使っています。

道具の穴から塩水をいれると、道具の下の穴からポタポタと水がおち、大きい塊にならないんです。

あとは道具をくるくる回していると、粉類と塩水を混ぜれます。

粉類をまとめ、生地を寝かす

道具をつかって、粉類と塩水をまぜたあとは、手をつかい粉類をまとめ、ひと塊の生地にします。

粉類がまとまらないときは、少しづつ水をくわえ生地をまとめあげましょう。

まとめた生地を乾燥しないように、サランラップやビニール袋で包み、生地を1時間ほど寝かせます。

パスタマシーンで生地をのばし、切る

生地をのばす

寝かせた生地を、二つに切り分けます。

小麦グルテンを使った生地は、非常にかたいので少量ずつ作業すると楽です。

作業してない生地は、乾燥しないようにサランラップやビニール袋にいれておきましょうね。

うどん生地をパスタマシーンでのばす動画

パスタマシーンにはいる薄さまで、麺棒で生地をのばします。

パスタマシーンは、一番厚い生地ができるダイヤルにあわせ、何度も何度も生地をのばしましょう。

何度も生地をのばすと、生地がしっとりナメらかな表面になってきます。

生地がしっとりナメらかになれば、お好みの太さに生地をのばしましょう。

生地を切る

パスタマシーンでうどんを切る動画

小麦グルテンを使った生地は、切った箇所がすぐにくっつきます。

念入りに、打ち粉を振っておきましょう。

パスタマシーンに「カッター」と「ガイド」をセット。

冷凍うどんの太さに近い、4mmカッターで生地を切りました。

パスタマシーンの詳しい生地はコチラ

キッチンペーパーをひいた、保存容器に切った「うどん」をいれ2時間ほど「うどん」を寝かせます。(うどんのコシがUP、する気がする。)

うどんを湯がき、冷凍する

うどんを湯がく

たっぷりのお湯で「うどん」を湯がく。

使っている粉、水分量、湯がく時間は変わります。うどんの湯がき具合を確認しながら湯がきましょう。

「ちょっと硬いかな」ぐらいの硬さでOK

湯がいた「うどん」を水でヌメりと熱を”しっかり”とりましょう。冷凍しなくても、うどんはすぐに食べれますよ。

姪ちゃんに味見してもらいました。

姪「甘くておいしいウドン、後味がゴーヤ」

おったろう
おったろう

後味がゴーヤ???

びーた
びーた

苦くはないって言うてけど、ほんと謎な感想。

うどんを冷凍する

保存容器にサランラップをひき、うどんをいれていきます。

うどんをいれるコツとして、キチキチにいれず”ふわっ”と保存容器にいれてあげましょう。

四角い保存容器をつかえば出来上がりも、売ってる冷凍うどんに近い仕上がりになります。

冷凍したウドンを食す

冷凍したウドンをとりだす、どうです、売ってる冷凍うどんにソックリじゃないですか(そーでもねーよ)という声も聴こえてきそうですが。

沸騰したお湯に、冷凍うどんを放り込み、うどんがほぐれたら出来上がりです。

湯がきたての「うどん」と違いがわからないほど、”ぷりんぷりん”なコシ、”とるぅんとるぅん”なノドゴシ、うどん、ウドン、饂飩。

おったろう
おったろう

あとは好きなように、うどんを食べてや。

びーた
びーた

うどんレシピ紹介しとくね♪

うどんにのっけるだけレシピ

鴨をつかった、ちょっと上等なレシピはコチラ

ほかの配合はどうなの??

小麦グルテン20%・タピオカ粉20%で作ってるけど、配合率を変えたらどうなるの。

「はい、ほかの配合率も試しています。」

食べた感想も書いておきます。

小麦グルテン10%~20%配合:タピオカ配合0%

小麦グルテン10%~20%配合はうどんのコシはでますが。

ノドゴシがタピオカ粉いりに比べると弱く、うどんの表面が”ザラっ”としています。

小麦グルテン30%~50%配合

小麦グルテンの配合率が30%をこえると、小麦の匂いがキツくなりウドンというよりパスタに変身。

さらに30%~50%は非常に麺にする作業がむずかしい。生地が硬く、のばしてものばしてもすぐ元に戻ります。

さらに50%はガムというより、ゴム。素うどんとして食べれないレベルの硬さ。

小麦グルテン30%以上配合するときは、うどんではなく、パスタとして食べましょう。

小麦グルテン10%:タピオカ粉10%|タピオカ粉20%

【 小麦グルテン10%:タピオカ粉10%or20% 】紹介したレシピに1番近い配合ですが。

コシ・ノドゴシともに紹介したレシピより一段劣ります。

タピオカ配合率20%は、ノドゴシはいいのですが、コシが少ないですね。コシをだすには、小麦グルテン20%が必要。

冷凍うどんを作った感想|まとめ

うどんに小麦グルテン・タピオカ粉をいれたことにより、市販品に負けないコシをだすことに成功。

冷凍しておき、サっと湯がいたらすぐ食べれるのも料理が楽になりました。

うどんの保存期間は、2週間~1ヶ月ほどで食べきってくださいね。

「タピオカ粉」も「小麦グルテン」作るなんてメンドくせーよて、あなたにオススメなのはカ◯キチさん。

コメント