長芋いり蕎麦の作り方・レシピをご紹介!!パスタマシーン使うと楽に作れる!!

麺作り

長芋をいれた蕎麦の作り方を書いています。長芋をすりおろし、粉と混ぜあわせて作ります。

令和で一番売れた乾麺そば『とびきりそば』を買って食べたんですよ。「とびきりおいしかった。」

『とびきりそば』の原材料を見てみると、『山芋』が含まれているのを確認。山芋をいれたら、おいしい蕎麦を作れるのではと考えました。山芋はなかなか手にはいらないので、長芋をいれた蕎麦を作りました。

長芋をいれることで、水で作った蕎麦と比べると、つるつるした食感がアップし、コシの強い蕎麦を作れました。

長芋いり蕎麦の材料(1人分)

  • そば粉:100g
  • 強力粉:100g
  • 長芋:60g
  • 水:適量
  • 打ち粉:適量

長芋いり蕎麦の作り方【写真つき】

材料を計量する

長芋をすって、長芋:60g計量しておく。

そば粉:100g強力粉:100gをボウルにいれる。

長芋と粉を混ぜる

粉をいれておいたボウルに、長芋:60gをいれる。

長芋と粉の混ぜはじめは、菜箸やゴムベラを使うと手にくっつかず楽に作業できるヨ。

粉と水を混ぜるためだけに、作られた調理器具を使っている。手のようになっており、非常に混ぜやすい調理器具。麺づくりにかかせない相棒。

粉全体がしっとりし3mm~5mmの粒になれば、手を使い粉をまとめていく。しっとり粒状にならないときは、ちょっとずつ水をくわえてやる。

そば粉と水を混ぜる動画

ギュッギュッとボウルにおしつけると、生地をまとめやすい。手のひらをつかい、生地がしっとりするまでグイグイこねてやる。

しっとりした生地を、ちょろちょろと形を整える。

そば粉と水をまとめる動画

まとめた生地を乾燥しないように、サランラップで包み、1時間ほど生地を寝かせる。

蕎麦生地をのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。生地が手やめん棒にくっつくときは、打ち粉をふってやると、くっつかなくなる。

手をつかい蕎麦生地を、5mmほどまで平らに伸ばす。

パスタマシーンに蕎麦生地をとおし、どんどん蕎麦生地をのばす。

パスタマシーンの詳しい記事はコチラ

長くのばした蕎麦生地を、二つに折りたたみ、もう1度パスタマシーンにかける。

のばす、折りたたむ、のばす作業を蕎麦生地がしっとりしてくるまで、3~5回繰りかえす。

お好みの薄さに蕎麦生地をのばし、蕎麦生地を食べやすい長さに切っておく。

蕎麦生地をパスタマシーンでのばす動画

そば粉生地をのばす動画

蕎麦生地を切り、麺にする

パスタマシーンにカッター(生地を切るパーツ)とガイドをセットする。

くっつかないように蕎麦生地に打ち粉をふり、パスタマシーンの上にのせ、カッターにとりつけたハンドルをくるくる回すと、蕎麦生地があっというまに麺状になって落ちてくる。

蕎麦どうしがくっつかないように、打ち粉をふっておく。

蕎麦生地をパスタマシーンで切る動画

そば生地を切る動画

長芋いり蕎麦をゆでて食べる

1リットル~2リットルほどのお湯を沸かし、長芋いり蕎麦をゆでる。

蕎麦粉のちがいや蕎麦の細さ、お湯の温度のちがいで、蕎麦がゆであがる時間は違うので、蕎麦をあげるまえに、蕎麦を一本食べ、蕎麦のゆで具合を確認しましょう。

ゆでた蕎麦を冷水にいれ、蕎麦のヌメリをとる。

冷たい蕎麦でいただくときは、水気をよくきり器に盛りつけ食べる。

温かい蕎麦でいただくときは、もう1度蕎麦をお湯で温めてから、器にもりつけアツアツの蕎麦を頂く。

すぐに蕎麦をたべないときは、クッキングペーパーで蕎麦をくるみ、サランラップで巻いておくと乾燥せずに保存できる。

冷やし蕎麦

五割そばとくらべるとツルンとしており、ノドゴシがよくなっている。

蕎麦を噛んだときの歯ごたえは、ブツとした食感ではなくプツンとした食感。

長芋の滋養がありそうな味があり、麺つゆだけでもおいしく食べるれますが、いろいろな蕎麦の薬味を足しても色々な味の変化を楽しめます。

とろろ蕎麦

長芋をいれてるうえに、さらに長芋をたらしてやる。長芋を2倍摂取できる蕎麦。

黄身をポチョンといれてやると、雲からお月さまが顔をだしている月見そば風になる。

風邪をひいてるときに、食べると元気もりもり、体調が復活するかも。

長芋いり蕎麦を作り食べた感想【まとめ】

長芋を蕎麦に練りこむことで、蕎麦の表面がツルっとし、ノドをつる~っと通っていくノドゴシ。食感は歯でプリっと噛み切れる蕎麦になっています。

長芋をおろすのが、すこし手間ですが水で作ったときと比べると、長芋を使ったほうが、長芋の風味を楽しめるおいしい蕎麦を作れます。

香りの高いよい蕎麦粉を使うときは、水だけで作ったほうが蕎麦の香りを楽しめるでしょう。

水と長芋、使いわけると蕎麦生活に選択肢がふえ、おいしい蕎麦を楽しめる可能性が高まります。

コメント