花椒(ホアジャオ)ねりこみ自家製麺 作り方・レシピ シビレ感がたまらない麺 【 パスタマシーン使用 】

中華麺

この記事は、花椒(ホアジャオ)をねりこんだ自家製麺の作り方を書いています。

中国の香辛料である花椒(ホアジャオ)は、シビシビと舌がシビれます。

できあがった麺もシビシビ感を愉しめる麺です。シビシビが好きな方にオススメの麺となっております。

パスタマシーンを使い楽々製麵しました。

花椒(ホアジャオ)麺の材料(2~3人分)

  • 強力粉:200g
  • 花椒(ホアジャオ):大さじ1
  • 水:80g
  • 塩:4g
  • かんすい:2g
  • 打ち粉:適量

花椒(ホアジャオ)をいれる量を調整することで、シビシビ感は増減できます。

かんすいはいれなくてもOK。また、かんすいのかわりに食用重曹がつかえます。

強力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに。中力粉にかえるとウドンになります。

この記事を読み、ひとつの麺の作り方をマスターすれば、三種類の麺を作れるようになるのです。なんとお得な記事なのでしょうか。

花椒(ホアジャオ)麺の調理工程

  1. 花椒(ホアジャオ)と粉、水、その他の材料を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 花椒(ホアジャオ)麺の出来上がり

花椒(ホアジャオ)麺の作り方【写真あり】

花椒(ホアジャオ)と粉、水、その他の材料を混ぜる

花椒(ホアジャオ)の形そのままでは、パスタマシーンに通らない。細かく砕くか、粉末状にしておく。

強力粉:200gと水:80g、塩:4g、かんすい2gをボウルにいれる。

砕いた花椒(ホアジャオ)もくわえる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっついてしまう。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜると、粉が指にくっつかないのでイライラしない。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせたよ。専用調理器具なので、赤くはなく、緑だけど3倍はやく混ぜあわせられる?

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜあわせていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずつ追加し混ぜあわせる。

3mm~5mmほどの粒になれば、手にくっつきにくい。両手をつかい、粉をボウルにおしつけたり、おりたたんだりしていると粉がまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

1~2時間ほど冷暗所で生地を寝かす。寝かすことで、生地ぜんたいに水分がまわりコシと弾力がうまれる。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になってでてくる。2~3倍に長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地を切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選ぶ。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、地面に落ちないように手でうけとめる。

すべての生地を麺状にする。麺どうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生麺は切ってすぐに食べるよりも寝かせてから食べたほうが滑らかになり、コシもよくなる。キッチンペーパーをしいた密閉容器に麺をいれ冷暗所で半日ほど寝かせる。

ポツポツと花椒(ホアジャオ)が、はいっているのがみえる。ツンと眼にくる刺激的な香りを確認できた。

生地を切る参考動画

花椒(ホアジャオ)麺を食べる

麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。沸騰したお湯に麺をいれゆでる。

ボコボコと泡がでているお湯に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ごま油と醤油をかけるだけでも食べられる花麺。「つぁあっ」と眼にくる香りが飛びちっている。麺はしっかりと結合しており、ちぎれることはない。つるんとしており花椒は、たまにザラッとあたるぐらいである。ズズとすすると、花椒の香りも一緒にすすれる。噛む、カツンとした花椒を噛む。ちいさい欠片からドでかいシビシビが舌に落ちる、跳ねる、飛ぶ。頭のてっぺんから汗がふきでる。

もちろんスープにいれても食べられる。濃いめのスープでも、シビシビ感があるおかげで、あっさり爽快に食べられる。こってりしたスープが苦手な方でもこってりスープを食べられるようになるかもしれない花椒麺。

花椒を使った料理といえば、マーボー豆腐だろう。マー婆さんが作ったやら、花椒がそばかすのように見えるから名前をつけたなど物語はたくさんあるが、こまかけェことは置いておく。片栗粉でつけたとろみのついたスープをかぶった豆腐には、花椒のシビシビ感がよくあう。中国2000年の歴史の偉大なる発明である。

花椒(ホアジャオ)麺自家製麺を作って食べた感想【 まとめ 】

花椒(ホアジャオ)をねりこんだ麺は、内側からシビシビがやってくる麺です。

花椒をいれる量を調整することで、シビシビ感は調整できます。あなた好みのシビシビ感をみいだす探求はたのしいものです。

花椒(ホアジャオ)は、スーパーで売っています。しかし、花椒(ホアジャオ)をねりこんだ麺はみません。であるならば、お家で作るしかありません。

パスタマシーンをつかうことで、幅と太さがそろった麺を作れます。パスタマシーン1台でお家が製麺所。

コメント

タイトルとURLをコピーしました