ズブロッカ ズブロッカクリアの2本を飲んだ感想記事 草が入ってる特徴的なウォッカ

お酒

ズブロッカズブロッカクリアの2本を飲んだ感想を書いています。

草がはいっているのが特徴的なオリジナルと、透明な色になっているクリアの二本を飲んでみました。味に特徴がなく無色透明なウォッカがおおいですが、ズブロッカは、あまくトロンとした草の風味を楽しむことができるウォッカになっています。ストレートで飲んだ感想だけでなく、ズブロッカをカクテルにして飲んだ感想も書いています。

北欧ポーランドの雄大な大地に想いをはせることができるお酒。

ズブロッカの特徴

ズブロッカの特徴は、細長い草がはいっていることでしょう。

草の色が酒にしみ出し、オリジナルのズブロッカの色は緑色です。草がはいっておらず、無色透明なのがズブロッカクリアになります。

バイソングラス

ズブロッカにはいってる草の名前はバイソングラスです。バイソングラスとは、なんだろう。公式から引用します。

学名Hierochloe odorata もしくは Hierochloe australis。 ラテン語で「聖なる草」を意味するその草は、好物として食しているバイソンにちなんで「バイソングラス」と呼ばれています。独特な香りと栽培が困難なことで知られ、ビアウォヴィエジャの森の限られたエリアにのみ自生しています。刈り取りは、許可を得た人たちの手によってバイソングラスが最も香り豊かになる初夏に行われます。 その後バイソングラスは自然乾燥を経て、数日間かけエッセンスが抽出され、このエッセンスによりズブロッカ独特のフレーバーが生み出されます。

引用元:【公式】ズブロッカ

ズブロッカの香りや味は、バイソングラスの風味と言えるでしょう。収穫や刈り取りに手間暇がかかっているのですね。

手間暇がかかっているのに、ズブロッカはお手頃価格なのがうれしく思います。ポーランドの人に感謝。

ズブロッカ ズブロッカクリアを飲んだ感想

ストレート

オリジナル

草がはいっているので、草の匂いが臭い。ということはなく、たくさんの香草を漬け込んだお酒のように、ゆったり、ゆるやかにあまい香りがしている。

飲んでみると、トロンとした粘度。清水のように特徴のないウォッカがおおいなか、ズブロッカはこれぞズブロッカというバイソングラスの香り、味を楽しめる。ノド飴のような漢方薬のやさしい甘さと香りも感じる。ノドにもやさしいかもしれない。

バイソングラスの匂いは、どこかで嗅いだことがある匂いだなと、ズブロッカを口のなかで転がしていると、分かった。バイソングラスは、草団子、ヨモギ餅の香りだ。草団子の香りだと思うと、甘味はアンコのように感じてくる。

クリア

ズブロッカ クリアをコップに注ぐと、たしかに透明だ。グラスの後ろ側が透けてみえる。

バイソングラスの香りはしている。オリジナルとくらべると、香りがちょっと薄いかなと感じる。いや、ほんとオリジナルと香りの差あるのか。バイソングラスを、瓶にいれていないのでダイレクト感がないのかな。

飲んでみると、オリジナルより、クリアは粘土がサラっとしている。口の中で転がしてみても、違いが分からない。ちょっと風味が薄い気がするけど、透明な色をしているので先入観のような気もする。

一般人ではオリジナルとクリアの差は、ストレートでは分からなかった

ロック

オリジナル

無骨な氷をグラスにいれ、ズブロッカを注ぐと、緑色がうすくなったように見える。透明にちかい緑色になった。

朝焼けのしずくが草につき、冷たい朝焼けの草原を思わせるような香り。ストレートで飲むより香りは控えめになっている。

氷に冷やされたズブロッカは、飲み口がキリっと冷たく。甘さと香りがストレートより感じない。ズブロッカの香りが苦手だという人は、ロックで飲むことをオススメする。ズブロッカに氷を一ついれることで、甘さ、香り、冷たさが絶妙のバランスになり、私は好きだ。

クリア

雪がたっぷり積もった日のように、香りと音が静かで澄んでいる。ふと、瞬間接着剤のような匂いがした。バイソングラスは、雪の下で春のおとずれを待つように耐え忍び香りをひそめている。

クリアに氷をいれることで、バイソングラス以外の風味を少し感じる

飲んでみると、ツルっとした粘度で飲みやすい。ウォッカのように透明なのに、バイソングラスを筆頭に、3つほどの香草が混ざりあった香りを楽しめる。ナツメグのような香辛料の香りが口の中を刺激してくれる。

