【コストコ】ブラックトリュフソースいり生パスタの作り方 パスタからほんのり香るブラックトリュフが食欲を刺激する【パスタマシーン使用】

パスタ

コストコのブラックトリュフソースをパスタにねりこみ、生パスタにする方法を書いています。

生パスタはやや黒くなり、ほんのりとブラックトリュフソースの高貴な香りがしています。滅多にお目にかかれない生パスタです。

ペペロンチーノやカルボナーラをいつもどおり作り、食べようとしたところ、ブラックトリュフの姿形が見えないのに、どこからともなくブラックトリュフの高貴な香りがする摩訶不思議なパスタを作ることができました。

ブラックトリュフソース生パスタの調理工程

  • ブラックトリュフソースと粉を混ぜあわせる
  • 生地をのばす
  • 生地を切る
  • ブラックトリュフソース生パスタの出来上がり

生地にねりこんだブラックトリュフソースはコストコで買いました。ほかのメーカーのブラックトリュフソースでも作り方は一緒です。

ブラックトリュフソース生パスタの材料(2~3人分)

  • ブラックトリュフソース:大さじ2
  • ヂュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • 水:80g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

ブラックトリュフソース生パスタの作り方【写真あり】

材料を計量する

ヂュラムセモリナ粉:100g強力粉:100gを計量しボウルにいれる。

ヂュラムセモリナ粉がなければ、強力粉:200gでも作れる。

ブラックトリュフソース:大さじ2もボウルにくわえる。ブラックトリュフソースの香りが好きなかたは、ブラックトリュフソースを多めにいれると、色が黒くなり香りも濃くなる。お好みで調整しましょう。

水:80g塩、オリーブオイル:大さじ1を計量してからボウルにいれる。

ブラックトリュフソースと粉を混ぜあわせる

粉と水分を混ぜあわせる。いきなりお手手で混ぜると、ベットリと粉が指にくっつく。

そこでサイバシやゴムベラで最初は混ぜるとよい。粉と水分を混ぜる専用の道具で混ぜている。手の形になっており、効率よく混ぜあわせることができたいへん重宝している。

ボウルのなかを丸を描くように道具を動かし、粉と水を混ぜあわせる。

粉全体が、3mm~5mmほどの粒になれば、両手をつかい小さい粒を大きい一つの塊にまとめていく。

粉全体が小さい粒にならないときは、3mm~5mmほどの粒状になるまで、すこしづつ水を足す。

生地を1時間ほど寝かす。寝かすことで、麺状にしたときにコシとツルんとした食感がうまれる。生地が乾燥しては、ザラザラの生パスタになってしまう。乾燥しないようにサランラップを、ぴちっと生地にまいておく。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をのばす

寝かせた生地を作業台にとりだしす。作業台や手に生地がくっつくときは、打ち粉をふるとくっつかなくなる。パスタマシーンをつかい生地をのばす。

パスタマシーンにいれることができるほどの薄さ(3mm~5mmほど)まで、めん棒や手の平で生地を平らにする。

パスタマシーンは一番ぶ厚く生地をのばす設定にする。パスタマシーンのハンドルをくるくる回し、生地を薄くする。

生地の長さが倍ほどになったら、生地を折りたたむ。もう1度ぶ厚い生地ができるダイヤルにあわせ生地をふたたび伸ばす。

【のばす→折りたたむ→のばす】作業を2~3度くり返すことで、生地が滑らかになりコシがうまれる。

なんども伸ばし滑らかになった生地を、食べやすい長さに切る。生地がくっつかないように打ち粉をふっておく。

ブラックトリュフソースがびよ~んと伸びているのを確認できる。

生地のばし方参考動画

生地を切る

パスタマシーンにカッター(生地を切るアイテム)とガイド(切るとき生地がゆがまないようにするアイテム)を装着する。

パスタマシーンのカッターとガイドのうえに、ゆっくりと打ち粉をした生地をのせる。

ハンドルをカッターに装着する。ゆっくりクルクルとハンドルを回す。カッターのあいだを生地がとおっていく。カッターをとおった生地は麺状になり落ちる。

麺状になった生地をキャッチし、打ち粉をふっておく。

太めと細目のブラックトリュフソース生パスタの出来上がりだ。

生パスタをすぐに食べてもおいしい。しかし、1~2日ほど冷蔵庫で生パスタを寝かしてから食べたほうがさらにおいしくなる。

クッキングペーパーをひいた保存容器に生パスタをいれ寝かす。クッキングペーパーは水滴対策のためにいれている。クッキングペーパーをいれないと水滴でベシャベシャになってしまう。

