オイスターソースねりこみ自家製中華麺の作り方 レシピ 牡蠣の旨味とコクが息づく中華麺

中華麺

この記事は、オイスターソースをねりこんだ自作中華麺の作り方 レシピを書いています。

牡蠣の旨味とコクがほのかに息づく中華麺です。

ラーメンにも、焼そば、つけ麺、冷やし中華にも使うことができる自作中華麺です。いつもの中華麺よりコクがある麺をお楽しみください。

パスタマシーンを使い、お家で楽々と製麺しました。

オイスターソース自家製中華麺の調理工程

  1. オイスターソースと粉、水を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. オイスターソース自家製麺の出来上がり

オイスターソース自家製麺の材料(2~3人分)

  • オイスターソース:大さじ1
  • 強力粉:200g
  • かんすい:4g
  • 水:80g
  • ごま油:大さじ1
  • 打ち粉:適量

オイスターソースと香り高いごま油の相性はバッチリ。しかし、茶色のごま油がお家にない人は、白ごま油でもサラダ油でもかまいませんよ。

オイスターソース自家製麺の作り方【 写真あり 】

オイスターソースと粉、水を混ぜる

強力粉:200g、かんすい:4gを計量、ボウルにいれる。

粉とかんすいが入ったボウルに、オイスターソース:大さじ1とごま油:大さじ1をくわえる。

粉とオイスターソースなどをいれたボウルに水:80gをいれる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっつく。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜるとよい。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせた。専用調理器具なので、3倍はやく混ぜあわせられる?

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずついれながら混ぜる。

3mm~5mmほどの粒になった生地は、手にくっつきにくい。そこで両手を使い、ひと塊にまとめる。粒をボウルに押しつけていると、ひと塊にまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の乾燥防止にサランラップを生地にまいておく。

生地は1~2時間ほど寝かしておく。寝かすことで、生地ぜんたいに水がまわりシットリしてくる。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

のばした生地をパスタマシーンにとおす、パスタマシーンのダイヤルは、一番ぶ厚い生地がでてくる設定にあわせる。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になる。長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が絹のように滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地は切り打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選択。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

オイスター生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、ソッと手でうけとる。

オイスターソース中華麺がくっつかないように打ち粉をふっておく。

自家製麺はすぐに食べるよりも、寝かしてから食べたほうがコシもノドゴシもよくなる。キッチンペーパーを敷いた密閉容器にオイスターソース中華麺をいれ、冷蔵庫で半日ほど寝かせる。キッチンペーパーをいれないと、麺からでる水分でベチャベチャになりますゾ。

生地を切る動画

オイスターソースソース自家製中華麺を食べる

オイスターソースソース自家製中華麺をゆでる

オイスターソース自家製中華麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。

ボコボコと泡がでているお湯に火傷に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わってくる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ゆであがったオイスターソース自家製は、つやつやと光をはじいている。つるんと艶めかしいテリもある。冷やし中華などで食べるときは、冷水でしめるとよい。温かい料理につかうときは、冷水でしめる必要なし。

ラーメン

オイスターソース自家製には、うすめの醤油か鳥だし、塩スープがよくあう。

おもいおもいの具材をトッピングし、あとは好きな順番に食べるだけだ。

かんすいの独特のかおりがすくなく、かすかな甘さと、深海に潜む牡蠣のような旨味がある。

焼そば

ゆでたオイスターソース自家製をごま油をひいたフライパンで炒める、コゲがつくまで。

ちょっと焼きそばソースや醤油をたらし、焼そばの出来上がりだ。

ごま油とソース、醤油の香りの、はるかかなた下にオイスターソースの香りと旨みが漂っている。

オイスターソースねりこみ自家製を作って食べた感想【 まとめ 】

粉と水を混ぜるときに、オイスターソースをいれるだけで作ることができるオイスターソース自家製中華麺。

出来上がった麺は、ほのかに牡蠣の旨味とコクが息づいている麺です。

ラーメン風や焼そば、つけ麺などなど、いろいろな食べ方ができます。いつもの自家製麺にオイスターソースの旨味とコクを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました