マルちゃん正麺 旨塩味 5食パック 実食【レビュー記事】まるで生麺のような正麺 【アレンジレシピ有り】旨味たっぷりの濃い塩スープ

商品レビュー

この記事は、マルちゃん正麺 旨塩味5食パックを食べた感想を書いている記事です。

まるで生麺のように、つるやかで、旨塩のスープに負けないコシある正麺です。

旨味の名前のとおり、すこし白濁している塩スープです。ちゃんぽんのスープや白湯スープにちかいイメージです。マルちゃん正麺 旨塩スープは、あっさり感はあり、それでいて、鶏や豚の風味が生きている高級感あるスープです。

マルちゃん正麺 旨塩味を使ったアレンジレシピも書いています

マルちゃん正麺 旨塩味の作り方

500mlのお湯で3分ゆでる

マルちゃん正麺 旨塩味には、麺と液体スープの二つがはいっています。

500mlのお湯をわかし、正麺をいれましょう。麺が丸々つかる鍋があれば便利です。片側しかつからない鍋を使うときは、1分ほどゆでたのち、くるりと上下をひっくり返してやるとスムーズにゆでることができます。

ゆで時間は、3分。正麺は、のびにくい麺です。お好みのゆで時間を見つける愉しみもあります。

液体スープを器にいれる

正麺をゆでているあいだに、マルちゃん正麺 旨塩味を食べる器に液体スープをいれます。

ウスターソースのような粘度です。塩スープとしては、すこし茶色の液体スープ。透明な塩スープがおおいなか、マルちゃん正麺 旨塩味は、うっすらと白濁したスープになります。チキンのほんわかした風味、こってりとしたトンコツのような香りも感じられました。

軽そうに見える油がすこしだけ、浮いています。

ゆでた麺をお湯を器にいれます

液体スープをいれた器に、麺をゆでたお湯と正麺をいれます。正麺とお湯をかきまぜ、液体スープを溶かしましょう。液体スープは、はんなりと溶けました。

正麺をゆでているときの火力によっては、水が蒸発しすぎてスープが辛くなりすぎる可能性があります。味見をしてスープの濃さを調整しましょう。

塩スープというよりも、白湯スープ。白濁というよりも、動物のホネからでた出汁のような色をしているスープ。鶏やトンコツの出汁をあっさりと仕上げた旨塩スープ。

正麺は、約2cmごとにちぢれています。正麺の太さは、2mm~3mm。太くも細くもなく食べやすい太さです。スープに浮かび、光を反射している色っぽい艶。その艶はまるで生麺。

お好みの具材をトッピングし、さっそく実食しましょう。

マルちゃん正麺 旨塩味 実食レビュー

旨塩スープは、あっさりとした塩ベース。チキンのほがらかな風味、そして、トンコツのゆったりとした旨味で塩ベースをのばしたようなスープ。トンコツなどの濃い風味や、嫌な香りはなく、あくまで塩スープと言われるギリギリラインのスープです。ちょっと味がスマートな、ちゃんぽん麺のスープか、白湯スープといった味になっています。

正麺を箸でもちあげると、旨塩スープには少しトロミがあるのか、正麺に旨塩スープはよくからむ。塩をベースに鶏と豚がほのかに香るスープと一緒にまるで生麺をズズイッとすする。袋の塩ラーメンとしては、味が濃いめです。塩辛いというよりも、旨味が濃いです。チキンや豚、野菜の甘味のような風味を感じます。

濃いめの旨塩スープと、いっしょにすすった正麺。その正麺は、旨塩スープの濃さを中和するかのように、なめらかで正直なノドゴシです。ラーメン屋でなく、ちょっと高級な中華料理屋さんで提供される麺料理に感じたマルちゃん正麺 旨塩味。

旨味ということでいえば、塩袋ラーメン界隈では、NO1といえるマルちゃん正麺 旨塩味です。

Amazonレビュー

塩味を初めて食べたけど可もなく不可もなく安定した味。唯一安かったので買ってみたけどマルちゃん正麺はどの味もハズレない。

旨塩味は、あっさり塩味というよりは濃厚塩味といった感じで、まさに「旨塩」です。

野菜をたっぷり入れてもスープがよく絡んで美味しく頂けるので、一緒に野菜を摂りたいという方にはピッタリだと思います。

予想通りの美味しさです。確かに普通の塩ラーメンと違った味です。

引用元:Amazon

マルちゃん正麺 旨塩味 アレンジレシピ

冷やし中華

正麺を3分ゆで、冷水で冷やします。大丈夫なの?と思われたかたもいらっしゃるでしょう。正麺を信じるのです。冷やしても、しっかりとしたコシ、ちゅるんとしたノドゴシあります。

液体スープを半分ほどかけましょう。全部いれると辛いと思います。味が足りなければ追加しましょう。お好みの具材をのせ、白ゴマなどふり、すこし柑橘系のすっぱさをプラスします。

なんと、爽やかで、あっさり、ちゅるんとしたノドゴシ。食べたあとには、しっかりとした塩とチキン系の旨味を感じます。塩味冷やし中華はじめられました。

塩焼そば

フライパンで豚肉を炒め、豚肉から油がでてきたら、お好みの野菜をくわえます。液体スープを半分ほどいれ、豚肉と野菜を混ぜあわせておきましょう。

ゆでた正麺のお湯をきり、豚肉と野菜を炒めたフライパンにいれ混ぜあわせます。黒胡椒をゴリゴリと削り、すこしレモン汁なんかチュッとしぼるのもいいでしょう。

お家で塩焼そばを作ると、どこか旨味が足りない、そんなことを感じたことありませんか。マルちゃん正麺 旨塩味であれば、旨味ある塩焼そばをご家庭で作れます。

あんかけ焼そば

正麺をゆで、お湯を切ります。油をひいたフライパンにいれ正麺に焦げ目をつけます。

500ccのお湯にお好みの具材をいれ、具材に火がとおったら、液体スープをいれましょう。かたくり粉をといた水を回しいれスープにとろみをつけます。

焦げ目をつけた正麺を器にいれ、とろみをつけた塩スープを正麺のうえにかけます。

作るのに、手間はかかります。しかし、マルちゃん正麺 旨塩味を1番おいしく食べられるレシピだと我思う、故に旨塩味を喰う。

焦げた正麺はパリッとしており、焦げていない正麺との食感の対比も愉しいです。

トロミをつけた旨塩スープ。これがもう絶品。ツナ缶をいれることで、シーフードとチキン、トンコツ。まるで上海ヤキソバのソースのようです。食べているうちに、旨塩スープが、堅い正麺に染みこむ。旨塩スープが染みこみ、すこし表面がとろける正麺。潤とした旨味、堅いようで柔らかい正麺。ちょっとお高い中華料理屋のレシピのような、あんかけ焼そばのお味をお家で。

マルちゃん正麺 旨塩味 成分表

マルちゃん正麺 旨塩味を食べた感想【まとめ】

マルちゃん正麺 旨塩味は、袋ラーメンの塩味としては濃いスープです。濃いといっても塩辛いということではありません。旨味があるのです。チキンやトンコツの風味があります。しかし、あくまで塩味としての枠を超えない旨味ある塩スープです。

塩ラーメンというよりも、ちゃんぽん麺のスープや白湯スープで食べる塩ラーメンといったイメージです。

塩と旨味たっぷりのエキスある味です。塩焼そばから冷やし中華、あんかけ焼そばと色々とアレンジできます。

あんかけ焼そばと塩焼そばは、ちょっとお高い中華料理屋で提供されるようなお味で絶品でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました