激辛ソース・デスソース練りこみ激辛自家製麺レシピ ソースの量で辛さの調整は自由自在 お好みの辛さにシビれよう

中華麺

激辛自家製麺の作り方を書いています。

麺にデスソースやスパイスソースを練りこみ、パスタマシーンで作りました。

市販の激辛麺の辛さが物足りない、そんなあたなにオススメのレシピ。

ソースの量や種類をかえることで、辛さは自由自在。二種類のソースを使うことで、辛さと旨味がましまし。

パスタマシーンを使い、お家で楽々と製麺しました。

激辛自家製麺の調理工程

  1. 激辛ソースと粉、水を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 激辛自家製麺の出来上がり

激辛自家製麺の材料(2~3人分)

  • 激辛ソース:適量
  • 強力粉:200g
  • かんすい:4g
  • 水:80g
  • 打ち粉:適量

激辛ソースは、お家にあるお好きなソースをお使いください。二種類の激辛ソースを麺に練りこむことで、辛さと旨味が増します。

かんすいは食用重曹で代用できます。かんすい独特のコシと食感が必要ない人は、かんすいや重曹をいれる必要はありません。

激辛麺の作り方【 写真あり 】

激辛ソースと粉、水を混ぜる

強力粉:200g、かんすい:4gを計量、ボウルにいれる。

粉とかんすいが入ったボウルに、激辛ソースをくわえる。激辛ソース・デスソースを大さじ1ずついれる。

辛いのが好きなかたは、もっとドッサリいれちゃってください。ソースを大量にいれたときは、水の量を減らしましょう。

水:80gを粉とソースをいれたボウルにいれる。

粉と水を混ぜるとき、はじめから手で混ぜると、粘土状になった生地がくっつく。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜるとよい。

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずついれながら混ぜる。

世界一すばやく粉と水を混ぜあわせることができる調理器具を使い粉と水を混ぜあわせた。

3mm~5mmほどの粒になった生地は、手にくっつきにくい。そこで両手を使い、ひと塊にまとめる。粒をボウルに押しつけていると、ひと塊にまとまってくる。

まとめた生地は1時間ほど冷暗所で寝かす。生地の表面が乾燥し、クッキーのようにならないようにサランラップをまいておく。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。

のばした生地をパスタマシーンにとおす、パスタマシーンは、一番ぶ厚い生地ができるダイヤルにあわせる。

パスタマシーンに通すと、生地はの長さは2~3倍になる。長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

のばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が滑らかになってきたら、お好みの食べやすい薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地は切っておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選択。お好みのカッター幅を選択しましょう。

生地ぜんたいに打ち粉をふりかけ、パスタマシーンに生地をのせる。

ハンドルを回しカッターを操作すると、生地がどんどんと麺状になって落ちてくる。落ちてくる麺は、手でうけとるか、下にキレイな容器を置いておくとよい。

激辛麺がくっつかないように、打ち粉をふっておく。

自家製麺はすぐに食べるよりも、寝かしてから食べたほうがコシもノドゴシもよくなる。キッチンペーパーを敷いた密閉容器に激辛麺をいれ、冷蔵庫で半日ほど寝かせる。キッチンペーパーをいれないと、麺からでる水分でベチャベチャになる。

生地を切る動画

激辛ソース麺を食べる

激辛ソース麺をゆでる

激辛ソース麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。

ボコボコと泡がでているお湯に火傷に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わってくる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ゆで終わった激辛ソース麺は、ふつうの麺と同じように、ラーメンや焼そばにして食べる。

飛び上がるほどの辛さはなく、じわじわとした辛さと、ギュンとくる旨味が麺の内部からしてくる。

激辛ソース麺を蒸す

ゆでるだけでもプリンプリンの激辛ソース麺。それを蒸してからゆでると、かっちりとした食感になる。

10分ほど蒸した激辛ソース麺。つやつやテラテラしている。

少しお湯のなかでシャバシャバさせ、麺を溶きほぐす。

水気を切って、ごま油をまぶし頂く。じゅんわりした辛味、激辛ソースの旨味とコク、それは激辛維新。

激辛ソース麺を作り食べた感想【 まとめ 】

激辛ソースを麺に練り込むのは、ふつうの麺を作る方法とまったく一緒です。

200gの粉にたいして、大さじ2ほどでは、飛びあがるほどの辛さはありませんでした。ガツンと辛い麺にしたいかたは、激辛ソースをいれる量を増やしましょう。

麺の内部からは、ソースの旨味は感じました。隠し味的にソースを練り込むのは有りだと思います。

唐辛子や暴君ハバネロ、カラムーチョを練り込んだ麺の作り方も書いており、興味があればご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました