豆乳ねりこみうどん レシピ・作り方 ふつうのうどんのように見えるが、イソフラボンも摂取できるうどん【 パスタマシーン仕様 】

うどん

豆乳をねりこんだ自家製うどんのレシピを書いています。

水の代わりに豆乳で粉をねるだけです。そして、のばし、切ると、豆乳うどんの出来上がり。

食べてみると豆感は少ないです。豆乳をねりこんでいるのでイソフラボンもタンパク質も摂取できます。

パスタマシーンで製麺しました。

豆乳うどんの材料(2~3人分)

  • 中力粉:200g
  • 豆乳:80g
  • 塩:4g
  • 打ち粉:適量

豆乳は80gほどしか使いません。小さいサイズの豆乳を買うか、あまった豆乳は飲みきってしまいましょう。

豆乳うどんの調理工程

  1. 豆乳と中力粉を混ぜ生地を作る
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 豆乳うどんの出来上がり

豆乳うどんの作り方【 写真あり 】

豆乳と中力粉を混ぜ生地を作る

中力粉:200gと塩:4gを計量しボウルにいれる。

豆乳:80gをボウルにそそぎいれる。

混ぜはじめは中力粉と豆乳が混ざり粘土状になるので、手で混ぜるとくっついてしまう。さいばしやゴムベラを使って混ぜるとよい。

粉と水分を混ぜる専門の調理器具をつかい混ぜた。手で混ぜるように素早く混ぜることができる。

中力粉全体に豆乳がいきわたり、しっとりとし3mm~5mmほどの粒状になれば手をつかい粉をまとめていく。

粉をボウルにおしつけたり、のばしたり、ひとつの塊にまとめ、形をととのえる。

生地を1時間ほど寝かせる。寝かせることで生地が滑らかになりコシもでる。

寝かせているあいだに、生地が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

粉のまぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

生地を作業台にとりだす。パスタマシーンもセットしておく。

パスタマシーンに通る薄さのばす。めん棒や手をつかい生地をおおよそ5mmほどなるまで薄くのばす。

パスタマシーンのダイヤルは、一番ブ厚くのばすダイヤルにあわせる、のばした生地をパスタマシーンに通す。

薄く長くなって生地がパスタマシーンからでてくる。生地はガタガタ状態ででてくる。

パスタマシーンからでてきた生地を2つに折りたたむ。

2つに折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンにとおす。

生地をのばす、2つに降りたたむ、生地をのばす。この作業をくり返すことで生地がつるっと滑らかになってくる。

なめらかになった生地をお好みの薄さにのばす。食べやすい長さに切っておく。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る調理器具)とガイド(生地を固定する調理器具)をとりつける。

打ち粉をふった生地の先端をカッターにあわせ、パスタマシーンとガイドのうえにおく。

カッターにハンドルをとりつけ、くるくると回す。生地がカッターをとおり、うどんになって落ちてくる。手でうけとるか、器でうどんをキャッチする。

すべての生地をカッターにとおす。豆乳うどんがくっつかないように打ち粉をふっておく。

すぐにゆでないときは、キッチンペーパーをしいた密閉容器にいれ保存する。

生地を切る動画

豆乳うどんを食べる

豆乳うどん:100gにお湯1リットルから2リットルを用意する。

ぼこぼこと沸騰させたお湯に、豆乳うどんを鍋にいれる。ゆであがる時間は粉の種類や太さ、お湯の温度でかわってくる。ゆで加減をチェックしながら豆乳うどんをゆでよう。

お好みのゆで加減になれば、豆乳うどんをザルなどにとり、冷水でヌメりをとり、表面をしめる。あとは普通のうどんのように食べるだけだ。

冷たいうどんで食べる。象牙や真珠のようなエナメル質のような色で、さらに滑らかな表面。噛んでいると、中力粉のあまい香りのほかに、滋味ある甘さが少しある。滋味ある甘さ、これが豆乳の風味だろう。

冷水で冷やした豆乳うどんをお湯であたため、温かい出汁がはいった器にいれ、温うどんとして食べる。

豆乳うどんの味は、ちょっとだけポタージュにした豆のような、ほっこりした甘味があるおうどん。

豆乳をねりこんでいるので、イソフラボンやタンパク質が豊富なおうどん。

豆乳うどんを作って食べた感想【 まとめ 】

水のかわりに豆乳をねりこんだ豆乳うどん。作り方は普通のうどんとまったく同じです。

豆乳うどんを食べた感想としては、豆乳感はまったくありません。ちょっとだけ豆の濃いコクがあるぐらいです。

豆乳をねりこんでいるので、イソフラボンやタンパク質が豊富なおうどん。

豆乳が自宅で簡単に!?【豆乳くらぶ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました