しいたけ出汁いり中華麺 レシピ・作り方 しいたけを漬けた水を加えるだけで麺にコクがうまれる【 パスタマシーン仕様 】

中華麺

この記事は、しいたけの出汁をねりこんで作る自家製中華麺のレシピを書いています。

しいたけ出汁をねりこんだ中華麺は、しいたけの香りと旨みが麺の内部からあふれてくる中華麺です。

ふつうの中華麺と作り方とほとんど同じです。乾燥しいたけから出汁をとる必要があるので時間はかかります。

パスタマシーンを使い楽々製麵しました。

しいたけ出汁中華麺の材料(2~3人分)

  • 強力粉:200g
  • 乾燥しいたけ:5g
  • 水:80g
  • 塩:4g
  • かんすい:2g
  • 打ち粉:適量

強力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに。中力粉にかえるとウドンになります。

この記事を読み、作り方をマスターすれば、三種類の麺を作れるようになるのです。なんとお得な記事なのでしょうか。

しいたけ出汁中華麺の調理工程

  1. 乾燥しいたけを水に漬ける
  2. しいたけ出汁と粉を混ぜる
  3. 生地をパスタマシーンでのばす
  4. 生地をパスタマシーンで切る
  5. しいたけ出汁中華麺の出来上がり

しいたけ出汁麺の作り方【写真あり】

乾燥しいたけを水に漬ける

乾燥しいたけ:5gを水:80gに漬ける。

しいたけより薄いうっすらとした茶色い出汁がとれるまで冷暗所に放置しておく。半日ほどで出汁をとることができるだろう。

しいたけ出汁と粉を混ぜる

強力粉:200gと塩:4g、かんすい2g、しいたけ出汁だけをボウルにいれる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっついてしまう。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜると、粉が指にくっつかないのでイライラしない。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせたよ。専用調理器具なので、赤くはなく、緑だけど3倍はやく混ぜあわせられる。

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜあわせていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずつ追加し混ぜあわせる。

3mm~5mmほどの粒になった生地を、両手を使い、ひとつの塊にまとめる。粒をボウルに押しつけていると、ひとつの塊にまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

生地は1~2時間ほど寝かしておく。寝かすことで、生地ぜんたいに水分がまわりコシと弾力がうまれる。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

めん棒や手でのばした生地をパスタマシーンにとおす、一番ぶ厚い生地がでてくる設定にしておく。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になってでてくる。2~3倍に長くなった生地をペタンと二つ折りにする。しいたけの細かい身がチラホラと。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面がなめらかになってくる。

生地が滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地を切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

見た目はふつうの生地だが、ほんのりと甘いしいたけの香りがしている。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選ぶ。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

しいたけ出汁生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、地面に落ちないように手でうけとめる。

すべての生地を麺状にし、しいたけ出汁中華麺がくっつかないように打ち粉をふっておく。

自家製麺はすぐに食べるよりも、寝かしてから食べたほうがコシもノドゴシもよくなる。キッチンペーパーを敷いた密閉容器に、しいたけ出汁中華麺をいれ冷蔵庫で半日ほど寝かせる。キッチンペーパーをいれないと、麺からでる水分でベチャベチャになりますゾ。

生地を切る参考動画

しいたけ出汁自家製中華麺を食べる

しいたけ出汁中華麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。沸騰したお湯に、しいたけ出汁中華麺をいれゆでる。

ボコボコと泡がでているお湯に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ラーメン

スープをはじき返すかのように、つやつやに滑らかで強固なコシを感じさせられるしいたけ出汁中華麺の表面。

鶏出汁でとったスープを醤油と塩で味を整え、器に注ぎいれる。

チャーシューと煮卵をトッピング。

ちゅるんと歯をとおりすぎるしいたけ出汁中華麺。クッと力をいれて噛みきると、プツンと音がしそうなほどのコシがある。噛みきられた麺の断面からは、しいたけの香りと風味がじんわりと染みでてくる。粉だけの甘味だけでなく、しいたけの甘さもある。かんすいの香りと、しいたけの滋味ある香りを堪能できる。

チャーシューの濃い味と油に負けないサムシングがしいたけ出汁中華麺にはある。

焼そば

しいたけ出汁中華麺は、スープだけでなく、焼そばにも使える。一麺二役。

ニンニクと唐辛子を炒め、出汁をとったしいたけと牛肉、長ネギなどを炒める。しいたけ出汁中華麺を具と混ぜあわせ器に盛り付ける。

しいたけの具と麺の両方を愉しむことができる、しいたけ焼そば。しいたけと牛肉のタッグは、いいものだ。牛肉の風味を倍増してくれる役割をするしいたけ。そこへニンニクの風味とチクリと辛い唐辛子とネギの刺激。焼そばの味の下支えをしているしいたけ出汁中華麺。ちょっとお高い中華料理で提供されるような焼そばをご家庭でお愉しみあれ。

しいたけ出汁自家製中華麺を作って食べた感想【 まとめ 】

乾燥しいたけから出汁をとります。その出汁を水のかわりに使います。ふつうの中華麺と作りかたと一緒です。

何かいつもの中華麺よりも、旨味とコクがあります。しいたけの出汁のふんわりとした甘さとコクが、はんなりと麺の内部からあふれてくるそんな中華麺でした。

出汁をとったしいたけも食べることができます。しいたけ出汁中華麺の具材に使えば、麺の外と内からしいたけを堪能できます。

しいたけ出汁をねりこんだ麺はあまり売っていません。売っていないのであれば作るしかありません。

パスタマシーンを使うことで、素人でも幅と厚さが均等の麺を作れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました