レモン塩ねりこみ生パスタの作り方・レシピ レモンのやわらかな酸味のトリコに【 パスタマシーン使用 】

パスタ

この記事は、調味料の塩レモンをねりこんで作る生パスタのレシピを書いています。

作り方はかんたん。塩レモンと粉、その他の材料と混ぜ、のばし、切るだけです。

塩レモンのやわらかな酸味が心地よく、魚介類との相性のよい生パスタです。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

塩レモンの作り方はコチラの記事へ。

塩レモン生パスタの調理工程

  1. 塩レモンと粉、ほかの材料と混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. 塩レモン生パスタの出来上がり

生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • 塩レモン:大さじ1
  • 水:80g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

塩レモンの皮や果実がおおきいときは、包丁で叩きミンミ状にするか、もしくはミキサーなどでペースト状にしておきましょう。

塩レモンのいれる量をふやすと、レモンの酸味と風味はまします。あまりいれすぎては生地がまとまらない可能性がありますのでご注意を。

塩レモン生パスタの作り方【 写真あり 】

塩レモンと粉、ほかの材料と混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

塩レモン:大さじ1と水:80gもボウルにそそぎいれる。

最初から手で混ぜると、ドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専門調理道具で混ぜあわせている。専門調理道具だけあって、手でかき混ぜるようであり、さいばしやゴムベラより素早く手早く混ぜあわせられる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

すこしレモンの種が残っていた。食べたときに気になる方はとりのぞく。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーをしき半日ほど寝かせる。

パカリと大きく開くので作業がしやすく、密閉でき、なおかつ薄いので冷蔵庫にいれても邪魔にならないファイルケースをつかっている。

生地を切る参考動画

塩レモン生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

オリーブオイルでニンニクと唐辛子をじっくり炒めたペペロンチーノソースに、ゆでた塩レモン生パスタをからめる。器にもりつける。

ニンニクのぷ~んと漂うあの香り、その香りの粒子にのって唐辛子のカプサイシンが舞い、眼と鼻の粘膜をチクチク。そこに地中海のカラッとした風のような爽やかなレモンの香り。

ニンニクの香気、唐辛子の辛、レモンの酸がそろったトリプルペペロンチーノ。レモン塩はレモンほどツンツンとした酸味ではない。主張はしないが、やさしくまろい酸味が、ニンニクと唐辛子にソッとよりそっている。

ペペロンチーノに塩レモン「あり」と声を大にして日本のスミで叫ぶ。

塩レモンは肉にもミートするが、魚介類との相性がよいように思う。ツナ缶やサバ缶、魚介類の缶詰をあけ、塩レモン生パスタに混ぜるだけで、いつもの缶詰パスタの味がグッと爽やかに艶やかになる。マヨネーズやマスタードの香辛料や、パセリやディルなどのハーブをまぶせば、さらに御馳走になることうけあいだ。

塩レモン生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

塩レモンをねりこんだ生パスタは、角のとれたまろやかでやさしい酸味を感じられる生パスタでした。

塩レモンと粉、その他の材料を混ぜるだけです。ふつうの生パスタの作り方とかわりません。

塩レモン生パスタでペペロンチーノを作ると、酸味のおかげで味がグッとよくなります。また、魚介類の缶詰をあけ塩レモン生パスタにぶっかけるだけで、手抜きと思えないほど酸味が魚介類の味をよいものにしてくれました。

塩レモンは売っています。しかし、塩レモン生パスタはあまり売っていません。売っていないのであれば、ご自宅で作ればいいんです。

不器用さんでも、料理初心者さんでも、パスタマシーンを使うことで、パスタの幅と太さを均一にすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました