えびすり身ねりこみ自家製中華麺の作り方・レシピ【 パスタマシーン使用 】えびの優しい香りがする中華麺

中華麺

この記事は、えびのすり身を麺にねりこんだ自家製中華麺の作り方・レシピを書いています。

えびの甘味がほんのりとするお上品な中華麺ができました。しんじょをコシのある麺にしたてあげたイメージです。

スープ系だけでなく、焼そば系にも使えます。焼そばにすると、えびの芳ばしさが蘇りました。

えびのすり身を強力粉を混ぜて、パスタマシーンを使い、お家で楽々と製麺しました

海老すり身ねりこみ自家製中華麺の調理工程

  1. えびすり身と強力粉、水、塩を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. えびすり身ねりこみ自家製中華麺の出来上がり

えびすり身自家製中華麺の材料(2~3人分)

  • えびすり身:70g
  • 強力粉:200g
  • かんすい:4g
  • 塩:4g
  • 水:80g
  • サラダ油:大さじ1
  • 打ち粉:適量

強力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに。中力粉にかえるとウドンになります。

この記事を読み、ひとつの麺の作り方をマスターすれば、三種類の麺を作れるようになるのです。なんとお得な記事なのでしょうか。

えびすり身ねりこみ自家製中華麺の作り方【 写真あり 】

えびすり身と強力粉、水、塩を混ぜる

えびのすり身がないときは、えびを包丁で叩くか、ミンサーですり身にする。

すべての材料を計量し、ボウルにいれる。えびのすり身:30gと強力粉:200g、かんすい4g、塩:4gサラダ油:大さじ1。

水:80gをボウルにくわえる。粉と水を手をつかい最初から混ぜあわせると、手や指に粘土状の粉がくっつく。そこでゴムベラや木ベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせた。専用調理器具なので、3倍はやく混ぜあわせられる?

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずついれながら混ぜる。

3mm~5mmほどの粒になった生地は、手にくっつきにくい。そこで両手を使い、ひと塊にまとめる。粒をボウルに押しつけていると、ひと塊にまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。えびの赤さが少し見える生地。寝かしているあいだに、生地の乾燥防止にサランラップを生地にまいておく。

えびすり身をねりこんだ生地を1~2時間ほど寝す。生地を寝かすことで、生地ぜんたいに水がまわりシットリしてくる。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせたえびすり身をねりこんだ生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

めん棒や手をつかい、生地を5mmほどまでのばす。

のばした生地をパスタマシーンにとおす、パスタマシーンのダイヤルは、一番ぶ厚い生地がでてくる設定にあわせる。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になる。長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が絹のように滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地は切っておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選択。お好みのカッター幅を選択しよう。

えびねりこみ生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、ソッと手でうけとる。

えびすり身ねりこみ中華麺がくっつかないように打ち粉をふっておく。

自家製麺は寝かせておいたほうがグルテンが生成され、のどごしがよくなり、麺のコシもでるのだが、生えびをねりこんでいるので、寝かせないほうが安全だろう。

生地を切る動画

えびすり身ねりこみ自家製中華麺を食べる

えびすり身ねりこみ自家製中華麺をゆでる

えびすり身ねりこみ自家製中華麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。

ボコボコと泡がでているお湯に火傷に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わってくる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

白身をおび、えびの香りがほんのりとしている。海老の腰のように、つるんとした麺。

スープを用意し器に注ぐ。えびねりこみ自家製中華麺を器にいれる。こってり系のスープよりも、あわく上品なスープが、えびねりこみ自家製中華麺にはあう。

お湯とスープに熱せられた、えびねりこみ自家製中華麺中華麺からは、えびの白く甘い香りがほんのりとしている。すすってみると、表面はなめらかで、えびのすり身を麺にしたようなホッコリした風味。やさしいお上品な中華麺。

フライパンでぱりっと焦げ目をつけた、えびねりこみ自家製中華麺。焦げ目をつけることで、ジャンク感が上昇する。海老をいれていないのに、海老がはいっているように錯覚する中華風焼そば。どこから海老の香りがしてくるのか、と食べる人は困惑するだろう。

好みとしては、焼いたほうが好き。

えびねりこみ自家製中華麺作って食べた感想【 まとめ 】

えびのすり身を粉と混ぜて作る、えびねりこみ自家製中華麺。作り方は、ふつうの自家製中華麺とほとんど変わりません。

えびをねりこむことで、ほのかに海老の香りがし、お上品な風味のする中華麺に仕上がりました。

ゆでるだけでなく、焼いて食べることもできます。焼いて食べたほうが、本場中華の焼きそば感を演出できて、好きです。

かっぱえびせんや小エビをねりこんだ麺も作っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました