そば焼きと鴨そば焼きの作り方・レシピ「日本そば」で作る焼そば

料理

そば焼きの作り方|レシピを書いてます。日本そばを使った焼そばです。

調味料や具材を変えると色々な味を楽しめます。ソースをつかえば、ふだんの焼そば風。めんつゆを使えば和風なそば焼き。

また鴨(かも)を使ったレシピも書いています。鴨とネギのコッテリした油が極旨そば焼き。

そば焼きの作り方、豚と鴨の二種類を紹介します。

そば焼き(豚ヴァージョン)

材料(1人分)

  • 日本そば:100g
  • 豚肉:50g~80g
  • キャベツ:50g~100g
  • 焼そばソース:大さじ2
  • 天かす:適量
  • 油:適量

焼そばソースのほかに、ウスターソースやトマトケチャップを小さじ1ほどくわえると、ソースの味に深みがうまれます。

カレー粉をくわえるのも香りがよくなり、気分はカレー南蛮。

野菜は玉ねぎやネギ、にんじんを加えると食物繊維もたっぷり摂取できます。

そば焼き作り方|写真あり

豚肉を炒める

豚肉を1cm~2cmほどに細かく切る。

フライパンに油(適量)をひき、中火で豚肉をゆっくり炒める。

豚肉からじっくり脂をだし、カリカリな状態を目指す。豚肉の脂がたっぷりのそばにからみ、カリっとした食感の豚を楽しめる。

キャベツを炒める

豚肉から脂がじっとりでたら、キャベツと天かすをくわえる。

玉ねぎやネギ、にんじんをいれるならこのタイミングで一緒に炒める。

キャベツのしゃきしゃきした歯ごたえを楽しみたい人は軽く炒める。いやいやしっとり甘いキャベツが好きだという人は、弱火でゆっくりじっくり炒めてやる。

天かすと一緒にフライドガーリックをいれるとコクがでる。

調味料をいれる

焼きそばソースをフライパンにいれる、火力は弱火。

焼そばソースをぶつぶつと泡立たせ水分を飛ばす、そば焼きの仕上がりがベトつかなくなる。

ウスターソースやトマトケチャップ、カレー粉をいれると、いろいろ味の変化を楽しめる。

焼そばソース:大さじ2、ウスターソースとトマトケチャップ:小さじ1でそば焼きを作るときがおおい。

日本そばの用意ができていなければ、火をとめておいてもOK

日本そばを炒める

日本そばをゆがき、よく水を切っておく。

ソースの水分が飛んだのを確認し、日本そばをフライパンにいれる。

日本そばとソースを混ぜあわせる。ヘラで底からひっくり返すように混ぜると、日本そばとソースが混ざりやすい。

日本そばは自家製をつかっていますが、市販の袋そば、乾麺でもおいしくパパっと作れる。

そば焼きの完成

焼そばの作り方と一緒。中華そばを日本そばに変更するだけ。

そば焼きはアツアツのうちに、食べちゃいましょう。

食べてみて味がうすく感じるようであれば、塩や醤油をくわえる。

日本そばを使っているので、ツルツルシコシコ感は中華そばには勝てないね。もっとツルツルでよい日本そばを使えば、中華そばに勝てるのかな。

そば焼きはツルツルシコシコ感はないが、豚肉と日本そばの組み合わせはどこかホッとさせられる優しい味になっている。

ガツンとした美味さではなく、しみじみと体に染み込み、滋養をつけてくれているなと思う。そばの風味を感じるから、そう思うのだろうか。

そば焼き(鴨ヴァージョン)

材料(1人分)

  • 日本そば:100g
  • あいがも:50g~100g
  • 長ネギ:1本~2本
  • めんつゆ:大さじ:2
  • 油:適量

そば焼き(鴨ヴァージョン)作り方|写真あり

あいがもを炒める

フライパンに油をうすくひき、火力は中火。

あいがもをじゅ~と炒める。じっくりジュワジュワと脂をひきだす。

鶏の脂の香りとはちがった、高貴な香りがただよってくる。

長ネギを炒める

あいがもは、フライパンから皿にとりだしておく。

あいがもから脂をひきだしたあと、長ネギをフライパンにいれ炒める。

長ネギに切れ目をチョンチョンといれておくと、食べたときビュッと飛び出しにくくなる。

長ネギにあいがもの脂を染み込ませるイメージで、弱火でゆっくりゆっくり炒める。

日本そばを炒める

日本そばをゆがき、よく水を切っておく。

めんつゆ:大さじ2をフライパンにいれる、ジュッという音が心地よい。

日本そばをフライパンにいれ、めんつゆと鴨の脂を日本そばにからませる。

そば焼き(鴨ヴァージョン)の完成

日本そばを器にもりつける。

あいがも、長ネギをうえにのせ、白髪ネギもお好みでトッピングする。

日本そば(鴨ヴァージョン)のできあがり。

日本そばの表面が、あいがもの脂でテラテラしている。日本そばをすすると、あいがもの香りが甘く、ほのかに蕎麦の香りがする御馳走な蕎麦になっている。

長ネギは「あまい」カモネギの相性は最強の組み合わせ、と私は思う。

あいがもさんは、脂をしぼりだされて、パサパサ。日本酒を呑みながら、鴨はゆっくりいただく。

カンタンに作れるのに、高級な御馳走なそば焼きを作れた。

そば焼きを作り食べた感想【まとめ】

焼そばを食べたい、でも中華そばがないや。そんなとき日本そばで十分代用できます。

中華そばを使った焼そばとはちがいますが、日本そばを使ったそば焼きはそば焼きでおいしいです。

鴨にいたっては、カンタンに作れるのに御馳走感あふれる料理を作ることができました。

コメント