唐辛子ねりこみ自家製生パスタ レシピ・作り方 生パスタの内部からじんわり辛いパスタ

パスタ

この記事は、唐辛子の粉末をねりこんだ自家製生パスタのレシピを書いています。

唐辛子の粉末と粉、水を混ぜ、製麺すれば出来上がりです。

唐辛子の粉末のいれる量を増減することで、生パスタの辛さは調整できます。辛いのが好きなかたは、ガツンと大量にブちこんでやりましょう。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

唐辛子生パスタの調理工程

  1. 唐辛子と粉を混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 唐辛子生パスタの出来上がり

唐辛子生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • 唐辛子の粉末:大さじ2
  • 水:80g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

唐辛子は、1本ものよりも、粉末のほうが麺にしやすいです。

ねりこむ唐辛子の量は増減できます。唐辛子の量を増やしたときは、いれる水の量も増やしましょう。

唐辛子生パスタの作り方【 写真あり 】

唐辛子と粉を混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ2をボウルにいれる。そして、唐辛子:大さじ2もいれ、水:80もボウルにくわえ混ぜあわせる。

最初から手で混ぜると、水と混ざりあったドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専用調理道具で混ぜている。まるで手で混ぜるように、素早く混ぜあわせることができる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

唐辛子は刺激物です、手に怪我をしていたり、手で混ぜたときに異常を感じたときは調理を辞めましょうね。

見た目が辛い、ツンと酸っぱく辛い香りがしている。落ちた唐辛子もなるべく生地にねりこむ。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせることで、水分が行きわたり、生地がしっとりとし、弾力とコシがよくなる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせておいた唐辛子生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

パスタマシーンを作業台にセットする。

生地をパスタマシーンにとおる厚さになるまで、めん棒や手でのばす。目安として3mm~5mm。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生地をのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

赤い宝石を散りばめたような帯。宝石からしみ出た赤色は帯を染めあげる。やさしい香りではなく、激烈な怒りを秘めたかのような静かな辛さが漂っている。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった唐辛子生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。唐辛子生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーを敷きつめ、唐辛子生パスタを半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

唐辛子生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

ニンニクとオリーブオイルで炒め香りをだす。ゆでた唐辛子生パスタを混ぜあわせる。それだけで、ペペロンチーノになる。白いペペロンチーノではなく、赤いペペロンチーノになる。唐辛子生パスタに眼を近づけると、チカッとくる辛さがあり、香りがすこし辛酸っぱい。

フォークで巻きとるのが大変なほど、ぷりんぷりんの唐辛子パスタをお口に運ぶ。モニュモニュと噛んでいると、じわじわと舌とノドから辛味が広がってくる、遅効性の辛さを感じる。唐辛子の表面的な辛さではなく、しっかりと唐辛子の風味と旨みを引き出している。唐辛子ねりこみ麺は、もっと流行ってもいいのではと思う、辛党には。

トマトソースをかけると、ソースとパスタとの境界が曖昧になる。辛さと苦さは、味の輪郭をしっかりとさせてくれる。トマトソースの野菜の旨味、それぞれの野菜の甘味を浮かび上がらせてくれる。

唐辛子生パスタが、辛すぎたときは、水を飲むのでなく、乳製品を飲むとよきですぞ。牛乳やチーズなどなどです。

唐辛子生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

粉と水分を混ぜるときに、お好みの量の唐辛子をいれる工程が増えるだけの唐辛子生パスタ。唐辛子の量を増減できます。あなた好みの辛さの生パスタを愉しめるのです。

出来上がった唐辛子生パスタは、唐辛子の表面的な辛さではなく、じわじわと唐辛子の内部の辛さを堪能できます。

辛党には、唐辛子ねりこみ生パスタ、もっと流行るといいのにと思いました。辛党には、ぜひ一度試していただきたい唐辛子生パスタ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました