クレソンねりこみ生パスタの作り方・レシピ 栄養豊富なクレソンは野菜の王 緑の王をねりこみし生パスタ

パスタ

この記事では、クレソンをねりこんだ生パスタの作り方を書いています。

栄養豊富なクレソンは野菜の王様とよばれています。野菜の王をねりこむことで、緑色がパッと鮮やか、かつ栄養も豊富な生パスタです。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

クレソン生パスタの調理工程

  1. クレソンをペーストにする
  2. クレソンのペーストと粉を混ぜる
  3. 生地をパスタマシーンでのばす
  4. 生地をパスタマシーンで切る
  5. クレソン生パスタの出来上がり

家で水耕栽培しているクレソンを使いました。クレソンの量は、お好みの量をいれてください。ただし、あまりおおい量をいれると、パスタにはならないのでご注意ください。

クレソン生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • クレソン:ひとつかみ
  • 水:80g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

クレソン生パスタの作り方【 写真あり 】

クレソンをペーストにする

お好みの量のクレソンをミキサーにいれ、水:80gもいれる。

スイッチをいれ撹拌し液状・ペーストにしておく。

クレソンのペーストと粉を混ぜる

デュラムセモリナ粉:100g、強力粉:100g、オリーブオイル:大さじ1、塩:4gを計量しボウルにいれる。

ペーストにしたクレソンをボウルにいれる。

はじめから手で粉と卵、水を混ぜあわせると、手に粉と水がくっついて大変。そこで、さいばしやゴムベラをつかい最初は混ぜるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専用調理道具で混ぜている。まるで手で混ぜるように、素早く混ぜあわせることができる。

ボウルのなかの粉全体が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉全体が粒状にならないときは、水を少しづつボウルにいれる。粒状では、緑色はでておらず汚い色をしている。まとめると緑色になるのでご安心を。

粉全体が粒状になれば、生地が手にくっつきにくい。手で粉をおしたり、つぶしたりし、ひとつの塊にまとめていく。

繊維がのこっている、よもぎ餅のような生地。

クレソンいり生地を一時間以上寝かす。乾燥しないようにサランラップを巻いておく。寝かせることで水分が生地全体にいきわたり、のどごしよくなり、コシが強くなる。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせたことで、表面がつやつやになった生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

パスタマシーンを作業台にセットする。 生地の厚さを3mm~5mmほどになるまで、めん棒で手のばす。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。打ち粉をふっておく。青のりをふったような生地になっている。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。打ち粉をふった緑のクレソン生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

残った生地もすべてカッターに通す。クレソン生パスタの麺と麺が、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーを敷きつめクレソン生パスタを半日ほど寝かせる。

生地を切る参考動画

クレソン生パスタを食べる

寝かせておいたクレソン生パスタをゆでる。クレソン生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

クレソンの葉がみえる緑色が鮮やかなクレソン生パスタの出来上がり。

オリーブオイルと混ぜ、黒胡椒をふる。黒胡椒のピリッとした辛さ、つるんとした生パスタの表面。モニュモニュした食感、噛んでいると野性味あふれるフレッシュなクレソンの風味が香る。

クレソンをねりこんだことで栄養価もあがっているだろう。野菜嫌いなお子様でも生パスタにすることで食べることができるかも。

クレソンねりこみ生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

クレソンをペーストにするひと手間は増えます。しかし、増える手間はそれだけです。クレソンをねりこむことで緑色がうつくしく、栄養たっぷりのクレソン生パスタができました。

食べ、噛むとクレソンの野性味あふれるフレッシュな香りが生パスタからしてきます。

生パスタを食べるだけで、野菜も摂取できるという、一麺二石なクレソン生パスタ。野菜ぎらいのお子様も食べることができるかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました