あおさねりこみ自家製中華麺 レシピ・作り方 緑いろが映える あおさは中華にもあう【 パスタマシーン仕様 】

中華麺

この記事は、乾燥あおさをねりこんで作る自家製中華麺のレシピを書いています。

あおさをねりこんだ中華麺は、緑色が眼にはえ、あおさそのものを丸々すすりこめます。あおさの香りは中華麺にもミートしました。

パスタマシーンを使い楽々製麵しました。

あおさ中華麺の材料(2~3人分)

  • 強力粉:200g
  • 乾燥あおさ:10g
  • 水:100g
  • 塩:4g
  • かんすい:2g
  • 打ち粉:適量

あおさ中華麺の調理工程

  1. 乾燥あおさを水に漬ける
  2. あおさと粉を混ぜる
  3. 生地をパスタマシーンでのばす
  4. 生地をパスタマシーンで切る
  5. あおさ中華麺の出来上がり

あおさ中華麺の作り方【写真あり】

乾燥あおさを水に漬ける

乾燥あおさを計量し、水:100gに漬ける。

あおさの量をふやせば、香りはよりクッキリと海藻の姿を現す。しかし、あおさの量をふやすと、水を増やす必要があり、ペチャペチャの麺になる可能性あり。ほどほどの量で、十分あおさの香りはするのでご安心を。

あおさと粉を混ぜる

強力粉:200gと塩:4g、かんすい2g、水に漬けたあおさをボウルにいれる。

粉と水を混ぜるときに、手で混ぜはじめると粘土状になった生地が手にくっついてしまう。そこで菜箸やゴムベラで粉と水を混ぜると、粉が指にくっつかないのでイライラしない。

粉と水分を混ぜあわせるためだけの専用調理器具で混ぜあわせたよ。専用調理器具なので、赤くはなく、緑だけど3倍はやく混ぜあわせられる。

粉と水をボウルのなかで円を描くように混ぜあわせていく。ボウル内の粉が、3mm~5mmほどの粒になるまで混ぜる。粉ぜんたいが3mm~5mmほどの粒にならないときは、水を少しずつ追加し混ぜあわせる。

3mm~5mmほどの粒になった生地を、両手を使い、ひとつの塊にまとめる。粒をボウルに押しつけていると、ひとつの塊にまとまってくる。

ひと塊にまとってきたら、まるく形を整え生地を寝かす。寝かしているあいだに、生地の表面が乾燥しないようにサランラップをまいておく。

生地は1~2時間ほど寝かしておく。寝かすことで、生地ぜんたいに水分がまわりコシと弾力がうまれる。

粉と水分の混ぜかた参考動画

生地をパスタマシーンでのばす

寝かせた生地を作業台にとりだす。パスタマシーンも設置しておく。

生パスタマシーンにはいる薄さになるまで、めん棒や手で生地をのばす。目安として、5mmほどになるまでのばす。生地が作業台にくっつくときは、打ち粉をふる。

めん棒や手でのばした生地をパスタマシーンにとおす、一番ぶ厚い生地がでてくる設定にしておく。

パスタマシーンに通すと、生地の長さは2~3倍になってでてくる。2~3倍に長くなった生地をペタンと二つ折りにする。

生地をのばす→折りたたむ→のばす。この作業を3~5回ほど繰り返していると、生地の表面が海藻の表面のように滑らかになってくる。

生地が滑らかになれば、お好みの薄さまで生地をのばす。食べやすい長さに生地を切る。くっつかないように打ち粉をふっておく。すこし水分がすくなかったようで、端っこがガタガタ。もう少し水分を足せばよかった。このあたりの水加減がむずかしい。

生地のばし方参考動画

生地をパスタマシーンで切る

パスタマシーンにカッター(生地を麺状にする道具)とガイドをつける。2mm幅に切るカッターを選ぶ。お好みのカッター幅をチョイスしよう。

あおさ生地ぜんたいに打ち粉をふり、パスタマシーンに生地をのせる。

カッターに装着したハンドルをくるくると回すと、生地が麺状になって落ちてくる。落ちる場所を清潔にしておくか、パットをおいたり、地面に落ちないように手でうけとめる。

すべての生地を麺状にし、あおさ中華麺がくっつかないように打ち粉をふっておく。

自家製麺はすぐに食べるよりも、寝かしてから食べたほうがコシもノドゴシもよくなる。キッチンペーパーを敷いた密閉容器に、あおさ中華麺をいれ冷蔵庫で半日ほど寝かせる。キッチンペーパーをいれないと、麺からでる水分でベチャベチャになりますゾ。

生地を切る参考動画

あおさ自家製中華麺を食べる

あおさ中華麺:100gにたいして、1~2リットルのお湯を用意する。沸騰したお湯に、あおさ中華麺をいれゆでる。

ボコボコと泡がでているお湯に注意しながら、麺をいれゆでる。ゆで時間は火力や麺の太さなどで変わる。目安として3分~7分ほど。ゆで加減をチェックしてから、お湯から引き上げる。

ラーメン風

あおさ中華麺をすこし薄めの鶏ガラスープにいれる。トンコツなどのコッテリしたスープもいいですが、やはり薄めの温かいスープにいれることによって、あおさの清潔で清涼、凄然な磯の香りがひきたつ。

すすってみると、あおさをそのまま食べたときのような香り。麺の表面は、いつもの自家製麺より少し滑らかで艶やか。噛むとあおさの香りが、水に漬けた乾燥海藻のように膨らみます。

焼そば風

ゆでたあおさ中華麺を、ごま油やサラダ油で炒め、いり卵をのせます。

青い草原に、黄色い花が咲いたように見える、1枚の絵のような焼そば。

焼かれたことで、あおさの香りはすこし芳ばしく、日光に干されたように濃縮されたような風味です。

あおさ自家製中華麺を作って食べた感想【 まとめ 】

あおさを水に漬け、強力粉と混ぜて作る中華麺。すこし水加減がシビアです。すこし水分が足りないかな、ぐらいの水加減がうまくいくポイント。

緑色の麺をみて、野菜かなと思った、人の意表をつくあおさの香りがする中華麺です。あおさは日本の食材ですが、鶏がらや焼そばなどの中華料理ともあいました。

中華麺から清潔で清涼な香りがしてくる、あおさ中華麺でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました