コンビーフねりこみ生パスタの作り方・レシピ コンビーフの旨味をも~りこんだパスタ【 パスタマシーン使用 】

パスタ

この記事は、コンビーフをねりこんで作るパスタの作り方を書いています。

ノザキのコンビーフを使いました。

パスタのなかに牛の風味をも~りこんだ赤いパスタです。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

コンビーフ生パスタの調理工程

  1. コンビーフと粉、ほかの材料と混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. コンビーフ生パスタの出来上がり

生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • コンビーフ:一缶
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 水:適量
  • 打ち粉:適量

コンビーフ生パスタの作り方【 写真あり 】

コンビーフと粉、ほかの材料と混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

コンビーフを容器からだし、ボウルにいれる。

ボウルに水をすこしづついれ、コンビーフをくずしながら粉と混ぜあわせていく。粉全体がしっとりとしめり、3mm~5mmほどの粒状になるまで水をくわえる。

水の量の目安は、おおよそ40g~70gほど。

最初から手で混ぜると、ドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専門調理道具で混ぜあわせている。専門調理道具だけあって、手でかき混ぜるようであり、さいばしやゴムベラより素早く手早く混ぜあわせられる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

肉の繊維が確認できる。すこし脳みそのようにも視える。もしくは、寄生虫か、なぜグロいことばかり考えるのか、あなたは、何に視えましたか。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふった生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーをしき半日ほど寝かせる。

コンビーフよりもうすい赤色のパスタ。

生地を切る参考動画

コンビーフ生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで揚げ炒める。ゆでたコンビーフパスタをからめる。赤くツヤツヤとオイリーな表面。コンビーフの香りをうっすらと感じられる、ニンニクの香りのほうが強烈だが。

ツルッとした表面、モニュとした噛みごたえ。ゆっくりと噛んでいると、静かにゆっくりとポッとコンビーフのほがらかな赤い旨さが染みでてくる。コンビーフの旨味は、小麦の下にたゆたゆと悠然と四本足で屹立している。

コンビーフ生パスタをゆでているときに気づいた。ゆで汁にコンビーフのエキスが逃げているのではと。そこでキャベツを一緒にゆでる。

シャッキとした食感を残したキャベツの外側にコンビーフの旨味の膜があるような、ないような。コンビーフとキャベツの相性はバッチリである。コンビーフ生パスタでなくても、コンビーフとパスタの相性はよき。お好みで黒胡椒をふったり、唐辛子をふって食べる。

コンビーフ生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

コンビーフを粉と混ぜてつくるコンビーフ生パスタ。水加減に注意して作る必要があります。

コンビーフのしっとりとした旨味と風味が、生パスタの内側でも~も~と息づいていました。キャベツとあわせたレシピだけを紹介しました。いろいろなソースや食材にミートするものと思われます。

コンビーフはスーパーで売っています。しかし、コンビーフをねりこんだ生パスタはあまり売っていません。売っていないのであれば、ご自宅で作ればいいんです。

不器用さんでも、料理初心者さんでも、パスタマシーンを使うことで、パスタの幅と太さを均一にすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました