ディルねりこみ生パスタ 爽やかな香りが漂う生パスタ 魚介類との相性ばっちり【 パスタマシーン使用 】

パスタ

この記事は、ディルをねりこんで作る生パスタの作り方を書いています。

世界中で愛されているハーブ・ディルをねりこんだ生パスタは爽やかな風味が漂う生パスタです。

ディル生パスタは、肉類やトマト系との相性もよいです。一番オススメの食材やソースは、サーモンを筆頭に魚介類との相性がよいです。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

ディル生パスタの調理工程

  1. ディルと粉、ほかの材料と混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. ディル生パスタの出来上がり

ディル生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • ディル:適量
  • 水:80g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

フレッシュな生のディルでも、乾燥させたディルでも、どちらでも作れます。

ディルの香りと風味が好きな方はたっぷりとディルをいれてください。ただし、いれすぎると、生地がまとまらなかったり、香りがきつくなりすぎるかもしれません。

ディル生パスタの作り方【 写真あり 】

ディルと粉、ほかの材料と混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、水:80g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

ディルをみじん切りにしてからもボウルにそそぎいれる。ディルと水を一緒にミキサーなどにかけてからボウルにいれるとディル色にそまった生パスタができる。

最初から手で混ぜると、ドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専門調理道具で混ぜあわせている。専門調理道具だけあって、手でかき混ぜるようであり、さいばしやゴムベラより素早く手早く混ぜあわせられる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

ディルの茎や葉の細かい破片がみえる。薄くのばし、バターをひいたフライパンで焼いてもおいしそうだ。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーをしき半日ほど寝かせる。

パカリと大きく開くフタ。作業がしやすく、密閉でき、なおかつ薄いので冷蔵庫にいれても邪魔にならないファイルケースをつかっている。

生地を切る参考動画

ディル生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

サーモンの切り落としとバター、醤油か麺つゆをボウルにいれる。ゆでたディル生パスタをボウルにいれ混ぜあわせる。

ディル生パスタをフォークでまこうとすると、鮭が川を駆けのぼるが如く逃げる、それほどのコシと弾力がある。

サーモンとディルの組みあわせを知らずに生きてきた、ずっと損をしてきた、そんな後悔がこみあげてくる。白いスジから栄養たっぷりのお汁があふれだす北洋生まれのサーモンを食べるときは、ワサビと醤油よりもディルで食べるほうが好きになった。

サーモンのお汁をさらりと爽やかにしつつ、サーモンの潤とした旨味はそのままに食べられる。食べおわったあとには、一滴の脂すら口のなかに残らない。ディルの香気は、それほどまでに爽やかだった。サーモンの脂が口にモタれることがない。

バジルやパセリとちがった爽やかさ、しなやかにひめやかに押しつけがましくない香草ディル。

お家にあるツナ缶をあけ、ディル生パスタと混ぜあわす。なんだ、いつものツナパスタと思われたことでしょう。

ダランと崩れているツナの身をまとめるような、シャッキとさせるようなディルの姉さん女房的な香り。ディル生パスタとツナを一緒に口に運ぶ。じゅわんとツナの脂が硬口蓋につき、ディル生パスタを歯で噛む。ブレスケアの成分が飛びだすようにディルの香りが口にひろがり、鼻にぬける。

ディル生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

世界中で愛され、魚介類との相性がよいハーブ・ディル。そのディルをねりこんでいるので魚との相性がよい生パスタ。魚の脂や魚の香りを爽やかなものにしてくれます。それでいて、魚の旨味はそのまま残っていました。

生のディルや乾燥ディルを粉に混ぜるだけで、香りがよく、魚介類との相性が御機嫌な生パスタが作れました。

ディルは売っています。しかし、ディルをねりこんだ生パスタはあまり売っていません。売っていないのであれば、ご自宅で作ればいいんです。

不器用さんでも、料理初心者さんでも、パスタマシーンを使うことで、パスタの幅と太さを均一にすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました