【燻製レシピ】ささみジャーキー作り方|ダイエットの味方【段ボール燻製】

燻製

値段が安く財布にやさしい食材「ささみ」

ささみは低カロリー・高タンパクで「ダイエットの味方」

ささみを使った燻製レシピ「ささみジャーキー」の作り方を紹介さしてもらいます。

ささみジャーキの作り方

  1. ソミュール液を作る
  2. ささみの筋を取る
  3. ソミュール液にささみを入れ冷蔵庫で半日~1日寝かす
  4. ささみを塩抜きし、乾燥させる
  5. ささみを30分~1時間、燻製する
  6. ささみジャーキーの完成
燻製に必要な物

段ボール

金串

段ボールより長い棒

ガムテープ

スモークチップ

スモークチップをいれる容器

スモークチップを燻す熱源

【あると便利なもの】温度計:ひもの干し網

ソミュール液を作る

ソミュール液の材料

水200ml

塩8g

砂糖4g

セージ

お好みの香辛料

おったろう
おったろう

唐辛子で辛味をたしたり、醤油をいれて和風テイストにしても美味しいで!

ソミュール液の作り方

  1. 水と塩・砂糖を鍋にいれる
  2. 鍋を中火にかけ、塩・砂糖が溶けるまでかき混ぜる
  3. 塩と砂糖が溶けたら、火を消し香辛料を鍋にいれる

ソミュール液が常温になれば完成!

ささみの筋を取る

「ささみ」に筋があれば、筋をとってください。

ささみジャーキーは、ささみを乾燥させ作るので、ささみの筋がますます固くなります。

包丁のうらを使い、ゆっくりゴシゴシ動かすと筋がとりやすいです。

おったろう
おったろう

キッチンペーパーで、ささみの筋をつかむと楽に作業できるで!

ソミュール液に、ささみを入れ冷蔵庫で半日~1日寝かす

ビニール袋に「ささみ」とソミュール液をいれ、冷蔵庫で半日~1日寝かす。

ささみを塩抜きし、乾燥させる

ささみを塩抜きする

冷蔵庫から「ささみ」を取りだし、「ささみ」をボウルなどの容器にいれ水をいれます。

30分~1時間ほど、「ささみ」を水につけておきます。

おったろう
おったろう

塩抜きをすることで、塩味が均一になるで!

ささみを乾燥させる

30分~1時間塩抜きした「ささみ」をキッチペーパーなどで水分をとります。

吸水シートをつかい「ささみ」の水分をぬき乾燥さしていきます。

「ささみ」を吸水シートで包んだら、3時間~半日ほど冷蔵庫にいれておく。

吸水シートに包まれた「ささみ」をとりだし、さらに干し網で「ささみ」を乾燥させます。

おったろう
おったろう

きっちり乾燥させるのが、燻製がうまくできるコツやで!

ささみを30分~1時間、燻製する

段ボールを使い燻製していきましょう!

電気コンロとスモークチップをいれる容器をセットします。

スモークチップは「さくら」と「ヒッコリー」を使いました。

一種類より二種類のスモークチップを使ったほうが煙の香りがよいです。

「ささみ」をセットし、電気コンロのスイッチをいれスモークチップから煙がでるのを確認してから、段ボールのフタを閉めます。

80~100度で「ささみ」を30分から1時間燻製します。

「ささみ」の生は怖いので燻製おわったとき、一番でかい「ささみ」をさき中まで火がとおっているか確認してください。

燻製が終わった「ささみ」を干し網にいれ、煙の香りを落ちつかせます。

ささみジャーキーの完成

燻製の香りが落ちついたら、ささみジャーキーの完成!

ささみジャーキーは冷蔵庫保存し、3日いないに食べきってくださいね!

味がちょっと足りないって人は一味・七味をかけたり、マヨネーズをかけてみてね。

ささみジャーキーはパスタの具にしてもおいしいですよ。

おったろう
おったろう

ダイエット目的の人は、マヨネーズあかんで!

伝統の刃物の技で世界の、未来の暮らしに【貝印公式オンラインストアプロモーション】

コメント