語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~

書評

日常会話や読書中、次から次へと”ポンポン”と素敵な語彙が飛びだす人、本。

会話、文章で素敵な語彙を「言いたい」「書きたい」「語彙を増やしたい」と考えている”あなた”語彙は増やせるんです。

語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】は「語彙を増やす方法」「語彙を正しく使う方法」を書いてる本です。

語彙とは?

語彙とは、語の集まりのことです。つまり、語彙は複数の語からなるもの。

引用:語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~

頭の中にはいっている、語のリストの総数が語彙です。

頭の中の、語のリストの総数がおおい人ほど、語彙が豊富と言えます。

語のリストを増やすのが、語彙を増やす方法です。

語彙力とは?

本のタイトルにもある「語彙力」とは?

語彙力=語彙の量(豊富な語彙知識)×語彙の質(精度の高い語彙運用)

引用:語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~

語彙の量を増やすだけでなく、語彙を”キチン”と運用するのが大事です。

語彙の使い方に自信がありますか?

間違った語彙の使い方していませんか?

【 語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】は語彙の正しい使い方も教えてくれます。

語彙を増やす方法

  • 本を読む・人と話す
  • 類義語・対義語を考える
  • 目についた物の名前を覚える

本を読む・人と話す

「本を読む」「人と話す」

生きた語彙を学べ、語彙を増やせ、本からは知識も増やせますね。

ツイッターやインスタなどのSNSも、面白い語彙が溢れています。積極的に語彙に触れましょう。

類義語・対義語を考える

類義語を考える

日本語は、だいたい同じ意味の言葉がたくさんあります。

「文章を書くとき」「相手と話すとき」

もっといい類義語がないか?」と考えることで語彙が増えていくでしょう。

パッと類義語が思いつかないかたは、類義語辞典を手元に置くことオススメします。

対義語を考える

対義語は反対の意味になる言葉です。

【 対立関係 】「大きい」⇔「小さい」

【 対関係 】「男」⇔「女」

【 否定関係 】「可能」⇔「不可能」

目についた物の名前を覚える

人は日常で使っている物の、名前を知らなかったりします。

“ぐる~っ”とあなたの周囲360℃を見渡してみましょう。名前の知らない物が見つかりましたか?

「アレ」「ソレ」と言わないように、知らない物の名前を調べるクセをつけましょう。

【 語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】では、語彙を増やす方法が、あと10個ほど紹介されています。

語彙を正しく使う方法

せっかく語彙を増やしても、間違った語彙の使い方をしていては、相手に伝えたいことが伝わりません。

【 語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】に書かれている、語彙を正しく使う方法を、少し紹介さしてもらいます。

言い間違い・書き間違い

日常的な会話で気をつけるポイントは、言い間違いです。

文章を書く、主流はパソコン入力になりました。

パソコンの入力ミスによる、書き間違いが増加しています。

相手に伝えるまえに、言い間違い書き間違いはないか注意しましょう。

重複に注意

「落ち葉が落ちる」「違和感を感じる」「筋肉痛が痛い」

引用元:語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~

語彙を重複させていませんか?

日常会話、文章を書くとき語彙の重複に注意しましょう。

言葉を省略しすぎていないか

調子が悪くてうかがえません。

机にむかって、ひたすらパソコンを叩いた。

体の調子、車など移動手段の調子、なにが悪いのかわかりませんね。

叩くのはパソコンでなく、キーボードです。

【 語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】ではほかにも、語彙を正しく使う方法をもっと教えてくれます。

【 語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】感想

【 語彙力を鍛える~量と質を高めるトレーニング~ 】に書かれている、「語彙力を増やす方法」「語彙を正しく使う方法」を実行すれば語彙力は高まります。

読むだけで語彙力は高まりません、日常生活でのトレーニングの積み重ねが必要です。

『あとがき』で作者は、日本では偉そうな言葉、威勢のいい言葉があふれていることを心配されていました。

たしかに、TVやネット、SNSには”強い言葉”があふれかえっています。

語彙力を高め”強い言葉”に頼らずに、内容がスッと頭にはいる言葉を選べるようになりたいです。

コメント