味噌煮込み自家製うどん レシピ・作り方 お家で熱々の味噌煮込みを愉しめる【 パスタマシーン使用 】ほうとうも作れるようになる

うどん

この記事は、味噌煮込みうどん用のうどんの作り方を書いています。

中力粉と水だけで作るのが特徴です。パスタマシーンを使うことでしっかりとしたコシの煮込み用のうどんを作れました。

お家で熱々の味噌煮込みを愉しめるようになります。

うどんだけでなく、ほうとうも作れるようになります。一記事でふたつの麺を作れるようになる、なんともお得な記事でしょうか。

パスタマシーンを使い製麺しました。

味噌煮込み用うどんの材料(2~3人分)

  • 中力粉:200g
  • 水:80g
  • 打ち粉:適量

味噌煮込み用うどんの調理工程

  1. 中力粉と水を混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 味噌煮込み用うどんの出来上がり

味噌煮込み用うどんの作り方【 写真あり 】

中力粉と水を混ぜあわせる

中力粉:200gと水:80gをボウルにいれる。

混ぜはじめは中力粉と液体が混ざりあい粘土状になる。手で混ぜるとくっついてしまう。さいばしやゴムベラを使って混ぜるとよい。

粉と水分を混ぜる専門の調理器具をつかい混ぜた。手で混ぜるように素早く混ぜることができる。

中力粉全体に水分がいきわたり、しっとりと3mm~5mmほどの粒状になれば手をつかい粉をまとめていく。混ぜつづけても粒状にならいなときは、すこしづつ水をくわえる。

粉をボウルにおしつけたり、のばしたり、ひとつの塊にまとめ、形をととのえる。

生地を寝かせる。寝かせると生地ぜんたいに水分がまわり滑らかになりコシもでる。

寝かせているあいだに、生地が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

やわらかいうどんが好きな方は、寝かせる必要はない。

粉のまぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

生地を作業台にとりだす。パスタマシーンもセットしておく。

パスタマシーンに通ることができる薄さに生地をのばす。めん棒や手をつかい5mmほどになるまで生地をのばす。

のばした生地をパタンとふたつに折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンに通す。パスタマシーンに通す、折りたたむ、通す、一連の作業をくり返すと生地が滑らかになる。

なめらかになった生地をお好みの薄さにのばす。食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

パスタマシーンにカッター(生地を切る調理器具)とガイド(生地を固定する調理器具)をとりつける。

生地をパスタマシーンで切る

打ち粉をふった生地の先端をカッターにあわせ、パスタマシーンとガイドのうえにおく。

カッターにハンドルをとりつけ、くるくると回す。生地がカッターをとおり、うどんになって落ちてくる。手でうけとるか、清潔な器でキャッチする。

すべての生地をカッターにとおす。

うどんをすぐにゆでないときは、くっつかないように打ち粉をふっておく。

味噌煮込み用うどんは、ゆでずに、生のまま鍋にいれゆでる。打ち粉が鍋にトロミをつけてくれる。片栗粉やくず粉など、口当たりのよい打ち粉をつかえば、鍋のお汁のトロミがやさしい。

生地を切る動画

味噌煮込みうどんを食べる

昆布とかつおで出汁をとり、豚肉か鶏肉、そして、たくさんの野菜を煮込んでおく。保温調理でゆっくりと優しく旨味をひきだした。

保温調理したお汁を鍋にいれ、沸騰させないように温める。

お汁に味噌いれ溶かす。どの種類の味噌でもよい。八丁味噌があれば、どっぷりとした濃厚かつ本格的な味を愉しめる。

味噌煮込み用うどんを鍋にくわえる。

保温調理鍋から、具材もいれる。

土鍋の蓋をし、ふきこぼれない火力で煮込む。パスタマシーンでこねたうどんは、しっかりとしておりのびにくい。ゆっくりと味が染みこむまで煮こむことができる。

うどんのゆで加減がいい塩梅になれば、土鍋を火からおろす。熱々をいただく。

と、そのまえに卵を落とし、1~3分蓋をして待つ。

七味とネギをトッピングしていただく。かつおと昆布のしっかりとした味の土台。そのうえに鶏肉の旨味、キノコの栄養素、ごぼうのほがらかな香りが溶けだしたお汁。八丁味噌をくわえ、どっぷりと厚くオケーストラのように重厚な風味。お汁を飲むと、胃の底から温かさの波紋が、手や指、頭のテッペンに柔和にしみじみとひろがる。

うどんは溶けずに、ピンッと角がまだたっている。芯まで火は通っているが、しっかりと箸でつかめる。うどんは、つるんと滑らか、そして、表層には、混然一体といったお汁の旨味が染みこんでいる。

寒い日の永遠の定番メニュー味噌煮込みうどん。パスタマシーンさえあれば、お家で熱々を愉しめる。

いやいや、味噌煮込みにまけない、寒い日の定番ほうとうがあるゾ。人気アニメ『 ゆるキャン△ 』にも登場したほうとうだ。

ほうとうの作り方

混ぜて、のばす作業まではおなじ。

ほうとうのイメージとして、きしめんより太いイメージありませんか。というわけで、包丁で太く切ります。

パスタマシーンのカッターでは、ほうとうの太さまでは対応していない。

味噌煮込みとおなじような具材を煮こみ、味噌をいれ、そこにほうとうをいれます。

ほうとうが柔らかくなれば、できあがり。ほうとうは、みなでつつく鍋にいれられる。ちいさいお子様から大人、お年寄りまで、太いつるつるのほうとうに首ったけ。

味噌煮込み用うどんを作って食べた感想【 まとめ 】

味噌煮込み用うどんをパスタマシーンで作りました。パスタマシーンでのばすと、塩をいれずに、しっかりとした表面、どっしりとしたコシのうどんを作れます。

きしめんの太さに切ればうどん、一反木綿のように太くきれば、ほうとうになります。その日の気分で、寒い日の永遠の定番『 味噌煮込みうどん 』か『 ほうとう 』を愉しめます。

塩をいれないうどんはあまり売っていません。売っていないのであれば、ご自宅で作るしかないでしょう。

パスタマシーンを使えば、うどんの幅と厚さを均一に切ることができます、素人でも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました