太い蕎麦の作り方・レシピ【 パスタマシーン使用 】ふといビラビラした新食感のお蕎麦

蕎麦

この記事は、太い幅の蕎麦の作り方を書いています。

幅広のビラビラでつるつるの新食感のお蕎麦です。

太い幅の蕎麦はあまり売っていません。

パスタマシーンを使い楽々と製麵しました。

パスタマシーンを使えば、幅と厚さのそろった蕎麦を作れます。

太蕎麦の材料(2~3人分)

  • 蕎麦粉:100g
  • 強力粉:100g
  • 水:80g
  • 打ち粉:適量

2割ほどの蕎麦粉がはいっていれば蕎麦となのれるそうです。

5割蕎麦は作りやすい配合です。蕎麦づくりになれないうちは、5割蕎麦から作りはじめるのがよいでしょう。

蕎麦づくりになれたら、すこしづつ蕎麦粉の割合を増やし8割、10割をめざしましょう。

太蕎麦の調理工程

  1. 粉と水を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 太蕎麦の出来上がり

太蕎麦の作り方【写真あり】

蕎麦粉:100gと強力粉:100g、水:80gをボウルにいれる。

粉と水を混ぜあわせる。手で混ぜはじめてもいいが、ゴムベラやさいばしで混ぜあわせると、手に粉がくっつかず楽に作業できる。

粉と水を混ぜあわせる。手で混ぜはじめてもいいが、ゴムベラやさいばしで混ぜあわせると、手に粉がくっつかず楽に作業できる。

粉ぜんたいがしっとりし、粉が3~5ミリほどの粒になるまで混ぜあわせる。3~5ミリほどの粒にならないときは、水を追加でいれる。

3~5ミリほどの粒になれば、そば粉が手にくっつきにくい。両手をつかいそば粉をまとめていく。そば粉をのばしたり、押しつけているとまとまってくる。

形をととのえ混ぜ作業終了。パスタマシーンで製麺するので、ヘソダシをする必要はない。

水回しと粉のまとめ方参考動画

生地をのばす

作業台に生地をだし、パスタマシーンも設置しておく。

生地に打ち粉をふり、めん棒や手をつかいパスタマシーンに通せる薄さまで生地をのばす。目安としては、5mm以下になるようにのばす。

パスタマシーンのダイヤルの設定は、1番ぶ厚くのばせるダイヤルに合わせておく。

パスタマシーンのハンドルを回し、生地をパスタマシーンに通しのばす。3~4倍ほどの長さになって生地がでてくる。生地をパタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンに通す。のばす、折りたたむ、のばす、この作業を5回ほどくり返すと生地が滑らかになり、蕎麦のコシもしなやかにつよくなる。

滑らかになった生地をお好みの薄さにまでのばす。打ち粉をふり、食べやすい長さに切っておく。

蕎麦生地のばし方参考動画

生地を切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺にするパーツ)とガイド(生地を固定するパーツ)をセットする。

いちばん太い幅のカッターを選択する。

薄くのばした生地の先端をカッターにあわせる。ガイドのうえに生地をおく

カッターのハンドルをくるくると回す。生地がカッターをとおり、蕎麦になって落ちてくる。手や器で蕎麦をうける。

すべての生地をカッターに通す。すぐにゆでないときは、太蕎麦がくっつくので打ち粉をふっておく。

パスタマシーンで蕎麦を作る参考動画

太蕎麦をゆでて食べる

太蕎麦100gにたいして、お湯1リットルから2リットルを用意する。くっつかないように、さいばしで軽くかき混ぜる。

ボコボコとお湯がわくほどの強火力で蕎麦をゆでる。ふきこぼれそうな時は、鍋に水をいれるか、火力を落とすとよい。

粉の種類や蕎麦の太さ、お湯の温度の違いでゆで時間は変わる。おおよそ1~5分ほどで蕎麦はゆであがる。蕎麦をお湯からひきあげる前に、ゆで加減をチェックしよう。

太蕎麦を冷水で洗い、ヌメリを落とし表面をしめる。

水気をきった太蕎麦を器にもりつける。

太蕎麦をシンプルに表現すると、蕎麦粉の香りがするきしめん。

一反木綿が優雅に空を飛ぶように、つるつると流れこむ太蕎麦。太いおかげか、蕎麦粉の風味がのびのびと伸びている。

蕎麦の繊細さはないもの、すこし味付けの濃いトッピング食材にも負けない蕎麦の力強さがある。

びらびらと幅広の太蕎麦は、蕎麦をがっつり食べたという満足感をえられる。

太蕎麦を作って食べた感想【 まとめ 】

太蕎麦は、蕎麦の香りのするきしめんです。

びらびらと幅広でなめらか、そして蕎麦粉の香りがぷんぷん香りました。

蕎麦の幅をひろくすると、蕎麦の力が強くなるのかもしれません。蕎麦を食べたという満足感をえられました。

幅広の蕎麦はあまり売っていません。売っていないのであれば、お家で作るしかありません。

パスタマシーンで製麺することで、素人でも蕎麦の太さと幅がそろった蕎麦を作ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました