いぶりがっこ気分を味わえる大根漬物|作り方|レシピ|レシピ紹介あり

燻製

いぶりがっこ気分を味わえる大根漬物の作り方|レシピを紹介します。調理期間は1~2日ほど。

いぶりがっこは少量でもいいお値段しますが、紹介するいぶりがっこ風漬物は、大根1本とあなたの労働力だけで大量に作れます。

燻煙の香りがし、ポリポリした食感を楽しめる大根の漬物です。いぶりがっこの代用品として使えるでしょう。

大根を燻製しますが、段ボールを使い、お手頃価格で燻製できるレシピです。

いぶりがっこ風漬物|調理工程

  1. 大根を切り、干す
  2. 大根を燻製する
  3. できあがり

三工程で完成する、いぶりがっこ風漬物。

いぶりがっこ風漬物|材料

  • 大根:1本
  • 塩:大根の重量の2%

燻製に必要な道具

  • 段ボール
  • スモークチップ
  • 熱源(電気コンロ使用)
  • 耐熱容器
  • 2本の棒
  • 焼網

いぶりがっこ風漬物|作り方|レシピ

大根を切る

大根の中央付近を輪切りにし、大根を4等分にしておく。皮をむかずに干していますが、皮が気になる人はむきましょう。

4等分に切った大根に、大根の重量の2%の塩をすりこんでおく。

大根を竹籠や干しネットにいれ、天気のよい日を選んで、1~2日間ほど日光にあてる。大根の水分がぬけ、ぐにゃっと曲げられるようになれば干し作業終了。

あいにく天気が悪かったので、室内で干し野菜を作る調理器具を使って大根を干した。4時間ほどで干し作業終了。

大根を燻製にする

干して曲がるようになった大根を燻製にする。

段ボールの上部に、2本の棒をさす。BBQ用の焼網に干した大根をのせ、2本の棒の上におく。大根を落とさないに注意しよう。

熱源(電気コンロ)の上に耐熱容器をおき、スモークチップをいれる。

スモークチップを温めると、スモークチップから”もくもく”と燻煙がでてくる。電気コンロ以外の熱源としてカセットコンロや炭が燻製しやすい。

  • カセットコンロ

スモークチップのこと、もっと知りたいかたはコチラの記事へどうぞ。

スモークチップが燃えつき、燻煙がでなくなるまで燻製する。スモークチップの燃えカスは火消壺にいれて処理すると安全。

写真のスモークチップの量で1~2時間燻製できる。燻製中の段ボール内の温度は70℃。

白い大根に、いぶりがっこっぽい色がついている、このままパクりと食べたいところだが、燻製が終わった直後の食材は、酸っぱく苦い。

2~3時間、大根を干しネットにいれ風にあてることで、燻製の香りが落ちつき、安心して食べれるようになる。

いぶりがっこ風漬物|食べる

いぶりがっこ風漬物をいちょう切りにし器に盛りつければ、「あっ」というまにお酒にピッタリの一品の出来上がりだ。

コロンとかわいい形、皮からは燻煙の香りがふわっと匂う、たしかに燻製されているなと感じる瞬間。

売られているいぶりがっこ、燻製されていない商品もあるという話を聞いたことがある。

いぶりがっこ風漬物は、食前のお通しとしてだすと燻製の香りとポリポリした食感が食欲を刺激してくれる。ビールや日本酒があう。

食後はウィスキーをチビリチビリなめながら、いぶりがっこ風漬物をポリポリとゆっくり食べると、お腹のなかの食べたものをスッキリしてくれる。

クリームチーズとあわせる

いぶりがっこ風漬物を粗みじん切りにし、常温にもどしたクリームチーズと混ぜるだけでできるレシピ。カンタンに作れるからといって、なめてはいけない。クリームチーズはなめてもよい。

クリームチーズはやや甘く口当たりの優しいチーズ、特徴があまりないチーズ。そこへいぶりがっこ風漬物を加えることで、ガリッとした食感、燻製の香りがクリームチーズの甘味を引きたてる。

クラッカーにのせ食べるのも、パリパリした食感がふえ楽しい。ヌルッ、パリッ、ガリッと3つの食感が口のなかで繰りひろげられる。

あまりクラッカーのカスを”ぼろぼろ”落とすとみっともないので、気をつけよう。

きくち正太さんレシピ

料理系の漫画を描いている、きくち正太さんのレシピを二つ紹介。

イラストの線が繊細で独特の画風、器がとても美しく描かれており、料理のおいしさをひきたてる。

きくち正太夫妻が、日常作っている料理を紹介しているエッセイ風料理漫画。

大根おろし納豆とあわせる

いぶりがっこ風漬物をいちょう切りにし、納豆と大根おろしと混ぜ合わせ、塩と醤油で味をつける。

大根と大根をあわせるの、とビックリさせられた一品。納豆と大根おろしだけでは食感に乏しいが、いぶりがっこ風漬物をくわえることで、食感と燻製の風味を楽しめる。

大根おろしが口のなかをサッパリさせてくれる。ご飯にはモチロンあうが、ビールや日本酒にもあう。

火をつかわないので、暑い日に重宝する一品。

カレーの薬味

ニンニクをお酢につけておく。ニンニクが真っ青になったあと、ニンニクの色が白くなり、お酢に濃いブランデーのような色がついてくる。ニンニクはそのまま食べられるようになり、お酢もサラダにかけるとフワっとニンニクの香りがするドレッシングになる。

ニンニクをお酢に漬けだしたのも、きくち正太さんの漫画を読んでから。『かつおのタタキ』にニンニクの酢漬けをのせると、サッパリしバクバクといくらで食べれるようになる。

話を戻す、いぶりがっこ風漬物とニンニクの酢漬けを切り、混ぜあわせるとカレーの薬味にピッタリな一品ができる。乾燥パセリとオリーブ油を少々くわえている。

それにまたこの薬味がぜひたくなこと!!

いぶりがっこの食感がパリパリで、いぶりがっこなんて高くて買えないっスもん普通!!

このスモーキーフレイバー。食感もそうだけど味がまた意外と合うんだよな。

引用:あたりまえのぜひたく

いぶりがっこ風漬物を作って食べた感想|まとめ

いぶりがっこは買えば高いですが、いぶりがっこ風漬物を自分で作れば非常にお手頃価格でいぶりがっこ風漬物をぜいたくに料理に使えました。

いぶりがっこが高いので、試せなかった料理レシピをバンバン試せるようになったのは嬉しかったです。

これからもドンドン、いぶりがっこ風レシピを増やしていこうと思います。

コメント