からしねりこみうどんの作り方・レシピ からしの刺激はゆるみ、からしの風味を愉しめるうどん【 パスタマシーン使用 】

うどん

この記事は、からしをねりこんだうどんの作り方を書いています。

粉末からしを使いました。チューブのからしでも作れます。からしの量を調整すれば刺激は調整できます。

ツーンとする刺激はゆるみ、からしのくっきりした風味を愉しめるでしょう。

中力粉をデュラムセモリナ粉にかえるとパスタに、強力粉とかんすいをいれると中華麺になります。1つの記事を読むだけで、三つの麺を作れるのです。

パスタマシーンを使い製麺しました。

からしうどんの材料(2~3人分)

  • 中力粉:200g
  • からし:小さじ1
  • 水:80g
  • 塩:4g
  • 打ち粉:適量

からしうどんの調理工程

  1. 粉末からしと中力粉、塩、水を混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. からしうどんの出来上がり

からしうどんの作り方【 写真あり 】

からしと中力粉、塩、水を混ぜあわせる

中力粉:200gと、水:80g、塩:4gをボウルにいれる。

からし:小さじ1もくわえる。

混ぜはじめは中力粉と液体が混ざりあい粘土状になる。手で混ぜるとくっついてしまう。さいばしやゴムベラを使って混ぜるとよい。

粉と水分を混ぜる専門の調理器具をつかい混ぜた。手で混ぜるように素早く混ぜることができる。

中力粉全体に水分がいきわたり、しっとりと3mm~5mmほどの粒状になれば手をつかい粉をまとめていく。

粒状にならないときは、すこしずつ生地に水をたし混ぜあわせる。

粉をボウルにおしつけたり、のばしたり、ひとつの塊にまとめ、形をととのえる。

生地を寝かせる。寝かせると生地ぜんたいに水分がまわり滑らかになりコシもでる。

寝かせているあいだに、生地が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

ほんのりと黄色い部分がみられる。おでんの横にそえられている黄色い香りがしている。

粉のまぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

生地を作業台にとりだす。パスタマシーンもセットしておく。

パスタマシーンに通ることができる薄さに生地をのばす。めん棒や手をつかい5mmほどになるまで生地をのばす。

パスタマシーンのダイヤルは、一番ブ厚くのばすダイヤルにあわせる、のばした生地をパスタマシーンに通す。

のばした生地をパタンとふたつに折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンに通す。パスタマシーンに通す、折りたたむ、通す、一連の作業をくり返すと生地が滑らかになる。

なめらかになった生地をお好みの薄さにのばす。食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る調理器具)とガイド(生地を固定する調理器具)をとりつける。

打ち粉をふった生地の先端をカッターにあわせ、パスタマシーンとガイドのうえにおく。

カッターにハンドルをとりつけ、くるくると回す。生地がカッターをとおり、うどんになって落ちてくる。手でうけとるか、清潔な器でキャッチする。

すべての生地をカッターにとおす。

うどんをすぐにゆでないときは、くっつかないように打ち粉をふっておく。

半日以上放置するときは、キッチンペーパーをひいた密閉できるようにいれる。冷暗所にいれておく。1日を目安に食べきる。

生地を切る動画

からしうどんを食べる

からしうどん:100gにお湯1リットルから2リットルを用意する。

ぼこぼこと沸騰させたお湯に、うどんを鍋にいれる。ゆであがる時間は粉の種類や太さ、お湯の温度でかわってくる。ゆで加減をチェックしながらゆでよう。

お好みのゆで加減になれば、うどんをザルなどにとり、冷水でヌメりをとり、表面をしめる。あとは、ふつうのうどんのように食べるだけだ。

うっすらと黄色のからしうどん。中力粉のあまい香りだけでなく、ふわっとからしのチクリとする香りが、ゆるやかにたっている。ピンと角のたった、からしうどんを箸でつまみあげる。鼻に近づけると、からしの香りもツンツンと近づいてくる。つるつると、どこにひっかかることなく、お口のなかに流れこむからしうどん。胃に落ちた瞬間、くっきりとからしの色と風味を鼻の粘膜で感じられる。

からしうどんは、冷でも温でも食べられる。からしの刺激はゆるんでいる。しかし、爽やかでくっきりとしたからしの香りはある。味の濃い食材、たとえば牛すじやカレーなどの香りを爽やかな後味にしてくれるだろう。

からしうどんを作って食べた感想【 まとめ 】

からしを中力粉と混ぜるだけで、ふつうのうどんの作り方は同じです。

からしの鼻にツーンとぬける刺激はゆるんでいます。しかし、からしの風味と香りはくっきりと残っていました。からしの爽快な香りを愉しめます。

からしの刺激は、混ぜるからしの量で調整できます。あなた好みのからしうどんを探求する愉しみ。

からしをねりこんだうどんは、あまり売っていません。売っていないのであれば、自分で作るしかありません。

パスタマシーンを使えば、うどんの幅と厚さを均一に切ることができます、素人でも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました