胡椒(こしょう・コショウ)ねりこみうどんの作り方・レシピ 小粒な胡椒がはじける刺激的なおうどん【 パスタマシーン使用 】

うどん

この記事は、胡椒(こしょう)をねりんだうどんの作り方を書いています。

ピリッとした刺激のあるうどんができました。江戸時代は、うどんの薬味としてコショウが使われていました。粋でいなせな気風を感じられるうどんです。

冷たくしても、温かくしても食べられます。

強力粉やデュラムセモリナ粉にかえると中華麺やパスタにもなります。

パスタマシーンを使い製麺しました。

うどんの材料(2~3人分)

  • 中力粉:200g
  • コショウ:大さじ:1
  • 水:80g
  • 塩:4g
  • 打ち粉:適量

ねりこむコショウの量は調整できます。大さじ:1のコショウはがつんと刺激的です。刺激的すぎるぐらいです。

あなた好みのコショウの量を探求する愉しみがあります。

うどんの調理工程

  1. コショウと中力粉、塩を水を混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. コショウうどんの出来上がり

コショウうどんの作り方【 写真あり 】

コショウと中力粉、塩、水を混ぜあわせる

中力粉:200gと、水:80g、塩:4gをボウルにいれる。

粒のコショウを使うときは、ちいさく砕いておく。粉コショウでも白コショウでも作れる。

コショウ:大さじ1もくわえる。

混ぜはじめは中力粉と液体が混ざりあい粘土状になる。手で混ぜるとくっついてしまう。さいばしやゴムベラを使って混ぜるとよい。

粉と水分を混ぜる専門の調理器具をつかい混ぜた。手で混ぜるように素早く混ぜることができる。

中力粉全体に水分がいきわたり、しっとりと3mm~5mmほどの粒状になれば手をつかい粉をまとめていく。

粒状にならないときは、すこしずつ生地に水をたし混ぜあわせる。

粉をボウルにおしつけたり、のばしたり、ひとつの塊にまとめ、形をととのえる。

生地を寝かせる。寝かせると生地ぜんたいに水分がまわり滑らかになりコシもでる。

寝かせているあいだに、生地が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

チョコチップのような見た目だが、チクチクと刺激的なスパイシーな香りがしている。

粉のまぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

生地を作業台にとりだす。パスタマシーンもセットしておく。

パスタマシーンに通ることができる薄さに生地をのばす。めん棒や手をつかい5mmほどになるまで生地をのばす。

パスタマシーンのダイヤルは、一番ブ厚くのばすダイヤルにあわせる、のばした生地をパスタマシーンに通す。

のばした生地をパタンとふたつに折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンに通す。パスタマシーンに通す、折りたたむ、通す、一連の作業をくり返すと生地が滑らかになる。

なめらかになった生地をお好みの薄さにのばす。食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

このようにキチンと砕いておかないと、粒のコショウが残りますゾ。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る調理器具)とガイド(生地を固定する調理器具)をとりつける。

打ち粉をふった生地の先端をカッターにあわせ、パスタマシーンとガイドのうえにおく。

カッターにハンドルをとりつけ、くるくると回す。生地がカッターをとおり、うどんになって落ちてくる。手でうけとるか、清潔な器でキャッチする。

すべての生地をカッターにとおす。

うどんをすぐにゆでないときは、くっつかないように打ち粉をふっておく。

半日以上放置するときは、キッチンペーパーをひいた密閉できるようにいれる。冷暗所にいれておく。1日を目安に食べきる。

生地を切る動画

コショウうどんを食べる

うどん:100gにお湯1リットルから2リットルを用意する。

ぼこぼこと沸騰させたお湯に、うどんを鍋にいれる。ゆであがる時間は粉の種類や太さ、お湯の温度でかわってくる。ゆで加減をチェックしながらゆでよう。

お好みのゆで加減になれば、うどんをザルなどにとり、冷水でヌメりをとり、表面をしめる。あとは、ふつうのうどんのように食べるだけだ。

黒い粒から染みでた色がうどんにも伝染している。砕いた黒胡椒は黒かったり、白かったり、雑穀のように視えたり、すこし蕎麦のような見た目だが、つんつんと刺激的な黒胡椒の小粒でもピリッときく香りがしている。

素朴な見た目だが、しっかりとしたコシがあり、滑らかな表面のおうどん。つるつるとすする、噛む、黒胡椒の辛さがツンッと鼻にぬける。いっきにコショウうどんをすすると、コショウが変なところにはいり、ムセル。

すこし辛すぎるときは、たまごを落としたお汁などでいただくとコショウの刺激がいくぶんユルム。

コショウうどんを作って食べた感想【 まとめ 】

黒胡椒をねりこんだうどんは、なめらかな表面の内側に、強烈に刺激的と、がつんとくるスパイシーな辛さを内臓しているおうどんです。

黒胡椒を砕いて作りました。パウダー状のコショウでも作れます。白や赤コショウでも楽しい色のうどんができるでしょう。

コショウをいれる量は調整してくださいね。刺激的なのが好きな方はおおめに、ゆるい刺激がお好みの方はすくなめに。

コショウをいれたおうどんは、あまり売られていません。売られていないのであれば、お家で製麺するしかありません。

パスタマシーンを使えば、うどんの幅と厚さを均一に切ることができます、素人でも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました