【 万年筆初心者レビュー記事 】プラチナ万年筆 #3776センチュリー ロジウムフィッシュ ブラックダイヤモンド 中字 万年筆沼にはハマらない、この一本、一生つかえる

商品レビュー

万年筆初心者が、2本目に買った万年筆『 プラチナ万年筆 #3776センチュリー ロジウムフィッシュ ブラックダイヤモンド 中字 』を使った感想を書いています。

万年筆らしい王道な見た目のセンチュリー万年筆。ブラックにシルバーの縁取りとシックで落ちついた装い。

コンバーター(別売り)をつかえば、インク壺からインクを補充できます。また、センチュリー専用のカートリッジもあります。

万年筆をつかいだすと、あれもこれも欲しくなる万年筆沼にハマる可能性があります。しかし、この一本の万年筆とめぐり逢えたことで、万年筆沼にハマることはなくなりました、たぶん。

死ぬまでこの万年筆一本で十分だと思わされました。

プラチナ万年筆 #3776センチュリーの見た目・特徴

価格

プラチナ万年筆 #3776センチュリー を2本目に買いました。

記事を読んでいる皆さまの気になるポイントは、書き心地と価格ではありませんか?書き心地はあとで書かしてもらいます。

価格は16,000円ほどです。黒と青で価格の違いがあります。

最初に買う万年筆にはオススメしません。1,000~2,000円でも書きやすい万年筆はたくさんあります。それらの評判のよいお手頃価格の万年筆を買い、毎日万年筆を使う習慣がついたとき、ちょっとお高い万年筆が気になる、そんなかたにセンチュリー万年筆をオススメします。

高い万年筆を買い、途中で万年筆を使うの辞めるのを防ぐために買うのもいいでしょう。

万年筆になれた玄人のかたでも、スキがなく満足できる万年筆だと思います。

バッケージ

万年筆がはいっているボックス。無駄な装飾がないシンプルな黒いボックス。

さらりとした触り心地のよいボックスの表面。

すこし力をいれるとパカッと宝箱のように開きます。落ちついた白色のクッションのうえに万年筆は寝ています。クッションは柔らかく、ちょっとやソっとの衝撃では万年筆は傷つかなそうです。

説明書(ユーザーマニュアル)と品質保証書、カートリッジが1本がはいっていました。

ビニール袋を破り、万年筆を取り出しました。キングオブ王道といった見た目。万年筆といえば、この形。黒と青色の二色から選択することができます。

外観

銀色のワンポイントがいい仕事してますね。キャップの銀色の部分には万年筆の名前とメイドインジャパンの刻印がしてあります。すこし存在感がなくなったとはいえ、メイドインジャパンやはりいいものです。

センチュリー万年筆の見ためボテっとしており重そうだな、と手にもってみたところ。

軽い、100均のボールペンなみに軽い。万年筆に使われている素材が軽いものを使っているのか、ほんとに軽い。バランスがとれているのか、手にスッと収まる軽さです

それだけ軽い素材なら傷つきやすいのでは、3ヶ月ほど毎日万年筆を使っていますが、カスリ傷ひとつついていません。

キャップを薄め目でよくみると、ペン先がうっすらと見えます。センチュリー万年筆の軽さの秘密は、キャップの薄さにありそうです。キャップがセミの抜け殻ぐらい軽い。

ネジ式

万年筆のキャップをはずしたところです。はじめキャップをぐっとひっぱたところ、キャップがとれない。ビックリして調べたところ、センチュリーのキャップはネジ式でした。キャップをくるくる回すと、キャップがはずれました。

ネジ式は好き嫌いがわかれるポイントだと思います。ちょっとメモをとるにはセンチュリー万年筆はむいていません。がっつり30分~1時間以上、紙に字を書くときに使っています。

ネジ式のキャップを万年筆に装着したら、傷がつかないか心配でしたが、万年筆本体には、かすり傷一つ見えません。

ペン先

ペン先には文字が刻まれていますが、細かい字を読むことはできませんでした。

ペン先は大型14K、なんと金を混ぜているのです。はじめてのペン先が金の万年筆です。ほかの金の万年筆との比較はできませんが、センチュリー万年筆の筆先は、紙の上をつるつるすべります。

金を配合ということで、金色なのかと思っていたのですが、ペン先は銀色でした。ペン先が黄金だと成金ぽくてイヤなので、銀色でよかったです。

ペン先の裏は、蛇のおなかのようになっています。プラスチックのような素材で硬く、さわると丸坊主の甲子園球児のようにジョリジョリしています。

インク補充

万年筆本体をくるくる回すと分解することができます。ペン先に続いている黒い穴が、コンバーターかカートリッジをさす場所です。

万年筆はインクをいれないと文字を書くことができません。センチュリー万年筆は、インク壺から吸引して補充する方法と、インクを満たしたカートリッジをぶすっと刺す二つの方法でインクを補充できます。

