ラードねりこみ自家製麺 レシピ・作り方 ラードのコクがこってりある麺 【 パスタマシーン使用 】

中華麺

この記事は、ラードをねりこんだ自家製麺の作り方を書いています。

ラードのたゆたゆとしたコクをたのしめる麺です。ラードをいれるだけで普通の麺の作り方とおなじです。

ラードをいれる量は調整できます。いれすぎては生地にはなりません。

パスタマシーンを使い楽々製麵しました。

ラード麺の材料(2~3人分)

  • 強力粉:200g
  • ラード:大さじ1
  • 水:80g
  • 塩:4g
  • かんすい:2g
  • 打ち粉:適量

ラードをいれすぎると生地がかたまりません。大さじ2ぐらいまでは大丈夫でしょう。

かんすいはいれなくてもOK、もしくは、重曹で代用できます。

強力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに。中力粉にかえるとウドンになります。

この記事を読み、ひとつの麺の作り方をマスターすれば、三種類の麺を作れるようになるのです。なんとお得な記事なのでしょうか。

ラード麺の調理工程

  1. ラードと粉、水、その他の材料を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. ラード麺の出来上がり

ラード麺の作り方【写真あり】

ラードと粉、水、その他の材料を混ぜる

強力粉:200gと水:80g、塩:4g、かんすい2gをボウルにいれる。

ラード:大さじ1もくわえる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっついてしまう。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜると、粉が指にくっつかないのでイライラしない。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせた。専用調理器具なのに赤ではなく緑だが3倍はやく混ぜあわせられる。

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜあわせていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずつ追加し混ぜあわせる。

3mm~5mmほどの粒になった生地は手にくっつきにくい。両手を使い、ひとつの塊にまとめる。粒をボウルに押しつけていると、ひとつの塊にまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

見た目はいたって普通の生地に見える。かすかにラードのたぷんとした香りが漂っている。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になってでてくる。2~3倍に長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地を切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選ぶ。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、地面に落ちないように手でうけとめる。

すべての生地を麺状にする。麺どうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生麺は切ってすぐに食べるよりも寝かせてから食べたほうが滑らかになり、コシもよくなる。キッチンペーパーをしいた密閉容器に麺をいれ冷暗所で半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

ラード麺を食べる

ラード麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。沸騰したお湯に麺をいれゆでる。

ボコボコと泡がでているお湯に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ゆでたラード麺と白湯スープを器にいれ、お好みの具材をトッピング。小粒でもピリッときくコショウとラード麺の相性はよい。

ラードの油分のおかげか麺の表面はつるりとなめらか。なめらかであるが、スープはよくからむ。からんだスープと一緒にラード麺をすする。スープの香りが口のなかにひろがる。なめらかなラード麺を噛む。ラード麺の内側から、たゆたゆとしたラードの風味がひろがる。粉とかんすいの香りもあるが、その下にラードの河が流れている。めちゃめちゃうまくなりはしない。だがしかし、ラードをねりこむことで麺の風味とコクは確実によくなっている。

ラード麺は、焼いても食べることができる。油をいれたフライパンに唐辛子とニンニクを弱火で炒める。ゆでたラード麺と混ぜあわせる。

ペペロンチーノ風の焼そばの出来上がり。ニンニクの風味、唐辛子の辛さ、ラード麺の表面の油分、そして麺の内側からは、ラードのコクを感じられる絶品の焼そばだ。いつもの焼そばをラード麺にかえると、焼そばの味のランクが、豚がおだてられて木に登るようにあがる。

ラード自家製麺を作って食べた感想【 まとめ 】

ラードをねりこむだけで、ふつうの中華麺の作り方とまったく一緒です。

ラードの主張は強くはありません。ですが、しっかりと麺の内側にラードの香りと風味、コクはあります。

ラードのいれる量を増減することで、ラードの香りと風味、コクも増減できますが、ラードをいれるすぎると生地がまとまりません。

ラードをねりこんだ麺はいいものです。しかし、あまり売られていません。売られていないのであれば、ご自宅で作るしかありません。

パスタマシーンをつかうことで、幅と太さがそろった麺を作れます。パスタマシーン1台でお家が製麺所。

コメント

タイトルとURLをコピーしました