写真の氷の作り方はコチラ

冷凍

一番好きなズブロッカの飲み方を紹介しよう。ペットボトルや別の容器にズブロッカを注ぎいれるか、ズブロッカの瓶ごと冷凍庫にいれ、触るのがイヤになるぐらい冷やしてやる。

冷やしたズブロッカをぬるくならないように、少量をグラスに注ぐ。できればグラスも冷やしておくとよい。

グラスをもち、一口、二口で、ズブロッカを飲み干してやる。元気がないときや、食事前に1~2杯飲み干してやると、体の底から元気がでてくるのだ。

オリジナル

冷凍されたズブロッカは緑色がぬけ、クリアのように透明になっている。あれ、クリアいらなくない。

冷凍されていても、バイソングラスの香りは健在である。なんとなくポーランドは雪国のイメージがあるので、寒さには強いのかもしれない。

クックッと一口で飲む、キンときて、グワッときて、喉をツルリンと落ち、胃から熱さと香りがグワっとくる。

口のなかがサッパリし、胃が刺激され、ポカポカと元気になってくる。食前に飲むには、まことよい飲み方だ。

クリア

クリアを冷やして飲んでみた。が、味のちがいが本当に分からない。違いを書くことができない。

香りはまったく一緒。味はというと、すこしバイソングラスの芳香が弱いか。

結論冷凍にして飲む場合はどちらもおいしい

じつは西暦2000年ごろにも、ズブロッカを飲んだ記憶がある。もっとノドを焼くような度数で、濃厚でむせ返るような匂いがむんむんとしていた記憶があるのだが、2021年に飲んだズブロッカは飲みやすい。私がお酒に慣れた影響か、ズブロッカの味が変化したのか。どちらだろうか。

ストレートや冷凍して飲むために、ズブロッカは常にストックしている。

ズブロッカの一番好きな飲み方

ズブロッカで作ったカクテルの感想

  • リンゴジュース
  • ゴッドマザー
  • ズブロッカビターズ
  • ズブロッカマティーニ

リンゴジュース

ズブロッカ公式HPのカクテル欄で最初に紹介されている、ズブロッカのリンゴジュース割り。

味が想像できない、公式さんがオススメしているようなので作りました。

オリジナル

ズブロッカとリンゴジュース風を50:50で割る。

リンゴの爽やか香りと、ヨモギの風味がし、まろみのある香りになっている。

飲んでみると、あますっぱいリンゴの清新な香りが口いっぱいにひろがる。ゴクンと飲み干すと同時に、ズブロッカの芳醇な甘みと香りが、ドスンと胃のなかに落ちる。爽やかな味が拡がったと思ったら、強烈にズブロッカの味とアルコールが拡がる

味を表現するなら、リンゴサイターにヨモギをいれたような味か、アップルパイにヨモギを練りこんだような味になっている。

クリア

クリアで割った香りは、ほぼリンゴジュースの香りになっている。ズブロッカの香りはしない。

飲んでみると、タルの中で長期熟成されたリンゴ酒のようだ。どっしり腰の座った濃い味になっている。

濃厚なリンゴのお酒になっている。カクテルにするとオリジナルとクリア違いがよく分かった

ゴッドマザー

オリジナル

ズブロッカカクテルで飲むなら、アマレットで割る『ゴッドマザー』が一番おいしい。どのウォッカで作るよりもズブロッカで作ったゴッドマザーはうまい。

アマレットは杏仁の種から作られた酒。香りは杏仁豆腐の香り。

ズブロッカにアマレットをたらし、かき混ぜる。ほんのりヨモギの香りに混ざって、杏仁豆腐の品のよい甘い香りに気づく。

ふわりと柔らかい飲み口。高貴な香りが口の中で一斉にあふれだす。湿気を吸った砂糖のような甘さではなく、ふわふわと口の中を跳ねるような軽い甘さになっている。口の中で味わっていると、高級お菓子のような風味と甘みを楽しむことができる。

