牛スープの最高峰|牛のテールスープ|作り方|レシピ

料理

精肉店で『牛のしっぽ(テール)』を見つけると、必ず作るスープレシピです。

テールを焼いて、長時間グツグツと煮込むと完成する、スープ界最高峰の一角『牛のテールスープ』

ドッシリした腰の座ったスープの味ですが、くどさを感じない高貴な味のスープ。

『牛のテールスープ』の作り方|レシピを書いていきます。

長時間煮込んでいられないよ。ご安心ください。圧力鍋を使って、短時間でスープを作っています。

牛テールスープ|調理工程

  • テールをフライパンで焼く
  • テールを煮込む
  • テールスープの味をととのえる

牛テールスープ|材料

  • 牛テール:500g~700g
  • たまねぎ:1/2個
  • ニンニク:2個
  • しょうが:1かけ
  • 水:適量
  • 香辛料:お好みの香辛料(ローリエ・クローブ使用)
  • スープの味をととのえる調味料:塩やこしょう、パセリ、醤油など

牛テールスープ|作り方|写真つき

野菜を弱火で焼く

フライパンにサラダ油(分量外)をいれ、ざっくり切ったたまねぎ:1/2個、つぶしたニンニク:2個と薄切りにしたしょうが:1かけをフライパンにいれる。

たまねぎが透明になり、にんにくの香りがしてくるまで弱火で炒める

焼くフライパンと煮込む鍋が違うので、弱火で炒めた野菜を圧力鍋に入れておく。焼くフライパンと煮込む鍋が同じかたは、そのまま牛のテールを焼きましょう。

牛テールを焼く

火力を強火にし、フライパンの温度を白い煙があがるほど温度をあげておく。(テフロンのフライパンは温度をあげすぎると、テフロンが悪くなります)

じゅ~じゅ~っと、牛テールの表面を焼き、焦げ目をつけていく。

牛テールのエアーズロック。ほんのり牛の油と肉の香りがしてくる。フライパンの中心で、牛の美味さを叫びたい。

牛テールを煮る

圧力鍋に焼いた牛テールをいれる。牛テールがひたひたに浸かるまで、水をそそぐ。

ローリエ:2枚とクローブ:4個をいれる。

圧力鍋のフタをせず、水を沸騰させ灰汁(アク)をとったのち、圧力鍋のフタをする。

圧力鍋に圧力がかかってから、40分煮込む

圧力鍋がないかたは弱火でコトコト、水をコツコツ足しながら、ゆっくり牛テールを煮込みましょう。

牛テールスープ作りの参考にした本では、水から仕上げるのに8時間かかったと書かれている。

牛テールスープを仕上げる

40分煮込み、圧力鍋の圧が抜けてから、圧力鍋のフタをあける。

スープを皿にとり、味見をしながら牛テールスープの味をととのえる。

牛の脂をなるべく取りのぞきたい。

1度牛テールスープを冷蔵庫で冷やしすと、脂がかたまり取りのぞきやすい。

洋風牛テールスープ

牛テールスープに、細かくきったタマネギやニンジン、セロリをいれ、野菜が柔らかくなるまで煮る。

塩や胡椒、コンソメの素で味をととのえる。仕上げにパセリをぱらぱらっ。

フルコースにでてきそうなスープが出来る。披露宴で提供されるスープより、30倍おいしい牛テールスープができあがるかも。

和風牛テールスープ

フライパンにゴマ油をいれ、長ネギと生姜を弱火で炒める。長ネギがしんなりしてきたら牛テールスープをくわえる。

醤油や麺つゆで味をととのえる。

寒い日に飲むと、ほっと体の芯から温まる和風牛テールスープ。

牛テール汁うどん

スープもいいけど、炭水化物も食べたいな。

醤油や麺つゆで牛テールスープの味をととの、うどんをいれる。

ねぎや天かす、七味をふりかける。お上品な味のスープがうどんにからみつく。牛テールうどんを食べると、ふつうの肉うどんを食べれなくなるかも。

牛テール醤油煮

スープをとったテールも食べてしまいましょう。

牛テールスープ:100cc醤油:大さじ2日本酒:大さじ1をフライパンにいれる。

フライパンに牛テールと青ネギ、唐辛子を弱火で炒める。

煮汁がなくなるまで弱火でゆっくり煮る。

ビールや日本酒にあう絶品のオカズのできあがり。

五香粉をいれると中華風に、トマトジュースを足してやると洋風のオカズにへ~んしん。

牛テールスープを作って食べた感想|まとめ

牛のテール(しっぽ)をつかったスープレシピを紹介さしてもらいました。

テールを焼いて、煮る。煮たあとにチョチョイと味付けしてやると、スープ界最高峰の一角の『牛テールスープ』が作れます。味付けは、ちょっとずつ味を濃くしてやりましょう。

肉屋さんで牛テールを見つけたら、必ず作る『牛テールスープ』

野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ

コメント