カリフラワーライス|カレーレシピ2種類ご紹介

料理

お米の代用品になる、冷凍カリフラワーライス。見た目はお米より小さめの白い粒。

器にもりつけ食べると、「うん。カリフラワーだ。」お米感はないですね。カリフラワーライスをカレーにすると、ご飯っぽくなるんです。

『大阪名物風カレー』と『ドライカレー』のカリフラワーライスレシピを紹介します。

大阪名物風カレー|調理工程

  1. にんにく・たまねぎを炒める
  2. 肉を炒める
  3. レトルトカレーをくわえる
  4. トマトジュースとカリフラワーライスをくわえ、煮込む
  5. 器にもりつけ完成

大阪名物風カレー|材料2~3人分

  • カリフラワーライス:200g
  • レトルトカレー:1袋
  • にんにく:1個
  • たまねぎ:半玉
  • ブタ肉:こまぎれ100g
  • カレー粉:大さじ1
  • トマトジュース:100cc
  • 卵:(お好みで)
  • ウスターソース:適量(お好みで)
おったろう
おったろう

家にあまってるレトルトカレーと肉を使えばええで。

大阪名物風カレー|作り方|写真つき

にんにく・たまねぎを炒める

フライパンに油(分量外)をひき、ニンニクの匂いが香るまで弱火で炒める。

フライパンにタマネギをくわえ、タマネギが透明になるまで弱火で炒める。

肉を炒める

ブタ肉:100gをくわえ、色が白くなるまで炒める。肉は1種類ではなく、2種類くわえるとカレーにコクがうまれるぞ。

カレー粉:大さじ1くわえる。

レトルトカレーをくわえる

家にあるお好きなレトルトカレー1袋、フライパンにいれる。記事ではLEEを使っている。

トマトジュースとカリフラワーライスをくわえ、煮込む

トマトジュース:100ccとカリフラワーライスを、フライパンにくわえる。

トマトジュースの水分がとび、トローっとしてくるまで煮込む。

器にもりつけ大阪名物風カレーの完成。

大阪名物風カレーを食べる

チョンと真ん中に黄身を落とすと、大阪名物風カレーぽくなる。

ウスターソースをかけると、カレーにコクがうまれるで。真似した店でもウスターソースをかけている。

食べた感想は、お米とのちがいは粒の大きさに違和感を感じるだけだった。大阪名物風カレーにするとムリなく炭水化物を抜けそうだ。

ドライカレー|調理工程

  1. にんにく・野菜を炒める
  2. 肉をくわえ、炒める
  3. カレー粉・調味料をくわえ炒める
  4. カリフラワーライスをくわえ炒める
  5. ドライカレーの完成

ドライカレー|材料|2~3人分

  • カリフラワーライス:200g
  • にんにく:1個
  • たまねぎ:半玉
  • にんじん:100g
  • ハム:50g
  • カレー粉:大さじ2
  • トマトケッチャップ:大さじ2
  • 塩:適量

ドライカレー|作り方|写真つき

にんにく、野菜を炒める

フライパンに油(分量外)をひき、にんにくを弱火で炒める。

にんにくが茶色く色づけば、みじん切りにしたタマネギ・にんじんをくわえ中火で炒める。

たまねぎが透明になる、にんじんが柔らかくなるまで炒める。

肉をくわえ炒める

ハム:50gをくわえサッと炒める。

ハムにこだわらず、ソーセージやベーコン、豚肉、鶏肉。お好きなお肉をつかいアレンジできる。冷蔵庫にあまっているお肉をザーっといれちゃおう。

カレー粉・調味料をくわえ炒める

カレー粉:大さじ2ケッチャップ:大さじ2、とひとつまみをフライパンにいれる。

調味料と具材をチャッチャッと混ぜる。ケチャップの水分がとぶまで中火で炒める。

カリフラワーライスをくわえ炒める

カリフラワーライスをフライパンにくわえる。

カリフラワーライスの色が、白から赤茶色になるまで4~5分炒める。

器にもりつければ、ドライカレーの完成。

ドライカレーを食べる

カリフラワーライスをつかった、ドライカレーを食べる。カレー粉とトマトケッチャップの香りがよいドライカレーになっている。

スプーンですくい一口たべてみる、バリバリと歯ごたえがすごい。4~5分炒めただけではカリフラワーライスは柔らかくなっていない。もう少し炒めると柔らかくなったと思う。

なかなか美味しいカリフラワーライスを使ったカレーができた。炭水化物を我慢できるかというと、米中毒者は我慢できなそう。

カリフラワーライスでカレーを作り食べた感想|まとめ

カリフラワーライスを2種類のカレーにして食べた感想としては、カレーにするとカリフラワー感がへり、お米のかわりになった。

ただ白米とカリフラワーライスの大きさが違うので、カリフラワーライスだと一目でわかってしまう。

カリフラワーライスを買って困っているかたは、カレーにして美味しく食べよう。

コメント