袋・マルタイラーメン5食入パック 【 レビュー記事 】味と棒で有名なマルタイの袋ラーメン 【 アレンジレシピあり 】

商品レビュー

この記事は、袋・マルタイラーメン5食入パックを食べた感想を書いている記事です。

袋・マルタイラーメンをつかったアレンジレシピも書いています。

味と棒で有名なマルタイの作った袋麺です。棒ではなく丸い袋麺です。そして、変わらないおいしさでした。

袋・マルタイラーメンの作り方

450mlのお湯で3分ゆでる

袋あけると、麺と粉末スープ、調味料がはいっています。

棒のマルタイとちがい、袋は丸い麺です。見ためも少し白っぽいような気がします。

麺はノンフライです。

450mlのお湯をフライパンでわかし、麺をいれます。500mlではなく450ml。

煮込み時間は3分。

煮込み3分味一流

引用元:マルタイラーメン袋より

3分で味が一流になるのは、棒でも袋でもかわりません。

粉末スープと調味油を器にいれる

粉末スープは、さらさらとしており小麦粉を煎ったようなうすい白色。

調味油も香りは控えめ。すこし胡椒のようなスパイシーな香りがあるかどうか。さらりとした粘度をしています。

ゆでた麺をお湯を器にいれます

麺をゆでたお湯だけを器にいれます。たしょう麺がはいっても問題ありません。

お湯をいれるだけで、粉末スープも調味油もすぐに溶けました。調味油にいたっては、すぐさまお湯と同化したように感じます。

あとは麺をいれ、お好みの具材をトッピングするだけです。

袋・マルタイラーメン実食レビュー

醤油味というには、うっすらと白いです。スープを飲んでみると、たくさんの野菜、たまねぎやニンジン、キャベツを煮たような甘い風味があり、しっとりとやさしい風味とお味です。

疲れていても飲むことができ、器をまるまる食べきるまで飽きないスープ。長崎ちゃんぽんのスープをすこし薄くしたようなスープに感じられました。

麺は棒とちがい、すこしウェーブしています。細目の麺であり、なめらかに感じられました、棒よりも。

つよいコシとまではいいませんが、ほどよいコシがあり、食べるのに疲れません。麺はのびにくいように感じました。お好みの麺の硬さ・柔らかさを追求する楽しみがあります。

スープと麺は食べていて疲れを感じさせない麺です。オレガ、オレガとうるさいお笑い芸人のように下品な袋麺ではありません。

まさに一流の風格。

袋・マルタイラーメン アレンジレシピ

トマトかきたまラーメン

マルタイおすすめレシピの『 トマトかきたまラーメン 』

作った感想なのですが、素人が、溶き卵いれてフワフワにしあげるのは大変むずかしいです。卵は卵で別の鍋で調理したほうが吉。

トマトをザク切りにしてスープにいれると、酸っぱさがくわわり酸辣湯のようになりました。

ただ、赤いうすい皮がスープに残ります。皮はむいておいたほうがよいかもしれません。

焼きラーメン

250mlほどの牛乳や水をわかし麺とお好みの具材をいれます。粉末スープをすこしだけいれましょう。水分がなくなるまで弱火で煮ます。

麺の硬さを確認し、硬いようであれば水を追加して煮ます。お好みの硬さになれば味を確認し、粉末スープを追加し、調理油をいれ、火力を強火にしパッと炒めましょう。

お好みの具材をのせいただきます。キクラゲとキャベツのパリッとした食感。あきのこない醤油スープは、焼いてもいい仕事をしていますね。うまみはあるけど、こってりとおもくありません。それでいて、謎の中毒感のあるジャンキーな味にしあがっております。

袋・マルタイは焼くのが正解なのではと思わされたレシピ。

油そば風

袋・マルタイラーメンをゆで、器にいれます。粉末スープを半分ほどかけ、調理油もいれ混ぜあわせます。

味を確認し、粉末スープを追加したり、香りがたかい茶色のごま油を追加したりしましょう。

お手軽にできます。しかし、油そばとしては、麺にパワーを感じられません。おいしいのですが、これなら、スープか焼いたほうがよいでしょう。

どうしても油そばを食べたいという方におすすめのレシピ。

ラーチャーハン

袋・マルタイが1袋しかない、だけど、1袋じゃお腹を満たせない、料理を食べる人間が1人以上いる、どうしよう、そんなときに大活躍するレシピ。

袋のなかで麺をバキバキに砕きゆでます。2分ほどゆで、フライパンにいれましょう。炊いた白米もいれます。炊きたてでも冷えていてもどちらでもかまいませんよ。

粉末スープと調理油をいれ、弱火で炒めます。いれた白米の量によっては、味がうすいでしょう。塩やコショウ、醤油をいれ味をととのえてください。

ふくらんだ麺の量ににっこり。

袋・マルタイラーメン 成分表

袋・マルタイラーメンを食べた感想【まとめ】

袋・マルタイラーメンは、棒でなく丸い麺です。麺はノンフライ。棒よりも、すこし袋のほうがなめらかな食感でのびにくい麺に感じられました。

スープはすこし白く、鶏ダシに醤油、野菜をたっぷりいれた長崎ちゃんぽんをうすめたようなスープです。

食べ終わるまで飽きることのない麺とスープ、さすが「煮込み3分味一流」味のマルタイ。

トマトと卵をいれると酸辣湯に、焼ラーメンにするとジャンキー感があり楽しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました