マスタードねりこみ生パスタ レシピ・作り方 マスタードの酸味がありさっぱりとした風味の生パスタ【 パスタマシーン使用 】

パスタ

この記事は、マスタードをねりこんだ生パスタの作り方を書いています。

マスタードの酸味を感じられる、さっぱりとした風味の生パスタです。ぷちぷち感はあまり感じません。

マスタードパスタはあまり売っていません。お家で作りましょう。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

マスタード生パスタの調理工程

  1. マスタードと粉、水などを混ぜる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. マスタード生パスタの出来上がり

マスタード生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • マスタード:大さじ2
  • 水:70g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

マスタードはお家にあるマスタードをお使いください。

大さじ2のマスタードをいれました。いれる量はきまっておりません。お好みの量のマスタードをいれてください。

ただしマスタードをいれすぎると、生地がまとまりませんゾ。

マスタード生パスタの作り方【 写真あり 】

マスタードと粉、水などを混ぜる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

マスタード:大さじ2と水:70gもボウルにいれる。

最初から手で混ぜると、ドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専用調理道具で混ぜている。まるで手で混ぜるように、素早く混ぜあわせることができる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

マスタードを固めたようなに見える生地。

1時間ほど生地を寝かせる。乾燥しないように生地をサランラップでくるむ。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。作業台に生地がくっつくようであれば、生地に打ち粉をふる。

パスタマシーンを作業台にセットする。

生地をパスタマシーンにとおる厚さになるまで、めん棒や手でのばす。目安として3mm~5mm。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。マスタード生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーを敷きつめ、マスタード生パスタを半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

マスタード生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

マスタード生パスタにオリーブオイルをまぶし、ケチャップを少量かけシンプルにいただく。

見た目は、まるで、カ◯ルの卵のように見えるが気のせいだろう。ぬるりと滑らかなマスタード生パスタ。口をあぐりとあけ、生パスタを食べると、ちゅるりと口に飛びこんでくる。

マスタードの酸味がつーんとくる。すこし遅れてオリーブオイルのフレッシュな香りとケチャップの旨味がやってくる。マスタードそのものを食べているような錯覚を覚える。マスタードをねりこんだ生パスタは、マスタードそのものを麺状にしたものと考えてもらって間違いない。

マスタード好きな方におすすめのマスタード生パスタ。

マスタード生パスタは、牛乳系やチーズ系のソースとの相性がよい。濃いソースの味のなかで、マスタードの酸味がよい仕事をしている。濃い味に慣れた、疲れた舌を、マスタードの酸味がフラットな状態に戻してくれる。

マスタード生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

マスタードを混ぜこむだけで作れるマスタード生パスタ。作り方は、ふつうの生パスタとおなじです。

マスタードの酸味がそのまま残っており、マスタードをそのまま食べるような生パスタでした。

マスタード生パスタは、濃い味や風味のソースと相性がよいです。爽やかな酸味が、濃いソースの後味を爽やかなものにしてくれます。

マスタード生パスタは、マスタード好きにおすすめの生パスタです。しかしあまり売っていません。

ご家庭で作り、さっぱりとした酸味のあるマスタード生パスタをたのしみましょう。

パスタマシーンがあれば、生パスタの幅と太さを均一にしてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました