たこ焼き|基本レシピ|作り方|BRUNOで作る|お洒落にたこ焼きパーティー

料理

BRUNOで作る【 たこ焼き 】のレシピ|作り方を書いています。

BRUNOのたこ焼きプレートを使うと、キレイな【 たこ焼き 】を作れます。

お洒落なBRUNOで【 たこ焼きパーティー 】楽しんじゃいましょう。

たこ焼きの材料

生地(50個分)

  • 薄力粉:200g
  • 卵:1個
  • 水:600cc
  • だし昆布粉末:4g
おったろう
おったろう

昆布茶はぜひ入れてや。

たこ焼きの具

  • たこ:約100g
  • キャベツ:約200g
  • ネギ:約30g
おったろう
おったろう

具材の量は適当で大丈夫。天かすいれてもおいしいで。

たこ焼きのトッピング

  • ソース
  • 青のり
  • かつおぶし
  • マヨネーズ
おったろう
おったろう

トッピングは自由に楽しんでや。

びーた
びーた

トッピングいろいろ変えたら、たこ焼き飽きないよね。

おったろう
おったろう

おっちゃんの一押しは、激辛ソース

たこ焼き|準備

生地の材料をボウルにいれ、泡だて器でまぜます。

たこは、食べやすい大きさに切っておきましょう。

「キャベツ」と「ネギ」はシリコンスチーマにいれ、5分ほど電子レンジで”チンッ”します。キャベツとネギが甘くなります。

たこ焼きを焼く

たこ焼きプレートに油をひく

たこ焼きプレートに、油をいれます。油は”たっぷり”ひきましょう。

油引きがあれば、かんたんに油をひけます。

BRUNOの火力は『LOW』です。

生地をたこ焼きプレートに流し込む

生地をBRUNOのプレートに流しこみます。

「たこ」と「キャベツ」を生地にいれていきます。

BRUNOのすみっこは、やや火力が弱いので使っていません。

おったろう
おったろう

たこ2個はいったり、はいってなかったり気にせずパーッといれよう。

たこ焼きをひっくり返す

生地が固まってきたら、たこピックをつかい飛び出ている生地をなかにいれます。

BRUNOのプレートを傷つけないため、たこピックはシリコン製を選びましょう。

たこ焼きをキレいに仕上げるポイントは、一気に180度ひっくり返さず、ちょっとずつひっくり返しましょう。

たこ焼きをコロコロし、キレいな球体に近づけます。

おったろう
おったろう

ちょっとぐらい失敗しても、コロコロしてるうちにキレイになるで。

お好みの焼き色になれば、BRUNOの火力を『WARM』にする。

【 たこ焼き 】を取り皿にとりわけ、お好みのトッピングをして【 たこ焼き 】の完成。

BRUNOでたこ焼きを作った感想

火力はずっと『LAW』たこ焼きが焼きあがったら『WARM』

火力調整が楽チンだった。

油をおおめにひくことで、たこ焼きが焦げる心配もなく”カリッ”とした表面のたこ焼きができました。

「たこ」のかわりに、チーズやウィンナーを具にすれば、わいわい騒ぎながら楽しい【 たこ焼きパーティー 】になりそう。

おったろう
おったろう

アツアツ食べれるけど、口の中の火傷には気をつけてや。

びーた
びーた

とくに小さいお子さま、気をつけてあげてね。

コメント