このお酒の配合は芸術であり、甘み、風味、味のコクのバランスが完璧にとれている。カクテルの御馳走といえる。

クリア

クリアもアマレットで割ってやる。

オリジナルはヨモギの香りがメインだったが、クリアは杏仁の香りがメインになっており、ヨモギの香りは隠し味になっている。

クリアでゴッドマザーを作ると、スッキリした甘さの飲む杏仁豆腐になっている。

クリアのほうが軽くスッキリしている、オリジナルのほうが味が濃く感じた。気分で割るズブロッカをかえるといいだろう。

ズブロッカビターズ

オリジナル

2~3個の氷をグラスにいれ、カラカラと氷をグラス内で転がしグラスを冷やしてやる。ちょっと苦いリキュールのアンゴスチュラ アロマティック ビターズを1~2滴。グラスに垂らし、洗った指で伸ばす。ゆっくりとズブロッカを注ぎいれる。

グラスをかたむけ香りを嗅ぐと、苦味ばっしたアンゴラスチュラの香りがピンと通っている。

苦味をいれることによって、ズブロッカの甘さと風味をくっきりと感じとれる苦味をちょんと足すことで味の輪郭がハッキリするんだな。

アンゴラスチュラの刺激的な香辛料の香りがノドに絡みつき、体の体温をあげてくれる。冷凍ズブロッカより体温をあげてくれる。食前酒にどうぞ。

クリア

作り方はまったく一緒。そして出来上がった見た目はやや透明か。

オリジナルと味の差がなさそうだなと思いながら、香りを嗅いでみると、アンゴラスチュラの苦みばしった刺激的な香りがツンツンとしている。

一口飲んでみると、アンゴラスチュラの風味をくっきりと感じる。養命酒のような風味になっている。飲んでいたら、健康になる??

ズブロッカマティーニ

  1. ズブロッカ:40ccとドライベルモット:10ccをミキシンググラスにいれる
  2. 氷をいれ、かき混ぜ、グラスに注ぐ

オリジナル

限りなく透明にちかい緑色、香りはズブロッカのヨモギの香りに、甘酸っぱいチンザノの香草の香りがしている。

冷やされた液体は、トロンとしており、ベルモットの甘酸っぱい香りとヨモギの香りが、ふわっと鼻に抜ける。ズブロッカでマティーニを作ると、甘く優しい味のマティーニになる。

マティーニは、ふつうのウォッカやジンで作ったほうが好きだな。うん。

クリア

かぎりなく水にちかい透明、ベルモットの甘く酸っぱいツンとした香りがしている。

飲んでみると、ベルモットの香りがゆるゆると広がり、ちょっとした苦みが舌をチクりとする。ズブロッカの香りはほとんどしない。舌に集中すると、かすかに香るぐらいだ。

さまざまな香草や薬草を漬け込んだ風味豊かな、アルコール度数の高い白ワインといった味になっている。

ズブロッカAmazonレビュー

オリジナル

去年から夏のカクテル用に愛飲しています。桜餅の香りがして、和風カクテル創作してもいいんじゃないかと思います。

バニラに似た甘い香り、すっきりした味。

そのまま飲むのも良いですがオススメはズブロッカを使って漬けた果実酒。苺がオススメです。

引用元:Amazon

クリア

日本人のレビューなし。(2021年現在)翻訳したレビューを引用しましたが、アマゾンの翻訳はあってるのかな。

良いウォッカは、次の日に頭痛で目を覚まさないようにします。

私はこの記事をお勧めすることしかできません。 お金の価値@@

ウォッカはウォッカと等しくない

私は非常に満足しました。

でも実際にウォッカは注文しない

しかし、私は特に美しくデザインされたボトルが好きでした。ガラスにもレリーフパターンがあります。

このボトルはギフトにも適していると思います。

引用元:Amazon

開高健レビュー

料理と酒を文章で表現させれば、文豪界でトップクラスの開高健さんのエッセイからズブロッカの味を引用します。文豪さんにかかると、ここまで丁寧に適切に味の表現ができるのかと驚きました。

瓶のなかに細い草の茎が一本入っている。この酒はウォッカを北欧野牛の飼料の草のなかに浸してつくったものだが、淡緑色で、芳烈である。しかしいや味な濃厚さはなくて、爽快なのである。くどい甘さなどどこにもなく、あくまで清冽である。草のあえかな芳香が魅力である。

引用元:地球はグラスのふちを回る

2本のズブロッカを飲んだ感想【まとめ】

草(バイソングラス)が入っているのが特徴のズブロッカオリジナルと、草がはいっておらず無色透明なズブロッカクリアは、ヨモギのような優しい甘い香りがするウォッカです。

ストレートやロックや、瓶ごと冷凍してズブロッカを楽しんでいます。

バイソングラスがはいっているからか、飲むとモ~元気になってきたぞ、という気分になるのです。食前や元気がないときに、クイっと一杯やっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました