ニラねりこみ自家製麺 レシピ・作り方 元気のもとニラを麺にすることで食べやすくなり香りもゆるむ【 パスタマシーン使用 】

中華麺

この記事は、ニラをねりこんだ自家製麺の作り方を書いています。

元気のもとのニラの風味と香りを堪能できる麺です。

ニラを麺にねりこむと香りはすこしゆるみます。あの独特の香りが苦手な方でも麺にすると食べられるかもしれません。

パスタマシーンを使い楽々製麵しました。

ニラ麺の材料(2~3人分)

  • 強力粉:200g
  • ニラ:適量
  • 水:80g
  • 塩:4g
  • かんすい:2g
  • 打ち粉:適量

ニラはお好みの量をいれてください。おおくいれすぎると生地がかたまりません。

強力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに。中力粉にかえるとウドンになります。

この記事を読み、ひとつの麺の作り方をマスターすれば、三種類の麺を作れるようになるのです。なんとお得な記事なのでしょうか。

ニラ麺の調理工程

  1. ニラと粉、水、その他の材料を混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. ニラ麺の出来上がり

ニラ麺の作り方【写真あり】

ニラと粉、水、その他の材料を混ぜる

ニラをこまかくみじん切りにするか、ブレンダーなどで細かくする。

水:80gとニラをブレンダーにいれ液状にした。

強力粉:200gと塩:4g、かんすい2gをボウルにいれる。

水:80gと混ぜたニラもボウルにいれる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっついてしまう。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜると、粉が指にくっつかないのでイライラしない。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜた。専用調理器具なのに赤くなく緑だけが3倍はやく混ぜあわせられる。

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜあわせていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずつ追加し混ぜあわせる。

3mm~5mmの粒になれば手にくっつきにくい。両手をつかい、粉をおしたり、まげたりしているとひと塊の生地になる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

1~2時間ほど冷暗所で生地を寝かす。寝かすことで、生地ぜんたいに水分がまわりコシと弾力がうまれる。

緑色のこれぞニラといったフレッシュな香りの生地。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になってでてくる。2~3倍に長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が滑らかになってくる。

生地が滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地を切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

ところどころ濃淡はあるが、緑一色になった生地。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選ぶ。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、地面に落ちないように手でうけとめる。

すべての生地を麺状にする。麺どうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生麺は切ってすぐに食べるよりも寝かせてから食べたほうが滑らかになり、コシもよくなる。キッチンペーパーをしいた密閉容器に麺をいれ冷暗所で半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

ニラ麺を食べる

ニラ麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。沸騰したお湯に麺をいれゆでる。

ボコボコと泡がでているお湯に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ニラ麺を温かいスープにいれ、ぽちょんと黄身もトッピング。元気もりもりになりすぎるがゆえに、坊主が食べてはいけないと言われているニラ。そこに栄養満点の黄身をトッピング。元気にならないわけがない。

温かいスープの湯気のおかげか、麺にねりこんだ効果か、ニラの鮮烈な香りはゆるんでいる。尖っていた角が丸くなっているような柔らかいニラの香りになっている。ニラの香りが苦手なかたでも食べられるかもしれない。

ずるずるとニラ麺をすすってみる。ニラ麺を表現するならば、すすれる餃子。それも焼くまえのフレッシュな野菜餃子。

ふわっというより、ぶわっと餃子の具の香りがひろがる。どことなく豚肉のコクのような旨味も感じられる。

ニラ麺は、焼きそばとしても食べることができる。

味はもちろん、焼き餃子である。すすれる焼き餃子となっている。ピリッとした酸味や、キリッとした唐辛子の辛味、ピリッとくる黒胡椒的な刺激との相性がよい、ニラ麺は。

ニラ自家製麺を作って食べた感想【 まとめ 】

ニラをねりこんで作るニラ麺は、ニラの香りがゆるみました。ニラの香りが苦手なかたでも食べられる可能性があります。

ニラは元気のもと、腹痛を治すとも言われており積極的に食べたい食材です。日本人が大好き麺にすることで、老若男女に愛され、老若男女が元気になる可能性があります。

しかしながら、ニラをねりこんだ麺はあまり売られていません。ならば健康のためにもニラ麺をご自宅で自作するしかありません。

パスタマシーンをつかうことで、幅と太さがそろった麺を作れます。パスタマシーン1台でお家が製麺所。

コメント

タイトルとURLをコピーしました