うどん粉使用自家製麺レシピ|パスタマシーン使用|うどん専用粉は美味かった。

麺作り

自家製【 うどん 】は作っていたのですが、「強力粉」「薄力粉」を混ぜていました。

「グルテン粉」をいれるとコシがでる、「タピオカ粉」をいれるとツルツルになるレシピも作っています。

「うどん専用粉は必要ないだろ」と思っていましたが、うどん専用粉でつくった自家製【 うどん 】は美味かった。

自家製麺【 うどん 】のレシピを紹介します

さぬきうどん専用粉

さぬきうどん専用粉:3kgで1,600円ほど。

思った以上に安かった、サッサとさぬきうどん専用粉を試しておけばよかったと後悔。

おったろう
おったろう

うどん作って、喰いまくるで。

びーた
びーた

体重には注意してね。

さぬきうどんを作る工程

  1. 材料を計量する
  2. 粉と塩水をまぜる
  3. 生地をふむ
  4. 生地を寝かせる
  5. 生地をパスタマシーンで伸ばす
  6. 生地をパスタマシーンで切る
おったろう
おったろう

裏面に、うどんの作り方を丁寧に書いてくれてるで。

さぬきうどん|材料

  • うどん専用粉:200g
  • 水:90g
  • 塩:10g
  • 打ち粉:適量

※うどんを作ったとき、気温33度、湿度66%

びーた
びーた

四季にあわして、分量を書いてくれてるの嬉しいね。

おったろう
おったろう

なんで400gをオススメしてるんやろ。

さぬきうどん|作り方|写真あり

塩を溶かす

塩と水を計量しておきます。

うどんを作り出すまえに、水に塩を溶かしておきましょう。

塩がおおく溶けなかったので、水を沸かし塩を溶かし、冷やしておきました。

粉と塩水をまぜる

うどん生地まとめ方

粉の重さをはかり、200gのうどん専用粉をボウルにいれます。

作っておいた塩水とうどん専用粉を混ぜ合わせる作業開始。

まずは塩水の半分をボウルにいれます。まぜる作業は写真のグッズを使っています。

菜箸やゴムベラを使うと、手に粉がくっつかず楽です。

さらに塩水の半分をボウルにいれ、粉と塩水を混ぜます。

うどん専用粉が写真の状態になるまで、少しづつ塩水をいれていく。

うどん専用粉を1つの塊にまとめます。

水分がおおい生地をこねやすい打ち粉が多めに必要
水分がすくない生地をこねるのが大変打ち粉が少量
おったろう
おったろう

おっちゃんは、水分すくなめで作ってるで。

生地をふむ

丈夫なビニール袋を用意する。

塊にした生地をビニール袋いれ、ビニール袋の上から生地を踏む。

生地が伸びてきたら、ビニール袋からとりだす。

生地を丸くまとめる。

【 踏む→伸ばす→まとめる 】作業を4~5回くりかえすと、うどんに「コシ」がうまれる。

乾燥しないように、ビニール袋に生地をいれ寝かす。

おったろう
おったろう

生地は1時間ほど寝かしたで。

びーた
びーた

寒い時期は長く寝かす、暑い時期は短時間でOK

生地をのばす

寝かした生地をとりだし、作業台のうえに置く。

めん棒で生地を、パスタマシーンで伸ばせる太さまで伸ばす。

うどん生地のばし方

めん棒と生地がくっつくなら打ち粉をふる。

パスタマシーンの一番厚くのばすダイヤルにあわせ、生地をのばす。

使っているパスタマシーンでは6。くわしいパスタマシーンの記事はコチラ

うどん生地をパスタマシーンでのばす動画

ダイヤルを調整して、どんどん生地をうすく伸ばす。

うすく伸ばした生地を二つ折りにする。

ふたたび、厚くのばすダイヤルにし、生地をのばす。

何度もパスタマシーンにとおすことで、生地が”しっとり”なめらかな生地になる。

【 生地をうすくする→二つ折りにする→生地をうすくする 】作業を2~3回くりかえす。

お好みの厚さに生地をのばせば、伸ばし作業は終了。

おったろう
おったろう

生地は1番の厚みをチョイス。うどんは太いほうがうまい。

生地を切る

パスタマシーンでうどんを切る動画

パスタマシーンにガイドとカッターをセットし、生地をパスタマシーンにのせる。

生地のくわしい切り方の説明はコチラ

ハンドルをくるくる回し、生地を製麺する。

うどんに打ち粉をしておく。

切らずに長いウドンにしましたが、長すぎるって人はお好みの長さにカットしてね。

切ってすぐ食べずに、うどんを2時間ほど寝かすとさらに美味しくなる。

うどんを茹でる

1リットルほどの水を沸騰させ、うどんを茹でる。

うどんの茹で時間は、うどんの太さ、コンロの火力の差で茹で時間は違う。

うどんの茹で加減を確認しながら、お好みの固さまで茹でる。

ザルに茹でたウドンをあげ、水でウドンの”ヌメリ”をとるようにシッカリ洗う。

うどんを食べる

冷たいうどんは、そのまま器にいれ食べれます。

温かいうどんは、お湯でうどんを温め、温かいお汁で食べましょう。

薬味をのせて、うどんを美味しくいただきます。

うどん専用粉でうどんを作った感想|まとめ

うどん専用粉を使って作ったうどん。

ズルズルと「うどん」をすする、うどんの表面ノドゴシも”ツルンツルン”

うどんが「あまぁ~~~い」いや塩分もかんじるけど、うどんから甘い匂いがフワっと香る。

プツンと歯で噛みきるの苦労するほどの、うどんのコシ。

パスタを作るなら専用の粉、うどんを作るのも専用の粉。

それぞれの麺用の粉をつかって、自家製麺を楽しもうと思いました。

讃岐うどん「つるわ」コシの強さとのど越しをご堪能下さい

コメント