形容詞を使わない大人の文章表現力|すぐできる文章表現向上術

書評

「この映画はすごい」

「うわぁ~この商品かわいい」

「この料理おいしい」

このような文章を書いていませんか「やばいよ、やばいよ、その文章やばいよ」

形容詞はとても使いやすい言葉ですがが、ボヤ~としたイメージしか相手に伝えることしかできません。

『形容詞を使わない大人の文章表現力』のテーマは、形容詞を使わず文章を書きましょうです。

形容詞を使わない文章を書くのは大変ですが、本を読みすすめると、形容詞を使わずに文章を書く9つの実践方法を教えてくれます。

『形容詞を使わない大人の文章表現力』の作者は『語彙力を鍛える』の作者とおなじ石黒圭さん。数多くの文章にかんする本を執筆されています。

使わない形容詞

どのような形容詞を使わなに、文章を書けばよいのか??

気をつける語尾は二つ。『』と『』です。

い形容詞

語尾が『い』で終わる形容詞を『い形容詞』といいます。

代表例は「おいしい」「かわいい」「やばい」など冒頭で紹介した形容詞ですね。

な形容詞

『な形容詞』は語尾が『な』で終わる形容詞です。

変な、元気な、親切な、対照的な、

ハンサムな、キュートな、イージーな、ハードな

引用元:形容詞を使わない大人の文章表現力

』と『』で終わる形容詞を使わず文章を書くのを目標にします。

『高い、低い』『早い、遅い』などの形容詞は、バンバン文章に使っていました。書いた文章をみなおすと、1文に2~3個形容詞が書かれている文章もありました。

『形容詞を使わない大人の文章表現力』を読んで、コツコツと形容詞をつかわない練習をしています。

形容詞を使わず文章を書く技術

『形容詞を使わない大人の文章表現力』では9つの形容詞を使わない文章術が書かれています。

本書を読み終わったのですが、すべての文章術を使いこなせていません。現在わたしが文章を書くときに使っている、形容詞を使わない文章術だけを紹介します。

使っている文章術は3つ。

  • 具体的な数字をいれる
  • 形容詞で思考をとめない
  • オノマトペ

具体的な数字をいれる

数や種類、頻度は具体的に述べたほうが説得力が高まる。

引用元:形容詞を使わない大人の文章表現力

「高い、低い」「大きい、小さい」「早い、遅い」などの形容詞に具体的な数字追記し、形容詞を補足します。

わたしの語彙力と文章表現力では、形容詞をまったく使わずに文章を書くのはむずかしいです。

そこで形容詞の曖昧な部分をなくすよう考えました。

「どれだけ高いのか」「大きさはどれぐらいか」「速度の差はどれほどあるのか」具体的な数字をプラスします。

「10メートルの壁」「東京ドームほどの広さ」「自転車は徒歩より30分ほど早く目的地に到着する」

形容詞だけで書かれているより、高さや大きさ、早さがイメージできるようになります。

形容詞で思考をとめない

ものごとを深く考えるうえで、形容詞で思考を止めないことはとても大切です。

引用元:形容詞を使わない大人の文章表現力

どういうことか??

「この本はおもしろい」「この服はかわいい」感想形容詞で終わらせないようにします。

「どこをおもしろく感じたか、1番おもしろかったポイントはどこか」

「どのポイントがかわいいのか、どの服と比べてかわいいのか」

自分の感想に質問をし、ドンドン感想を深堀りします。形容詞だけで書かれた感想より、相手に伝わる文章になるでしょう。

5W1Hの「なぜ」「なにを」「どのような」と自問自答し、形容詞を使わない文章に仕上げていきます。

オノマトペ

『形容詞を使わない大人の文章表現力』はオノマトペを、形容詞のかわりに使うことをオススメしています。

オノマトペとは、擬音語や擬態語とよばれる文章表現です。

のどがイガイガする。頭がズキズキします。頭がぼ~とします。みなさんも日常的につかっていませんか。形容詞をオノマトペに換えられないか考えるようになりました。

オノマトペをつかうには、キラっと光る文章の才能が必要だと思います。

わたしは文章の才能はありませんので、読書中におもしろいオノマトペをチェックし、オノマトペをストックしています。

書かずに文章がうまくなるトレーニング』でも、オノマトペを積極的につかうよう書かれていました。

論文を書くときに、オノマトペを使うのはNGですよ。

形容詞を使わない大人の文章表現力|Amazonレビュー

ウェブサイトやSNSで自分を発信する際に、「ヤバい」「かわいい」「すごい」ばかりでは工夫が感じられない、と思う時に、参考になるアイデアが満載されている。

常に、別の表現はないかと考えることで確実に語彙力が高められ、文章表現力はアップし、書くだけでなく会話力も向上すると思う。

「すごい」「面白い」などは本の中で著者も指摘するように便利な言葉。「さまざま」「いっぱい」なども同様。

私は普段から「すっごく面白くて」「いっぱいあって」など言ったり、メールでも「すごくよかったです」などと書いてしまいがちなので、それを書かずに、どう表現するかの方法が9つも紹介されていてよかったです。

引用元:Amazon

形容詞を使わない大人の文章表現力を読んだ感想|まとめ

『形容詞を使わない大人の文章表現力』を読んで形容詞を使わない、スグに使える3つの文章術を書かせていただきました。

文章から形容詞を使わない努力を続けていますが、油断すると形容詞だらけの文章に戻ってしまいます。

『形容詞を使わない大人の文章表現力』を読みかえし、書く技術を身につけ、相手にキチンと情報が伝わる文章を書けるようになりたいです。

コメント