センチュリー万年筆でたくさんの字を書くつもりなので、コストパフォーマンスのよいインク壺での吸引を選択しました。

さて、吸引を選ぶとコンバーターというアイテムが必要になります。センチュリー万年筆には同封されていません、コンバーターが同封されている万年筆もあるのですがね。

コンバーターとは、細長い透明な筒状のアイテムです。筒状の上部がくるくとる回せるようになっており、くるくる回すとインクを吸い上げてくれます。

コンバーターにも種類があり、どれを選ぶといいかわかりませんでした。ネットで調べたところセンチュリー万年筆にあうコンバーターはこの商品です。

インク補充について気をつけるポイント

万年筆のインク、これもハマるとインク沼にずぶずぶとハマるそうです。沼にハマりたくないので、前から使っていたインクをセンチュリー万年筆に補充しようとしました。

落とし穴がありました。

なんどもなんどもコンバーターを上げ下げしてもインクを吸引してくれません。

調べてみると、初期不良のコンバーターがあるという情報がありました。

そこで新しいコンバーターを購入。新しいコンバーターでもインクを吸引してくれませんでした。

吸引しようとしていたインクはセーラー社のインクです。そこでセンチュリー万年筆と同じ会社のプラチナのインクを買いました。こうして、いろいろな万年筆系のアイテムが増えていくんだろうなと思いました。

インク壺にペン先を沈め、コンバーターを操作すると、インクを吸引するではありませんか。やった、インクを吸引する、これだけのことでうれしくなるとは。16,000円の万年筆で書けなかったら、どうしようと血の気が引いていました。あとは万年筆を元どおりに組みたてれば文字を書くことができます。

インクを吸引しない理由を考えてみました。右がセンチュリー万年筆、左が最初に買った万年筆です。

ペン先の長さがちがうのが確認できるでしょうか。センチュリー万年筆は、ペン先の付け根までインク壺に沈めないとインクを吸引してくれません。セーラーのインク壺では深さが足らなかったのです。コンバーターは消耗品らしいです。いつか壊れたときの予備として先に買ったと思っておきます。

プラチナのインク壺はインクを最後まで使うことができるギミックがあります。万年筆とインク沼にはまることは、もうこれでないでしょう。ただ、メモ用にノック式万年筆が気になっているのは内緒。

プラチナ万年筆の書き心地

右側がプラチナ万年筆の文字、左側が最初に買った万年筆の文字です。

センチュリー万年筆は中字、ピカソ万年筆は極細。並べてみると、センチュリー万年筆のほうが字が細くみえるような、あと青色も薄いですね。色の濃薄の差は、インクのちがいでしょうか。そういえば、センチュリー万年筆はインクがあまり減らないように感じます。これはあくまで”気”がするだけの感覚的な感想です。

16,000円の万年筆を買っても、文字をキレイに書けるわけではありません。写真が証拠です。毎日少しづつ美しい字を書く練習をし、キレイな字を書くように心がけないとキレイな文字は書けませんゾ。

センチュリー万年筆は、つるつる紙のうえをすべると書きました。しかし、ペン先の寝かせかたが悪いとザラッと紙にひっかかるときもあります。

センチュリー万年筆で文字を書いていると、キーボードで文字を打つよりも疲れないかもしれません。キーボード入力は文字間違いをすぐ修正できる、入力速度が速いという二つのメリットはあります。2時間ほど文字を書いていた時、なぜか右手の上腕二頭筋が疲れたときはあります。

文字を書くのが楽しくなり、写経なんてはじめましたよ。

一文字目からいきなり間違えていますね。

センチュリー万年筆で写経をして、ゆっくりとした時間をすごしませんか。

プラチナ万年筆 #3776センチュリー 中字を使った感想【 まとめ 】

センチュリー万年筆はベーシックな見た目、銀色の縁取りがお洒落。ペン先は14k。キャップはネジ式になっており、ちょっとしたメモをとるには不向き。価格は16,000円ほど。

インクを補充する方法は二つ、カートリッジを使うか、コンバーターでインク壺からインクを吸引するかどちらかを選べます。コストパフォーマンスがよいのは、コンバーターでインク壺から吸引する方法です。コンバーターでインクを吸引するには、センチュリー万年筆のペン先すべてをインク壺につける必要があります。

書き心地は紙のうえをフィギュアスケーターのように、つるつる華麗に舞い踊るように文字を書けます。ペン先を寝かせすぎたり、曲げすぎると、紙にペン先がひっかかります。また長い時間、センチュリー万年筆で文字を書いてもあまり疲れません。

センチュリー万年筆を使えば、キレイな文字を書けるようになるか、それは無理です。日常的にキレイな文字を書くように心がけなければなりません。

センチュリー万年筆で美文字生活のドアをノックしませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました