焼そば作り方|BRUNO|ホットプレート|スチーマー|蒸す・ゆでる・焼く|1台3役

料理

BRUNO 】ホットプレート、別売りパーツ「スチーマー」があれば「蒸す」こともできるようになります。

蒸す」「ゆでる」「焼く」1台で3役こなせる【 BRUNO 】ホットプレート。

【 BRUNO 】ホットプレートを使った、焼そばの作り方を紹介します。

焼そばの材料

  • 焼そばの麺:200g
  • 豚バラ:100g
  • キャベツ:大きい葉4~5枚
  • ごま油:適量
  • 日本酒:適量
  • 天かす:適量
  • コショウ:適量
  • お好みの焼そばソース:適量
  • 紅しょうが:適量
  • 青ノリ:適量

おったろう
おったろう

麺、豚バラ、キャベツの量は好きなように変更してや。

びーた
びーた

おったろう、いつもキャベツもっと少ないもんね。

BRUNO|ホットプレート|作り方

スチーマーをセットする

【 BRUNO 】ホットプレートに「水:1リットル」を投入。

【 BRUNO 】ホットプレートのうえに、「スチーマー」をセット

「スチーマー」の穴が大きいので、「焼そば麺」が落ちてしまう可能性があります。

落下対策&「キャベツ」をおいしくするために、「キャベツ」をひきます。

この「キャベツ」はあとで具として使います。「キャベツ」を蒸すことで甘さもUP

びーた
びーた

一石二鳥。

「キャベツ」のうえに、「焼そば麺」をほぐしながらおきましょう。

「袋焼そば麺」ではなく、自分でつくった「焼そば麺」をつかっています。

自分でつくった「焼そば麺」は美味しいぞ。レシピはコチラ

もちろん「袋焼そば麺」でもおいしくできるレシピですよ。

【 BRUNO 】ホットプレートのフタを「スチーマー」のうえにおき「蒸す」準備完了

焼そば麺を蒸す

【 BRUNO 】ホットプレートの火力は「HI」

蒸気で、「焼そば麺」が蒸されていきます。5~10分ほどで「焼そば麺」の”ふんわり”と漂ってきたら蒸しあがりです。

フタをとり、「スチーマー」を【 BRUNO 】ホットプレートから取りはずします。

高温の湯気がでてるので注意しながら、「スチーマー」を取りはずしてくださいね。

焼そば麺をゆでる

【 BRUNO 】ホットプレートのお湯に、蒸した「焼そば麺」いれゆでましょう。

【 BRUNO 】ホットプレートの火力は「MED

1~2分「焼そば麺」をゆで、ザルに取りだしましょう。

「焼そば麺」に「日本酒」「ごま油」を適量ふりかけます。

「風味づけ」「乾燥防止」です。

おったろう
おったろう

日本酒はキラいだったら、かけなくても大丈夫。

焼そば麺を焼く

お湯を捨てた、【 BRUNO 】ホットプレートに「ごま油」を適量ひきます。

「焼そば麺」を平らにひき、「コテ」で”ぎゅっぎゅっ”とおしつけます。

【 BRUNO 】ホットプレートの火力は「MED」

「焼そば麺」焦げ目がつくまで、触らず放置。

焦げ目がついたら、一旦皿に「焼そば麺」を取りだす。

焼そばを仕上げる

蒸しておいた「キャベツ」「豚バラ」を1cmほどに切っておきます。

「豚バラ」を【 BRUNO 】ホットプレートにいれ、火力は「MED」で炒めます。

「豚バラ」から油がでてきて、「焦げ目」がつき「カリカリ」状態になるまで”じっくり”炒めましょう。

「キャベツ」「天かす」を、”さっ”と混ぜ、「焼そば麺」をもどし、具と”しっかり”混ぜあわます。

「焼そばソース」で自由に味をつけてください。

おっちゃんソースレシピ
  • 激辛スパイスソース:大さじ2
  • とんかつソース:大さじ1
  • ウスターソース:小さじ2

ソースと「焼そば麺」を麺ぜんたいに”きっちり”いきわたらしましょう。

ソースの水分がなくなれば、【 焼そば 】完成

【 BRUNO 】ホットプレートの火力は「WARM」

皿にとりわけ、”あつあつ”【焼そば】を食べましょう。

びーた
びーた

お好みで「こしょう」「紅しょうが」「青ノリ」をトッピングしてね。

おったろう
おったろう

ビールでかんぱ~い♪

BRUNO|ホットプレートで焼そばを、作って食べた感想

「スチーマー」を手にいれる必要がありますが。

「焼そば麺」を「蒸し」「ゆで」「焼く」と”もっちり””パリパリ”した食感が楽しめる「焼そば麺」を楽しめます。

【 BRUNO 】ホットプレートの1台で、3つの調理をできるのスムーズに作業できました。

おったろう
おったろう

スチーマーつかうかなと悩んでたけど、購入してよかった。

びーた
びーた

野菜、魚とか色々蒸してるよね。

コメント