トリハム|作り方|レシピ|ササミ使用|胸肉でも代用可

料理

トリハムの作り方|レシピを書いています。

低カロリー・高タンパク。しっとりした【 トリハム 】

ダイエットにもピッタリ。

ササミを使っていますが、胸肉でも代用可能です。

トリハム|調理工程

  1. ササミを切り、牛乳に漬ける
  2. ササミをミンチにする
  3. ササミをこねる
  4. 成型し、ゆでる
  5. トリハム完成

トリハム|材料

  • ササミ:500g(胸肉でも代用可能)
  • 牛乳:100g
  • 塩:6g
  • 片栗粉:大さじ1
  • お好みの調味料いれてもOK

トリハム|作り方|写真あり

ササミを切る

ササミを1cmほどに切る。

スジが気になる人は、包丁の後ろを使い外してください。

ササミを牛乳に漬ける

切ったササミをビニール袋や、保存容器にいれる。

牛乳:100ccをくわえ、6時間以上漬ける。香りづけにセージをいれるのも美味しいヨ。

肉が柔らかくなり、肉質が”しっとり”します。

ハンバーグ道」に書かれていた方法です。

ササミをミンチにする

牛乳に漬けておいたササミをミンチにする。

ミンサーをつかっていますが、「フードプロセッサー」「包丁で叩く」でミンチにしてもOK

使っているミンサーの記事はコチラ

ササミをこねる

ボウルや頑丈な容器に、ミンチにしたササミと片栗粉:大さじ1塩:6gをいれる。

めん棒で突くように、ササミをこねる。

めん棒にササミが、”ねっちょり”くっつくけば、こね作業終了。

ササミを成型する

サランラップをひろげ、こねたササミを置いていく。

太めのハム型にしていますが、細めのソーセージ型にしてもOK

成型したササミをゆでる

鍋で、1600ccの水を沸騰させる。

火をとめ、水400ccをくわえる。

80℃以下になればOK

ゆっくり、成型したササミを鍋にいれる。

鍋を保温できるのであれば、保温してあげましょう。

「はんてん」で鍋をくるむと、保温効果あり。

1時間以上、鍋にいれ放置しましょう。

今回は太めなので、3時間放置しました。

3時間後の温度は、56℃。

トリハム|完成

鍋からトリハムをとりだし、サランラップをとる。

トリハムを好きな大きさに切り分ける。

※火は通っていると思いますが、生でないか確認しましょう。

トリハムを食べる

火は通っているので、そのままパクリ。

牛乳をいれ、ゆっくり中心にまで火を通した【 トリハム 】

きめ細かい手触り、食べると”しっとり”した食感。

アッサリした味なので普通のハムの代用にもなりそう。

トリハムパスタ

  1. にんにく、唐辛子をたっぷりのオリーブオイル・弱火で炒める
  2. トリハムをいれ、焦げ目をつける
  3. セロリをいれ、1分ほど炒める
  4. パスタをいれ混ぜあわせるとと完成

パスタは自家製麺

トリハムを作って食べた感想|まとめ

トリハムを作った感想は、思った以上に作るのはカンタン。

しっとりした食感。味もシンプルなので、どのような料理にもトリハムは使えそう。

高タンパク・低カロリー。食べるとダイエットにもなりそう。

ハムを買う必要がなくなった。作ってみてよかった。

ソーセージの皮を使った、レシピもオススメ。

コメント