ゴボウ麺レシピ・作り方 食物繊維が豊富なゴボウをすすれる麺【 パスタマシーン使用 】

中華麺

この記事は、ゴボウをねりこんだ麺の作り方を書いています。

ゴボウは栄養たっぷり、食物繊維も豊富な野菜です。

しかし、ゴボウを食べるのが苦手な方はおおいのではないでしょうか。麺にすることでゴボウをつるつるとすすれます。

ゴボウの栄養がありそうな滋味あふれる土といった香りがし、ゴボウを細く細くしたような茶色の麺です。

パスタマシーンを使い楽々製麵しました。

ゴボウ麺の材料(2~3人分)

  • 強力粉:200g
  • ゴボウ:80g
  • 水:適量
  • 塩:4g
  • かんすい:2g
  • 打ち粉:適量

かんすいは、いれなくてもOK。また、かんすいのかわりに食用重曹がつかえます。

強力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに。中力粉にかえるとウドンになります。

この記事を読み、ひとつの麺の作り方をマスターすれば、三種類の麺を作れるようになるのです。なんとお得な記事なのでしょうか。

ゴボウ麺の調理工程

  1. ゴボウをすりおろす
  2. ゴボウと粉、水、その他の材料を混ぜる
  3. 生地をパスタマシーンでのばす
  4. 生地をパスタマシーンで切る
  5. ペースト麺の出来上がり

ゴボウ麺の作り方【写真あり】

ゴボウをすりおろす

ゴボウの表面の汚れをおとす。たわしやアルミホイルを丸めたものを使うと汚れをおとしやすい。

おろし金でゴボウをすりおろす。ゴボウは硬く、かなり重労働になる。ブレンダーなどですりおろしたほうが楽かもしれない。

と粉、水、その他の材料を混ぜる

強力粉:200gと塩:4g、かんすい2gをボウルにいれる。

すりおろしたゴボウもくわえる。食物繊維そのものといった、真っ黒な見た目。

ゴボウだけでは、粉がまとまらない。そこで、ボウルにすこしづつ水をいれ粉とゴボウを混ぜあわせる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒になるまで水をくわえながら混ぜあわせる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっついてしまう。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜると、粉が指にくっつかないのでイライラしない。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせたよ。専用調理器具なので、赤くはなく、緑だけど3倍はやく混ぜあわせられる?

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜあわせていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。

3mm~5mmほどの粒になれば、手にくっつきにくい。両手をつかい、粉をボウルにおしつけたり、おりたたんだりしていると粉がまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、形をまるく整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

1~2時間ほど冷暗所で生地を寝かす。寝かすことで、生地ぜんたいに水分がまわりコシと弾力がうまれる。

黒かったゴボウが、サツマイモのような色になっている。不思議な現象だ。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

寝かせた生地は、なんともいえないマカフシギな色になった。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になってでてくる。2~3倍に長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地を切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選ぶ。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、地面に落ちないように手でうけとめる。

すべての生地を麺状にする。麺どうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生麺は切ってすぐに食べるよりも寝かせてから食べたほうが滑らかになり、コシもよくなる。キッチンペーパーをしいた密閉容器に麺をいれ冷暗所で半日ほど寝かせる。

麺にすると、あのマカフシギな色は消え、雑穀や田舎蕎麦といったすこし色の黒い麺なった。

生地を切る参考動画

ゴボウ麺を食べる

麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。沸騰したお湯に麺をいれゆでる。

ボコボコと泡がでているお湯に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

鶏がらスープに醤油や麺つゆ、塩をいれ味をととのえた温かいスープにゴボウ麺をいれ、具材をトッピング。

鶏や醤油の香りよりも、ゴボウの土といった素朴な香りが器のうえに漂っている。ゴボウを細く細くした麺は、ゴボウとは違い、つややかに滑らか。ゴボウ麺はつるつるとすすれる。ぷりんとコシの強いゴボウ麺をかむと、口のなかでゴボウの素朴であり、栄養たっぷり、食物繊維たっぷりの、地球の土といった風味が口のなか一杯にひろがる。

ゴボウの香りはある。しっかりとしたコシはある。ゴボウの木の根といった硬さはなくなり、食べやすくなっている。

ゴボウ麺は焼そばにも使える。焼くとゴボウの香りがリメイクされる。ゴマ油と醤油、ゴボウの滋味あふれる香りがまざりあう。お好みで唐辛子やゴマ、ニンニクをくわえてもよいだろう。

ゴボウ麺自家製麺を作って食べた感想【 まとめ 】

ゴボウをすりおろすのは、なかなかの重労働です。できあがった麺は、ゴボウを細く細くしたような茶色。ゴボウとちがい麺は滑らか。つるつるとすすれます。

ゴボウの滋味あふれる香りは麺に残っていました。ゴボウの食物繊維のざらざら感などはまったくありません。

ゴボウが苦手なかたでも、ゴボウ麺を食べられるかもしれません。

ゴボウはスーパーで売っています。しかし、ゴボウをねりこんだ麺は、あまりみかけません。であるならば、お家で作るしかありません。

パスタマシーンをつかうことで、幅と太さがそろった麺を作れます。パスタマシーン1台でお家が製麺所。

コメント

タイトルとURLをコピーしました