道は開ける|D・カーネギー著|書評|感想|アメリカ自己啓発本の原典??

書評

仕事を毎日ヘロヘロになるまで頑張っているのに「結果がでない」仕事の悩み、恋人・友人との人間関係、「気をつかいすぎて疲れる」

仕事・対人関係の、悩みを解決する方法が書いている本。【 道は開ける 】

【 道は開ける 】は悩みを解決した実例つき、悩みへの対処方法・考え方を知り、実行すれば悩みを解決できた人がいたのです。

【 道は開ける 】はだいぶ昔に発売された本だけど、現在でも悩みの解決方法は通用するの??

人の悩みなんて、人類が「ウホウホ」「オギャー」と産声をあげたときから変わっていません。半世紀以上まえに発売された【 道は開ける 】ですが、悩みへの解決方法は現在でも使えます。

【 道は開ける 】を読んだ感想を書いていきます。あなたの悩みを解決できる!!かも。

道は開ける|特徴

  • 悩みを解決した実例紹介
  • 古今東西の本をわかりやすく説明
  • 自己啓発本の原典
  • ほぼ500ページ
  • 作者はアメリカ人
  • 読むだけでは、道は開けない

悩みを解決した実例紹介

【 道は開ける 】の一番の特徴は、有名人・一般の人が悩みを抱えていた状態から、悩みを解決した方法や考え方が実例で紹介されています。

現在あなたが抱えている悩みに、本に書かれている解決方法をためすか、あなたの悩みへの考え方をすこし変えると本で紹介されている人達のように、悩みを解決できる可能性があります。

悩みにたいする考え方、解決方法が数多く紹介されています。カンタンに実行できる方法もあれば、ちょっと実行するのムズかしい方法もあります。

あなたの悩みの解決方法が書かれているか、【 道は開ける 】をペラっとめくり確認してみましょう。悩みが解決し道が開ける可能性あり。

古今東西の本をわかりやすく説明

【 道は開ける 】を書いたD・カーネギーさんは数多くの本・論文を読んだのでしょう。作者が読んだ本を【 道は開ける 】のなかで引用しています。

作者が読んだ本の要点役立つ部分を抜き出し、わかりやすい文章でマトめているんです

日本で例えるならば、たくさんの本を読み、本の内容を理解し、自分の言葉で本を書くメンタリストダイゴさんの大先輩と言えるD・カーネギー。

自己啓発本の原典

【 道は開ける 】を読んでいると「おや??この解決方法・考え方は、違う自己啓発本で似たようなことが書かれていたな」と気づきます。

ほかの自己啓発本と【 道は開ける 】の発売日をくらべると、【 道は開ける 】が早く発売されているのが確認できます。

現在売れているアメリカの自己啓発本は少なからず、【 道は開ける 】の影響を受けているのではないかと考えました。

【 7つの習慣 】【 エッセンシャル思考 】有名な自己啓発本も影響を受けているように思います。

ほぼ500ページ

【 道は開ける 】は、様々な悩みに対する対策方法が書かれているので、大ボリュームの本です。

手にとってみると、【 道は開ける 】の重さとページ数。読むのがイヤだなぁと感じる人が多いでしょう。私も感じました。

全部を読む必要はありません、【 道は開ける 】の目次から、あなたの悩みの解決方法が書かれている章だけ読めばいいんです。ほかの解決方法や考え方を知りたくなれば、興味がある章から順に読みましょう。

本を読むの苦手なんだ、章を読むのもイヤだよ。安心してください。章の一番うしろに悩みの解決方法・考え方を1~3行でマトメてくれています。本を読むのが苦手な人は章の最後だけ読めばOK

作者はアメリカ人

D・カーネギーさんはアメリカ生まれのアメリカ育ち。【 道は開ける 】で紹介されている人はアメリカ人、西洋人がほとんど、さらに半世紀前に発売された本ですので一昔前の人ばかりです。

「あれ??この人はなにをした人だろ??」「この人ダレ??知らないな」となる可能性が高いと思います。

D・カーネギーさんがどの宗教を信じているか書かれていませんが、悩みを解決する方法の1つに祈りましょうと書いています。あまり熱心に宗教を信じない人は、宗教アレルギーを感じる可能性があるでしょう。

読むだけでは、道は開けない

悩みの対処方法・解決方法、悩みにたいする考え方を【 道は開ける 】には書かれています。

が、あなたが対処方法・解決方法を実行、悩みにたいする考え方をかえないと悩みは解決しません

【 道は開ける 】に紹介されている悩みの対処法は、悩みを解決できた実例があるのです。悩みを解決するため、行動するなら今でしょ。

道は開ける|読んだ感想|まとめ

半世紀以上前に発売された【 道は開ける 】ですが、アメリカの自己啓発本の原典といえる本です。

人は昔も今も、同じ悩みを抱えています。【 道は開ける 】の悩みの解決方法は現在も有効です。

【 道は開ける 】はページ数がおおく、ブ厚く読み切れる気がしない人は、あなたの悩みの解決方法が書かれている章だけ読んじゃいましょう。

仕事の悩み・対人関係の悩みを抱え疲労している、あなたの道が開けるよう、お手伝いしてくれる【 道は開ける 】

漫画版もあるよ。

コメント