【檀流クッキング】タカ菜のサラサラがゆの「作り方・レシピ」食欲のない夏にサラサラ食べて、夏バテ対策に!!

料理

『檀流クッキング』タカ菜のサラサラがゆの作り方を書いています。

凝った料理がおおい檀流クッキングですが、サラサラかゆは、パッと作ることができるのが特徴です。サラサラかゆには豚肉を使っており、夏バテ対策にもなります。

冷蔵庫に残っているお米をつかい、パッパッと作れ、サラサラと食べられるのが、タカ菜のサラサラがゆ。

タカ菜のサラサラがゆ|調理工程

  1. 豚肉とタカ菜を炒める
  2. スープを注ぎいれ、お米もいれる
  3. タカ菜のサラサラがゆの出来上がり

わずか3ステップで、サラサラがゆを作ることができます。

簡単に作れるなら、おいしくないんじゃ。

タカ菜のすっぱさ、豚肉の甘み、冷水でネバっと感を流した白米は、サラサラと胃に流れこんでいきます。ちょっと贅沢に、干しシイタケや干しタケノコをいれてやると、ちょっと豪華な中華がゆといった趣があります。

タカ菜のサラサラがゆの材料(2人分)

  • 炊いた白米:お好みの量
  • タカ菜のお漬物:お好みの量
  • 豚バラのスライス:お好みの量(豚肉の量がおおいと、味がコッテリする)
  • ラード:適量
  • スープ:適量(2人分でおおよそ500cc)
  • 塩:適量
  • 干しシイタケ・干しタケノコ(なくてもおいしいサラサラがゆを作れる)
  • ゴマ油:適量

タカ菜のサラサラがゆの調理風景【写真あり】

焦げメシを作る

その少しかために炊いた焦げメシを、水で洗って、サラサラにするのが、一番おいしいはずだ。

 というのは中国の南の方では、「焦げがゆ」を大変愛好するのである。

引用元:完本檀流クッキング

ふつうの白米で作ってもおいしいサラサラがゆができるが、焦げメシを作ってみようと思う。しかし、かために炊いて焦げをつけるのは、むずかしい。

焦げメシを作る方法として、思いついたのが、耐熱容器に炊いた白米を薄くのばしてやり、魚焼きグリルで焦げを作ってやる作戦だ。魚焼きグリルから目を離さなければ、一番失敗しない焦げを作る調理方法だと思う。

魚焼きグリルの一番弱い火で、白米に焦げをつけた。もうちょっと焦げをつけてもよかった気もするが、これ以上は黒焦げになる恐れがあったので、ヨシとしておこう。

焦げをつけた白米を、水であらい、ヌメりをとり、パラパラにしておく。ザルにあげ水分をきっておく。

このひと手間で、サラサラ感が上昇するので、メンドくさがらず洗っておこう。

スープを作る

二人分のスープの量だと、おおよそ500cc。干しシイタケと干しタケノコを戻したお汁をくわえてスープに中華感をプラス。

檀流クッキングでは、鶏ガラからスープを作っているのだが、鶏がらスープの素やウェイパーでスープを作るときがおおい。簡檀(カンタン)流クッキングということで、許してください。タカ菜の塩分もくわわるので、薄目のスープに仕上げておく。

豚肉とタカ菜を炒める

フライパンにラードをいれ、中火にかける。切った豚肉をいれ、豚肉が白くなるまで炒める。

なるべく細く薄く切るほうが、サラサラと食べることができる。写真の細さでは、かゆに肉感を感じる。

干しシイタケと干しタケノコもいれ、炒めておく。

細くきったタカ菜もくわえる。タカ菜の葉はビヨ~ンと繋がっていることがおおいので、みじん切りにする勢いで切ってやるとよい。それでも、ビヨ~ンと繋がっているタカ菜がでてくることがある。

タカ菜はパッと炒めるだけ、あまり炒めすぎるとクタッとなりすっぱくなってしまう。

スープと白米をくわえる

豚肉とタカ菜を炒めていたフライパンに、焦げ米とスープをくわえる。

塩加減はタカ菜を入れてから、味見をしないと塩が効きすぎるし、洗いメシをスープに入れてから、グズグズ時間がたつと、サラサラのかゆがベタついてくる。

引用元:完本檀流クッキング

塩で味をととのえ、仕上げにゴマ油をたらしてやると香りがよくなる。塩で味をととのえている間に、ベタつくことはないと思う。ゆっくり確実に、サラサラがゆの、味をととのえることができるよ。

タカ菜のサラサラがゆを食べた感想

タカ菜どくどくの酸っぱい香りと、ゴマ油の芳醇な香りがしているサラサラがゆ。

スープの色はやや薄い緑茶のような色になっている。これはもしかしてタカ菜の着色料の色なんだろうか。豚肉をつかっているので、スープに脂が浮くだろうと想像していただ、脂はまったく浮いていない。ビックリだ。

スープを飲んでみると、ほどよい酸味が効いており、食欲がムックリと首をあげる。即席スープだが、科学の力はすげーぞ、そこへ干しシイタケ・干しタケノコのエキスをくわえている中華風スープ。

焦げメシは、ほんとにサラサラと胃に流れ込んでいく。酸味の効いたタカ菜に包まれながら流れてみたり、ゴッツリ存在感のある、甘い豚肉にのっかって、白米は流れこんでいく。いくらでも食べられそうな気配である。豚肉とタカ菜で夏バテに打ち勝つ。

ただ問題が一つだけある。米を噛まないので、ダイエットには向いていないと思う。ダイエット中の人は、サラサラと流し込まず、口の中で米を噛みましょうネ。

タカ菜のサラサラがゆを作って食べた感想【まとめ】

『檀流クッキング』のなかでも、かんたんに作れる部類にはいる『タカ菜のサラサラがゆ』

作るのに、慣れれば10分~20分ほどで作ることができるでしょう。

豚肉とタカ菜を炒める、スープと米をいれる。はい、出来上がり。もっと贅沢にしあげるなら、米に焦げをつける、スープを本格的に鶏ガラからとる、干しシイタケ・干しタケノコをくわえる、などなど豪華に作る方法はあります。

ちょっと疲れた暑い夏の日に、タカ菜のサラサラがゆを食べるようにしており、夏バテしらず。ただ一つ注意してもらいたいのが、サラサラと食べ過ぎるので、ダイエット中の人はご注意してくださいね。

コメント