【 レビュー記事 】生協の宅配トマトラーメン 九州産小麦粉使用 生めん 宮崎県高千穂産トマトピューレ使用

袋麺

この記事は、生協の商品の袋トマトラーメン生めんを食べた感想を書いています。

トマトと味噌をまぜあわせたような、アッサリとしたスープです。生めんはツルツルシコシコ。

軽い風味だけどトマトの旨味があるトマトラーメン。冷製にしてもおいしく食べられました。

生協の宅配トマトラーメン紹介

生協の宅配トマトラーメンは、二袋で1セットです。

めんは、たっぷり100g。生めんだけあり、賞味期限は短めです。

生めんとトマトラーメンのスープの2つがはいっていました。めんとスープだけのシンプルイズベスト。

生協の宅配トマトラーメンの作り方

トマトラーメンのスープを器にいれます。トマトの香りのする味噌。トマト味噌といった香りのスープの素。

細めのちぢれ麺を1リットルのお湯で2分30秒ゆでます。しっかりとしたコシのある生めんでした。ゆですぎてノビないように思います。硬めのめんがお好きなかたは早めにあげても問題ないでしょう。

めんがゆであがる少しまえに、スープのはいった器に270mlのお湯をいれトマトスープの素をといておきましょう。味噌のようにドロッとしています。しかし、スーッときれいに溶けました。

ゆでためんのお湯をきり、トマトスープがはいった器にいれます。つやつやと光を反射するめん。しっかりとしたコシがある細ちぢれめん。

めずらしいトマトスープです。しかし作り方は、いたってシンプル。スープの素をお湯でとく、生めんをゆで、器にいれる。サッと作れるトマトラーメン。

お好みの具材をトッピングしましょう。

生協の宅配トマトラーメンを食べた感想

トマトの赤色なので辛くないスープ。トマトスープの香りは、うん、トマト。トマトを煮こんで水分を飛ばしトマトの旨味を濃縮し、もう1度お湯でのばしたようなサッパリとした風味。

トマトジュースにオイスターソースを加えたような、ごくごくと飲んでもトマトの酸っぱさのおかげか飲みあきない。ちいさい油は浮いているが、油っぽさは皆無。

つるつるの麺は、トマトスープとあまりからまない。生めんとトマトスープは独立独歩。ただしトマトの酸味は麺の表面にはある。トマトスープの爽やかと一緒にめんがチュルリとお口にすべりこんでくる。

トマトの濃縮された旨味と、トマトの酸味があり、旨さのなかに爽やかさがある飲みやすいスープ。そして、ツルツルシコシコと食べやすい生めん。

生協の宅配冷製トマトラーメン

お湯のかわりに水でトマトスープの素をとかし、生めんをゆでたあと冷水で冷やし器にいれる。

レモンの薄切りをのせ、白こしょうをガッツリときかせる。

レモンとトマトの酸味があり、ピリッと白こしょうがきき刺激的。トマトスープは冷やしたほうが断然さっぱりとしている。温かいトマトラーメンよりも冷たいトマトラーメンのほうがイケる。

暑い暑い、ねっとりとした暑さの日本。ねっとりさを切り裂くほど清涼でありながら旨みもある冷やしトマトラーメン。

生協の宅配トマトラーメンを食べた感想【 まとめ 】

生協の宅配トマトラーメンは、トマトを煮て濃縮したエキスをお湯でのばしたようなスープです。トマトの旨味と酸味があります。オイスターソースをトマトジュースにくわえたように爽やかのなかに旨味がありました。

生めんは、賞味期限はみじかいです。しかし、まるでお店で食べるようなシッカリとした生めんです。トマトスープの酸味と一緒に食べるとツルツルとノドをすべるように食べられます。

またトマトラーメンは冷やしてもおいしいです。むしろ、冷やして食べるものかもしれません、トマトラーメンは。あついあつい日本でも、さっぱりと食べられるトマトラーメンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました