最高のオツマミを作る|ドライソーセージ|乾燥(ドライ)させるだけ。

燻製

ソーセージを乾燥(ドライ)するだけで、ソーセージの水分がぬけ、サラミやカルパスのような食感になるんです。

ソーセージを乾燥させて、サラミやカルパスのように生で食べて大丈夫なの??

『加熱食肉製品』と書かれているソーセージは、そのまま食べられます。ソーセージのパッケージの裏側をみると、「そのままでも召し上がれます」と書かれているソーセージもあります。

ソーセージを乾燥(ドライ)し、ドライソーセージを楽しみましょう。

ドライソーセージを作る

ソーセージを乾燥させる方法

  • 干しネットにいれ、天日干し
  • 冷蔵庫にいれ、乾燥させる
  • フードドライヤーを使う

干しネットにいれ、天日干し

干しネットにソーセージをいれ、天日にあてソーセージを乾燥させる方法。干しネットを買う必要があります。100円ショップでも干しネットを売ってるのを見かけました。

干しネットをつかわず、ソーセージを干していたらカラスに喰われたことあります(泣

湿度の高い日はゆっくり乾燥します。雨に降られたら大変なので、ソーセージを干すときは、天気予報を確認してくださいね。

干す時間は1日~2日ほどかかります。

冷蔵庫にいれ、乾燥させる

ソーセージを袋からだし皿にいれ、ラップなどせずに冷蔵庫にいれます。

冷蔵庫のなかは乾燥しており、ソーセージを乾燥してくれるでしょう。

ご家庭に冷蔵庫があれば確実に乾燥できる方法です。乾燥時間は1日ほどかかります。

フードドライヤーを使う

フードドライヤーという、食材を乾燥(ドライ)させる調理器具を使う方法。

天候に左右されずに、一番す早く乾燥できます。乾燥時間は3~4時間ほど。

デメリットして五千円ほど、初期費用が必要です。

お好みの方法で、ソーセージを乾燥させましょう。

ドライソーセージを食べる

お風呂やプールに長時間はいったあとの、指のようにシワシワになれば、ソーセージの乾燥は完了です。

水分がぬけ、ソーセージの皮はプニプニしており、サラミかカルパスのようになっています。

ドライソーセージをパクりとかじると、ソーセージの肉はシットリしており、ジワァ~とあふれでる肉の旨みを感じます。サラミよりカルパスにちかい食感です。

ドライソーセージを燻製する

ソーセージを干すだけでも、おいしくなるのですが、燻製することによって、さらに本格的なオツマミに大変身。

ソーセージを燻製する方法をご紹介します。

燻製に必要な道具

  • 段ボール
  • スモークチップ
  • 熱源(電気コンロ使用)
  • 耐熱容器
  • 2本の棒
  • 焼網

段ボールの上部に、2本の棒を刺します。BBQ用の焼網にドライソーセージをのせ、木の棒に焼網をのせます。ドライソーセージを落とさないように気をつけましょう。

熱源(電気コンロ)の上に耐熱容器をおき、スモークチップをいれます。

スモークチップを火にかけると、モクモクと燻煙がたちのぼります、段ボールのフタをしめ燻製開始。

電気コンロ以外の熱源として、オススメはカセットコンロです。

スモークチップってなになに、もっと詳しく知りたいよ。こちらの記事でくわしく書いています。

1~2時間ほどドライソーセージを燻製します。スモークチップが燃えつきたのを確認してから段ボールのフタをあけ、ドライソーセージをとりだしましょう。

スモークチップの燃えカスは、火消し壺にいれておくと安全に処理できます。

燻製がおわったばかりの食材は、燻製の香りがエグいです。ドライソーセージを干しネットにりいれ、空気にあてておくと、燻製の香りが落ちつき、いい香りになってきます。

燻製ドライソーセージの完成です。

皮の色が茶色くなり、サラミやカルパスっぽくなりました。

燻製の香りのするドライソーセージ。そのままパクっと食べましょう。容器にいれ冷蔵庫で保存し、早めに食べきってください。

ベーコン・パンチェッタの作り方はコチラ

目玉焼きを焼きながら、ビールを飲みながらドライソーセージをパクッ。

ちょっとオツマミが足りないな、ドライソーセージをパクッ。

ドライソーセージを作って食べた感想|まとめ

ソーセージを乾燥(ドライ)させるだけで作れる、ドライソーセージ。

カンタンに作れるのに、サラミやカルパスに近い食感のオツマミになります。

サラミやカルパスがお好きなかたは、ドライソーセージ試す価値ありです。

コメント