カニのトマトクリームソース練りこみ生パスタ【作り方】カニの芳醇な香りが生パスタから漂う一品!!

パスタ

カニのトマトクリームソースを、生パスタに練りこむ方法を書いている記事です。生パスタを食べるとカニの香りと濃厚な味を楽しめます。

え、カニなんて姿形も見えないのに、カニの香りがする。と、ビックリさせることができます。

さらにカニ缶や、カニカマを追加すると、かに、カニ、蟹三昧。

濃厚なカニの味を楽しめる、生パスタの作り方を書いていきます。

カニソース練りこみ生パスタの調理工程

  1. カニソースと粉を混ぜ、生地を作る
  2. 生地をのばす
  3. 生地を切る
  4. カニソース練りこみ生パスタの出来上がり

カニソース練りこみ生パスタの材料(2~3人分)

  • カニのトマトクリームソース:150g
  • デュラムセモリナ粉:150g
  • 強力粉:150g
  • 水:適量
  • 打ち粉:適量

粉の分量は、ソース重量2倍と考えてください。

80gのソースであれば、160gの粉を用意。ソースが120gであれば、240gの粉を用意します。生地がまとまらないときは、水を少しずつ足し調整してください。

カニソース練りこみ生パスタの作り方【写真あり】

ソースと粉を混ぜる

ボウルにデュラムセモリナ粉:150g強力粉:150gをいれる。

カニソース:150gをぐにゅ~と搾りだし、ボウルにいれる。

ソースと粉の混ぜはじめは、菜箸やゴムベラで混ぜると、指にくっつかずに混ぜることができるヨ。

粉と水分を混ぜるだけの調理器具を使っているよ、混ぜるだけの調理器具だけど、混ぜることにかんしては性能ピカイチ、お手手で混ぜるように楽々と粉と水分を混ぜてくれるんだ。

粉全体が3mm~5mmほどの粒になれば、手をつかい、粉をこすりあわせ、粒を少しずつ大きくしていく。粉全体が3mm~5mmの粒にならないときは、少しずつ水をくわえ、粉全体が粒になるように調整する。

粉ぜんたいがマッシュポテトのようになれば、手のひらをつかい、ボウルに押しつけながら大きい塊にしていく。少しずつ1つの塊になってくる。

まとまってきた生地を、ちょいちょいと粘土細工のように丸くしてやる。

生地が乾燥しないように、サランラップでぴっちり巻き、1~2時間ほど生地を寝かす。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

パスタ生地のこね方(ノーカット版)

生地をのばす

寝かせた生地を、作業台にとりだす。生地がめん棒や作業台にくっつくときは、打ち粉をふると生地がくっつかなくなる。

手やめん棒でのばす。かなり硬い生地になっており、一気に生地をのばす作業をすると疲れちゃう。

そんなときは、細かく切り分ける。4つに切りわける。のばす作業をしない生地は、乾燥しないようにサランラップでくるんでおく。生地を寝かすときに使ったサランラップを再利用すると、エコですぞ。

4つに切りわけた生地を、めん棒で5mmほどまでのばす。パスタマシーンの設定は一番ぶ厚い生地ができるダイヤルにあわせる。

ハンドルをくるくる回し、生地をのばす。

ダイヤルを操作し、どんどん薄くしていく。長さが2倍ほどになった生地を折りたたむ。そしてもう1度パスタマシーンでのばす。薄くのばす、折りたたむ、薄くのばす、この作業を3~5回繰り返すと生地が滑らかになってくる。生地が滑らかになれば、のばし作業終了。

あとの3枚も滑らかにのばす。

生地と生地を重ねる。

重ねた2枚の生地を、パスタマシーンに通すと、あら不思議。

1枚の立派な生地になったよ。お好みの太さまでのばす。

残った2枚も重ね、パスタマシーンに通し、1枚の生地にする。

食べやすい、お好みの長さに生地を切る。乾燥とくっつき防止に打ち粉をふっておく。

生地をのばす作業は終了。

生地のばし方参考動画

パスタマシーンで生地をのばす動画

生地を切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセットする。パスタマシーンの上にのばした生地をのせる。

カッターにつけた、ハンドルをくるくる回すと、アッというまに。

生パスタが出来ました。パスタがくっつかないように、打ち粉をふっておく。

生パスタは作りたてを食べるよりも、1~2日ほど寝かしてから食べると、シコシコ感とコシが強くなる。

密閉容器にキッチンペーパーをひき、生パスタをいれ、冷蔵庫で寝かす。キッチンペーパーをいれないと、生パスタからでる水分で、ビチャビチャになっちゃうよ。

生地を切る参考動画

パスタマシーンで生地を切る動画

カニソース練りこみ生パスタを食べる

1~2リットルの水を沸騰させ、生パスタをゆでる。お湯に塩をいれる必要はないよ。

5~10分ほどでゆで、生パスタの硬さをチェックし、お好みの硬さになれば、お湯から引き上げる。

あとは普通の生パスタと食べ方は一緒。

やや赤みががった黄色。カニ甘い芳醇な香り。生パスタを食べると、ツルンとした食感、プルンプツンとした噛みごたえ。

カニのねっとりしたクリミーな香り、トマトのグルタミン酸の効果か、どこまでも広がっていきそうな旨味。

生パスタとしては、カニソース練りこみ生パスタは濃厚な味ですが、カニソースを直接かけて食べたほうが濃厚でした。ソースを直接舌にのせたほうが、ダイレクトに味を感じるんでしょうね。

トマトソースをかけ、ソースの旨味をおぎなうと、カニのゆったりした風味を感じることができるパスタになる。トマトソースと生パスタに練りこまれたトマトの成分の二乗。トマト×トマト=うまいゾ。

生卵2個にカニ缶をドバッといれ、フライパンでトロトロに焼き、カニソース練りこみ生パスタにかけてやる。

トロトロの卵と、ホロホロしたカニの身が絡みついている生パスタを食べる。卵の甘さと、カニの濃厚な味が口の中で混ざりあう。

ちょっとお安いカニ缶を使ったので、カニの身がドコにあるか分からなかった。ほぼ卵の味だった。

カニの身をがっつり感じたい。そんなときは、カニカマの燻製をトッピング。

カニのがっしりした身、燻製の香りがぷわぁ~んと香る。

カニのカルボナーラといったところだろうか。カニボナーラ!!どこを食べてもカニ、かに、蟹三昧。

カニソースを練りこんだ生パスタに、カニクリームソースをかけちゃう。

Wカニさんだよ、とっても濃厚なカニの味が横にヨチヨチ大行進。ちょっとネットリ濃い気もしてくる。

カニソース練りこみ生パスタを作って食べた感想【まとめ】

カニソースを生地に練りこむのは、パスタマシーンを使えばカンタンに練りこむことができました。

カニソースを練りこんだ生パスタは、カニの香りと味、トマトの旨味、クリームの濃厚な味を楽しめます。

トマトソース、卵とカニ缶をかけたり色々なソースをかけると、ソースの味だけではなく、生パスタからもカニの香りと味を楽しむことができるのが、カニソース練りこみ生パスタ。

コメント