生地を切る参考動画

ブラックトリュフソース生パスタを食べる

100gあたりの生パスタに1~2リットルの水をわかし、生パスタをゆでる。

ゆで時間のおおよその目安は3分~8分だ。使っている粉の種類や水分量、お湯の温度、ガスのコンロのちがいでゆで時間はかわる。

ときどき生パスタの硬さをチェックし、お好みの硬さになればお湯から生パスタをひきあげる。生パスタをゆでるときは、お湯に塩をいれる必要はないよ。生パスタに塩がはいってるからネ。

見た目は全粒粉パスタかコンニャク麺のようだ。あまり見た目はよろしくない生パスタができた。白い湯気からは微かにブラックトリュフソースの香りが漂っている。ツルンとした表面、ややザラっとしたひっかかりがありソースとよく絡みそうだ。

はしっこをかじると、前歯をはじきかえしそうな弾力。プツとかみききると、世界三大珍味の黒いダイヤの香りがほわっ~と口にひろがる。トリュフの味はブラックトリュフソースでしかしらんけどネ。

オイルとチーズをかけるだけで食べられる、乙な味の生パスタになっている。

ペペロンチーノ

ニンニクとトウガラシをオリーブオイルでゆっくり弱火で炒める。

生パスタのゆで汁をくわえオイルをのばす。ブラックトリュフソース生パスタをいれソースと混ぜあわせる。

仕上げにパセリをふりかける。

全粒粉パスタのような色をしている。ニンニクのあの香りに、トリュフの香り。ふたつの香りが混ざりあい。わたしがワレがと主張している。

ふたつの香りは夫婦漫才のように相性がよい。ニンニクの香りがメインになっており、トリュフの香りはつつみぶかく、まろやか、ふくよかにニンニクの風味を補助している。

そこへピリっとした辛味、パセリの清涼感。ここに粉チーズをかけても味が深く濃厚になりおいしくなる。

カルボナーラ

チーズと卵2個をボウルにといておく。

自家製ベーコンをいためフライパンに油をしぼりだしておく。そこへブラックトリュフソース生パスタをいれベーコンの油を生パスタに吸わせるようにかき混ぜる。

ボウルにといておいたチーズと卵2個をフライパンにいれる。火力は極弱火、固まるようであれば、火はとめる。お好みのトロミになるまでかきまぜ続ける。

トロリとした濃厚な黄色のスープが、ベーコンと生パスタにからみつくカルボナーラ。

黒こしょうをかけていないのに、黒い粒があるように見える。ベーコンとチーズの濃厚な香りが鼻にガツンとくる。その濃厚な香りの奥深くに静粛にトリュフはたたずんでいる。主張することもなく穏やかに静かにソースとベーコンの味をトリュフは支えている。

ラビオリ

薄くのばした生地を包みやすい大きさに切る。

刻んだ海老とタマネギと青ネギに塩と片栗粉菜を混ぜあわせておく。

具を生地で包み、お湯でゆでる。包み方はテキトウでよか。

トリュフの香りのする皮はツルンとしており、なかの海老はぷりぷりっ。ん~もう。最高。ワンタンのうえにのせるのはドウだろうか。

ニョッキ風

1cmほどの棒状に生地をのばし、1cmほどの長さに切り分けておく。

切り分けた生地をニョッキボードでグニっとし、溝をつける。

あとは生地をゆで、ソースにからめるだけだ。ほっくりした口当たりがやさしい食べ応えとなっている。

ニョッキボードさえあれば、パスタマシーンがなくともアッというまに生パスタができる。

ブラックトリュフソース生パスタを作った感想【まとめ】

生パスタを作るときに、ちょいとブラックトリュフソースを混ぜるだけで香りがよくなります。作り方はふつうの生パスタの作り方と一緒です。

パスタ料理に、ブラックトリュフソース生パスタを使うと味、香りがワンランクあがります。トリュフはさまざまな肉や海鮮と相性がよく色々なパスタに使えそうです。

ブラックトリュフソースの使い道に迷ったら、生パスタを作りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました