トマトケチャップねりこみ生パスタのレシピ・作り方 トマトケチャップの風味を安心して愉しめる 服を汚さない生パスタ【 パスタマシーン使用 】

パスタ

この記事は、トマトケチャップをねりこんだ生パスタの作り方を書いています。

トマトケチャップをかけたパスタを食べていると、いつの間にかケチャップが真っ白い服についていた、そんな経験ありませんか。

トマトケチャップを生パスタにねりこんでしまえば、服が汚れる心配をせずにトマトケチャップの風味だけを愉しめます。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

トマトケチャップ生パスタの調理工程

  1. トマトケチャップと粉、ほかの材料と混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. トマトケチャップ生パスタの出来上がり

トマトケチャップ生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • トマトケチャップ:大さじ1
  • 水:80g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

トマトケチャップのいれる量をふやすと風味はよくなります。

トマトケチャップのいれる量をふやしたときは、水の量をすこし減らしてください。

また、トマトケチャップには砂糖がはいっている商品もあります。砂糖は生地の結合をさまたげる可能性があります。

トマトケチャップ生パスタの作り方【 写真あり 】

トマトケチャップと粉、ほかの材料と混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

トマトケチャップ:大さじ1と水:80gもボウルにそそぎいれる。

最初から手で混ぜると、ドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専門調理道具で混ぜあわせている。専門調理道具だけあって、手でかき混ぜるようであり、さいばしやゴムベラより素早く手早く混ぜあわせられる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

トマトケチャップ:大さじ1ほどでは、白い服についたトマトケチャップのような赤色ではない。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーをしき半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

トマトケチャップ生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

ゆでたトマトケチャップ生パスタは、ふつうの生パスタのようにソースをあえて食べられる。トマトケチャップがねりこまれているので、オリーブオイルと塩、コショウとシンプルな味付けで食べられる。

トマトケチャップの甘さは控えめになっており、トマトの酸味をくっきりと感じられる。トマトを煮こんだソースのような風味は生パスタにコクを与えている。大さじ1ほどのトマトケチャップであれば、つよい主張はせずに、生パスタによりそいながら、生パスタの旨さをひきあげてくれている。小麦粉とトマトのゴールデンタッグ、まちがいない組合せ。

トマトケチャップといえば、やはり、日本で発明され、イタリア人を激怒させるといわれているナポリタン。トマトケチャップでソースを作っていないので、お口にベットリとソースがつくことも、白い服にトマトケチャップが飛ぶこともない。風味や辛さが足りないときは、粉チーズやタバスコをお好みで。

トマトケチャップは飛びません。しかし、野菜や生パスタが服に接触すると汚れがつきますゾ。

トマトケチャップ生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

トマトケチャップを生パスタにねりこむのは簡単です。粉と水を混ぜるときに、ビュッといれるだけです。いれるトマトケチャップの量で風味は調整できます。

トマトケチャップをねりこむ利点は、なんといっても口や服にベチャッと赤色が飛ばないことでしょう。安心してトマトケチャップの風味を愉しめます。

トマトケチャップの甘味より酸味を感じられる生パスタでした。

トマトケチャップはあちらこちらで売られています。しかし、トマトケチャップ生パスタはあまり売っていません。売っていないのであれば、ご自宅で作ればいいんです。

不器用さんでも、料理初心者さんでも、パスタマシーンを使うことで、パスタの幅と太さを均一にすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました