かつおぶし削り|オカカ|お家でカンタンにかつおぶしを削ろう

商品レビュー

和食の味の基本となる【 かつおぶし

【 かつおぶし 】を削るのが「めんどくさい」「むずかしそう」

「わかります。めんどくさく。むずかしそう。ですが」

かつおぶし削り|オカカ 】をつかえば本枯鰹節を”カンタン”に自宅で削れるようになります。

『お家でかつおぶしを削りたいあなた』『和食のレベルを高めたいあなた』

【 かつおぶし削り|オカカ 】の商品特徴・削り方を紹介してます。

かつおぶし削り|オカカ|商品紹介

商品概要
  • サイズ:20.5×19.2×26.1cm
  • 本体重量:985g
  • 素材・材料:材料:ABS樹脂 ポリプロピレン ポリエチレン ポリアセタール樹脂 PPS樹脂 ステンレス鋼刃 ニトリルゴム
  • 原産国:日本

引用元:Amazon

茶色のカバーを”パカッ”とあけると、するどいトゲのついてる部品がみえます。

かつおぶしをいれ、トゲがかつおぶしを”ガッシリ”固定。

下部には3つの吸盤があり、かつおぶしを削る作業中、作業台と”しっかり”固定してくれます。

ハンドルを回すと、刃のついたプレートが”くるくる”回転。

プレートについた刃で、かつおぶしを”シャカシャカ”削ります。

削られたかつおぶしは、下の透明のボックスに溜まります。

かつおぶし削り実演

本枯鰹節を用意。袋をあけると~。

おったろう
おったろう

ふわぁ~。ええ香り。香りだけで酒呑めるわ。

びーた
びーた

パックのかつおぶしとは、香りがぜんぜん違うよね。

かつおぶしを【 かつおぶし削り|オカカ 】にセット。

あとはハンドルを”くるくる”まわし、ボックスを引きだすと、【 かつおぶし 】の完成。

箱型のかつおぶし削りとちがい、かつおぶしが小さくなっても安全に削れます。

6歳の姪ちゃんもお手伝い中。

おったろう
おったろう

削ったかつおぶし、姪ちゃんの大好物やで。

かつおぶしが削れないとき対処法

  • かつおぶしの設置場所を変更する
  • かつおぶしを湿らす

かつおぶしの設置場所を変更する

うまく削れなければ【 かつおぶし削り|オカカ 】にセットされているかつおぶしの位置を前後にうごかすと、削りやすいポイントが見つかるでしょう。

かつおぶしを湿らす

「かつおぶしを。前後にうごかしても削れない」「削っても粉しかでてこない」

かつおぶしを湿らしましょう。

「湿らして大丈夫なの?」「大丈夫」

湿らしたかつおぶしは、布にくるんで冷蔵庫で保存すれば”カビ”ません。

  • 水道水で削る場所を”さっ”と水で洗う
  • 濡らしたクッキングペーパーに削る場所を覆う

かつおぶしを濡らせば、かつおぶしが柔らかくなり削りやすくなります。

おったろう
おったろう

うまく削れないときは『うごかす』『湿らす』

かつおぶし削り|オカカ|デメリット

【 かつおぶし削り|オカカ 】は刃が一定です。

削れるかつおぶしは、同じ「厚さ」「幅」になります。

「厚い」「幅のひろい」かつおぶしが欲しいときは、箱型を使うしかありません。

おったろう
おったろう

オカカで削った、かつおぶしを料理にのせて紹介するで。

びーた
びーた

削ったかつおぶしの形状確認してみてね。

かつおぶし削り|オカカ|かつおぶし使用料理写真

  • 白米
  • うどん
  • きゅうり
  • カップ焼そば
  • たこ焼き

白米

おったろう
おったろう

いつのもの白米に”ぱらぱらっ”卵かけご飯に追加しても美味しいで。

うどん

おったろう
おったろう

冷やしうどんには、絶対かつおぶしかけてるで。ネギ+天かすで御馳走に!!

手打ちうどんの記事はコチラ

きゅうり

おったろう
おったろう

『きゅうりダイエット』してるおっちゃん。ダイエット効果そこそこ出てるで。

びーた
びーた

お腹ちょっと凹んできたよね。

カップ焼そば

おったろう
おったろう

インスタント焼そばにかけると、焼そばの味がワンランク上昇。

たこ焼き

BRUNOで作る「たこ焼き」にもかつおぶしをかけてます。

たこ焼きの詳しいレシピはコチラ

かつおぶし削り|オカカ|使った感想|まとめ

ハンドルを”くるくる”回すと、本枯鰹節がかつおぶしになる商品【 かつおぶし削り|オカカ

箱型かつおぶし削りに比べると、力がいらず、安全にかつおぶしを削れます。

欠点として、『”チョット”でかい』『かつおぶしの「厚み」「幅」かえれない』

【 かつおぶし削り|オカカ 】を買ってから、ちょっと料理に使いたいとき”さっ”と削れるので、パックのかつおぶしを使うことがなくなりました。

おったろう
おったろう

かつおぶし削りたいと考えてるなら、購入して損しないで。

コメント