バジルねりこみ自家製生パスタ レシピ・作り方 バジルの香りが麺のなかからする生パスタ【 パスタマシーン仕様 】

パスタ

この記事は、乾燥バジルをねりこんで作る自家製生パスタのレシピを書いています。

乾燥バジルと粉、水を混ぜ、のばし、切れば、バジル自家製生パスタの出来上がりです。

パスタからはバジルの香りがぷんぷんとし、食べると清涼な香りが、ワァと口にあふれだします。

パスタマシーンを使い生パスタに仕上げました。

バジル生パスタの調理工程

  1. バジル粉末と粉を混ぜあわせる
  2. 生地をパスタマシーンでのばす
  3. 生地をパスタマシーンで切る
  4. バジル生パスタの出来上がり

バジル生パスタの材料(2~3人分)

  • デュラムセモリナ粉:100g
  • 強力粉:100g
  • バジルの粉末:大さじ2
  • 水:80g
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 打ち粉:適量

バジルの粉末をたくさんいれると、バジルの香りをよりくっきりと感じることができます。

ただし、いれすぎると、バジルの香りしかいない、そんな生パスタができあがることでしょう。

バジル生パスタの作り方【 写真あり 】

バジル粉末と粉を混ぜあわせる

デュラムセモリナ粉:100gと強力粉:100g、塩:2g、オリーブオイル:大さじ1をボウルにいれる。

そして、バジルの粉末:大さじ2もいれ、水:80もボウルにくわえ混ぜあわせる。

最初から手で混ぜると、水と混ざりあったドロドロの粉が手にくっつき作業をしにくい。さいばしやゴムベラで混ぜあわせるとよい。

粉と水を混ぜあわせる専用調理道具で混ぜている。まるで手で混ぜるように、素早く混ぜあわせることができる。

粉ぜんたいに水分がいきわたり、パン粉状になり、5mmほどの粒状になれば、手で作業してもくっつかない。5mmほどの粒状にならないときは、水をボウルに追加でいれる。

手をつかい粉をひとつの生地にまとめていく。ボウルに押しつけたり、丸めたり、折り曲げたりしていると、生地はまとまってくる。

バジル粉末が、なにがしらのカビに見えないこともない生地。カビの生えたチーズのような見た目をしている。大丈夫、食べることはできるのでご安心くだされ。

1時間ほど生地を寝かせる。寝かせることで、水分が行きわたり、生地がしっとりとし、弾力とコシがよくなる。寝かせているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをきちんと巻いておく。

パスタ生地の混ぜ方参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせておいたカビが生えたようなバジル生地を作業台に取り出す。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉を生地にふる。

パスタマシーンを作業台にセットする。

パスタマシーンに通せるように、めん棒や手で生地を薄くのばす。目安として3mm~5mm。

パスタマシーンのダイヤルは、一番生地をぶ厚くのばすダイヤルにあわせる。ハンドルをくるくると回し、生地をのばす。生地の長さは2~3倍になる。

2~3倍になった生地をペタンと折りたたむ。

折りたたんだ生地をもう1度パスタマシーンで伸ばす、伸びた生地をたたむ、パスタマシーンで伸ばす、この作業を3~5回すると、生地がなめらかになる。

生地がなめらかになれば、パスタマシーンのダイヤルを操作し、お好みの厚さになるまで生パスタをのばし、食べやすい長さに切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。

粉末バジルがローラーを通るたびに砕かれ、カビのような見た目から、まるでマーブル状の大理石のようになったではございませんか。え?カビのはえた風呂の壁に見える?

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を切る道具)とガイド(生地を切るのをサポートする道具)をセット。

打ち粉をふったバジル生地をパスタマシーンの上におく。

カッターにハンドルを差し、くるくるとハンドルを回す。カッターを通った生地がパスタ状になって落ちてくる。手やボウルで生パスタを受ける。

すべての生地をカッターに通す。バジル生パスタどうしが、くっつかないように打ち粉をふっておく。

生パスタは製麺したてを食べるよりも、寝かせてから食べたほうがコシがよくなる。密閉容器にキッチンペーパーを敷きつめ、バジル生パスタをいれる。半日ほど冷暗所で寝かせる。

生地を切る参考動画

バジル生パスタを食べる

生パスタ:100gに、沸騰したお湯1~2リットル用意する。生パスタに塩が入っているので、塩をいれる必要はなし。

お湯にいれた生パスタがくっつかないように、さいばしなどで軽くほぐす。

ゆで時間の目安は3分~8分ほど。使った粉の種類や生パスタの厚さ、コンロの火力の差などで、ゆで時間は変わってくる。生パスタのゆで加減を確認し、生パスタをお湯からあげよう。

砕かれた乾燥バジルは、パスタの中で香りが爆発する時を静かに待っている。かすかに、バジルの香りはパスタからもれている。

オリーブオイルと粉チーズだけのシンプルな味付けで頂く。オリーブオイルが、生パスタの表面をさらになめらかにし、オリーブオイルの旨味と香りを与えてくれている。オリーブオイルのオイリーな香りだけでなく、チーズの動物的な芳醇な香り。それがクドく感じないのは、生パスタからもれているバジルの爽やかな香りのおかげだろう。

バジル生パスタを食べる、噛む、ゴクリと飲みこむ。口のかで、マラソン競技がスタートしたときのように、ワァとバジルの香りがあふれだす。清涼、爽快、無垢、一点の汚れもない緑の草原のように清潔な香りと味。

トマトソースとあわせると、乾燥バジルは、ねりこまれているように見えず。まるで後からバジルをふりかけたように見える。そして、トマトのグルコミン酸的な旨味には、バジルの香りが必要だと思います、思いますよね、思いませんか。イタリアの国旗の赤はトマト、緑はバジルだという、ホンマかウソか知らない話を聞いたことがあります。みなさんはどう思いますか?

バジル生パスタを作り食べた感想【 まとめ 】

粉と水分を混ぜるときに、お好みの量の乾燥バジルをいれる工程が増えるだけのバジル生パスタ。バジルのいれる量は調整できます。

作っている途中はカビがはえたような見た目です。生パスタにすると、乾燥バジルをふりかけたような見た目の生パスタになります。ご安心してください。

バジルがねりこまれていることで、シンプルな調味料で食べることもでき、またトマトソースとの相性もよいバジル生パスタでした。

パスタマシーンを使うことで、素人でも幅と厚さを均一の生パスタを作ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました