ヨーグルトねりこみ自家製生パスタ レシピ・作り方 ヨーグルトをねりこむとやわ甘い発酵した香りになる【 パスタマシーン使用 】

パスタ

この記事は、ヨーグルトをねりこんで作る自家製生パスタの作り方を書いています。

ヨーグルトをねりこむことで、発酵したように甘く、滑らか表面、コシある生パスタになりました。

乳酸菌は肌や胃、健康にキクと言われています。パスタを食べるついでに、胃の腸内環境が健全になるかもしれません。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

ヨーグルト生パスタの調理工程

  1. ヨーグルトと粉を混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. ヨーグルト生パスタの出来上がり

ヨーグルト生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • ヨーグルト:90g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

ヨーグルトはご家庭にあるヨーグルト、お好きなヨーグルトをお使いください。ただ甘味のはいったヨーグルトは、パスタのグルテンを作るのを邪魔します。麺状にならない可能性があります。ご注意ください。

ヨーグルトの水分や粉の種類によっては、量を増減する必要があります。水を足してもらってもかまいません。

ヨーグルト生パスタの作り方【 写真あり 】

ヨーグルトと粉を混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

ヨーグルト:90gをいれ、ヨーグルトと粉を混ぜあわせる。

最初から手で混ぜると、ヨーグルトと混ざったドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専用調理道具で混ぜている。まるで手で混ぜるように、素早く混ぜあわせることができる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、ヨーグルトか水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

すこし白黄色の生地になった。すこしヨーグルトのすっぱい香りがしている。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせておいたヨーグルト生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

しっとりと滑らか、すこし膨張したようにも見えるのは、気のせいだろうか。

パスタマシーンを作業台にセットする。

生地をパスタマシーンにとおる厚さになるまで、めん棒や手でのばす。目安として3mm~5mm。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

通常の生パスタより、しっとりと滑らかな生地にしあがった。柔軟性もあり作業を楽におこなえた。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった滑らかなヨーグルト生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。ヨーグルト生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーを敷きつめ、ヨーグルト生パスタを半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

ヨーグルト生パスタを食べる

牛乳を発酵させヨーグルトにするように、寝かせておいたヨーグルト生パスタをゆでる。

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

ぷりんと滑らか、そして艶々の光沢をしているヨーグルト生パスタ。ヨーグルトの酸っぱい香りがゆるみ、麹が発酵したような優しい甘さが湯気から立ち昇っている。

ひとくち味見をしていると、いつもの生パスタよりも、10代の肌のように滑らかで瑞々しい。ぷっちん、ぷりんとした歯のうえで跳ねるコシ。すこし熟成したような酸っぱい風味と滋味ある甘味がミートしており、奥深い味になっている。

生パスタは、ヨーグルトで作るのが最適なのではと考えさせらるほど、出来栄えのよい生パスタの艶と弾力、風味だった。

ヨーグルトの乳酸菌は、お湯の熱でお亡くなりになっている可能性がある。納豆をまぜまぜし、生パスタのうえにのせる。ゴリゴリと黒胡椒もたっぷり。

すこし醤油をたらすだけで、乳酸菌三重奏生パスタの出来上がりだ。肌や胃、健康によいであろうレシピ。

ニンニクとタマネギ、ニンジンをみじん切り、弱火で炒め、ヨーグルトとトマトジュースをくわえ煮込む。煮つめたソースに、ゆでたヨーグルト生パスタをいれ1分ほど煮こみ器に盛りつける。

ヨーグルト生パスタのヨーグルトソースかけの出来上がりだ。ツナ缶やササミをくわえタンパク質を追加するのもよい。

ヨーグルトの酸味とトマトの酸味のW酸味でさっぱりとしたソースになっている。ソースからもヨーグルト生パスタからもヨーグルトの酸味と風味がしてくる。どこを食べてもヨーグルトが顔をだす、そう、これは、ヨーグルトの金太郎飴ヤ。

ヨーグルト生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

水や卵でつくる生パスタよりも、ヨーグルトでつくった生パスタのほうが、表面の滑らかさ、コシの強さ、風味のすべてが勝っていました。

生パスタは、ヨーグルトでつくるのが最適、なのではと考えます。

作り方は水や卵のかわりに、ヨーグルトをいれるだけ。ふつうの生パスタと作業工程は一緒です。

さらに乳酸菌効果で、肌や胃、健康にもキクかもしれません。

不器用さんでも、料理初心者さんでも、パスタマシーンを使うことで、パスタの幅と太さを均一にすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました