低価格懸垂バーを「二つ」自宅に設置した【レビュー】自宅でいつでも懸垂トレーニングできる!!

商品レビュー

お手頃価格(やく1,900円と2、900円)二つの懸垂バーを設置し、懸垂やぶら下がり運動をした、懸垂バーの感想を書いています。

懸垂はとても効率のいい筋トレといわれています。ぶら下がり運動もググッと体が伸びる感覚が、とても気持ちいいんですよね。

でも懸垂台って、値段が高い、デカいので設置場所が必要なので、懸垂を自宅でするのをあきらめてたんですよ。

目に飛び込んできた『懸垂バー』は5,000円以下。

「でも安全なの、ほんとに懸垂できるの。」と心配でしたが、二つの懸垂バーで問題なく、懸垂とぶら下がり運動を自宅で好きなときにいつでも懸垂できるようになりました。

懸垂バーおすすめポイント

  • 安い
  • 設置がカンタン
  • 自宅でいつでも懸垂できる
  • 活用方法いろいろ

安い

懸垂バーのおすすめポイント、千円台から買える価格です。五千円以下で、自宅で懸垂できるようになります。

懸垂バーはその名のとおり棒です、懸垂台とちがい設置場所に困りません。

「懸垂にあきちゃったな」というときも、すぐにオークションにだしたり、捨てるのもカンタン。

懸垂やぶら下がり運動にハマると、懸垂バーを手放すことはないと思います。

設置がカンタン

懸垂バーをくるくる回すと、懸垂バーがのびてきます。懸垂バーを床におき、くるくる回すと作業が楽です。

どっちに回すと懸垂バーがのびるか覚えておくと、設置後の締め直し、設置後の場所移動時に戸惑いなくなります。

懸垂バーを設置したい場所にセットし、ぐいぐいと懸垂バーを回すとガチっと懸垂バーをしっかり設置できます。

ひとりでも懸垂バーは設置できますが、やはり二人いたほうが設置しやすかったです。

設置場所の確認

懸垂バーをくるくる回しと、壁をすごい勢いで壁をグイグイとしめあげます。え、壁だいじょうぶと心配するほど。

下手な位置に懸垂バーを設置すると、壁が100%の確率でバコンと凹むでしょう。

ではどこに設置すればいいのか。壁の内部に縦に柱がある場所に設置します。

壁の内部に柱があるかわからないよ。壁をたたき、軽い音ではなく、鈍い音がする場所は柱がとおっています。

音の差がわからないよ。科学の力を借りましょう。『下地さがし』という便利な商品があります。

壁に傷はつく??

懸垂バーの端、壁と設置する場所は、柔らかい素材で作られています。

4~5回いろいろな場所に設置しましたが、傷はつきませんでした。

傷をつけたくない。木板やゴム板をかますと、壁に傷はつかないでしょう。

懸垂バーはズレたり、落ちないの??

懸垂バーの設置がカンタンなのはわかったんだけど、懸垂バーはズレたり、ドスンと落ちたりしないの。

じつは1回だけずるっと懸垂バーがズレました。

懸垂バーを設置した次の日、懸垂バーにぶら下がったら、ずるっとズレました。

設置したあと懸垂バーがゆるんでいたのが、ズレた原因だったようです。

ぶら下がるまえに、懸垂バーがゆるんでいないか確認し、ぶら下がるようにしてからは、ズレたり、落ちたりしていません。

懸垂バーの選び方

懸垂バーの価格差の違いは、取付距離と強度がかわってきます。

お値段の高い懸垂バーのほうが、設置できる距離が長く、ぶら下がったときに懸垂バーがたわみにくいです。

懸垂バーを設置したい場所の長さを測り、取付距離に対応している懸垂バーを選びましょう。

自宅でいつでも懸垂できる

あなたが自宅でよく通る場所に、懸垂バーを設置するのをオススメします。

コーヒーやお茶をいれるとき、トイレにいくとき、ピョンと懸垂バーにとびつき懸垂、ぶら下がり運動をすると体がのびリフレッシュできるんです。

懸垂はとてもとても運動強度の高い筋トレです。1回もできない人がおおいと思います。懸垂バーの下を通るたびに、懸垂していると、懸垂できるようになるかもしれません。

「おまえは懸垂できるのか」「え、一回もできませんよ」

活用方法いろいろ

懸垂バーにTRXサスペンションを設置すると、体ぜんたいを鍛えることも可能です。

ハンモックやブランコを懸垂バーにぶら下げれると思います。子ども用なら。

大人用のハンモックをぶら下げるのはちょっと怖い気がします。

サンドバックをぶら下げ、パンチキック。ストレス発散に。

長雨が続くわね、困ったわ。そんなときは懸垂バーで服を乾かしてやりましょう。

体を鍛えられ、遊べ、洗濯も干せる『懸垂バー』

Amazonレビュー

1,900円台

自室のドアにつけました。もう年なので懸垂などとてもとてもですが、背伸びをするのに使っております。ぶら下がって肩から背中にかけて伸ばすと、その後、楽ですね。

つっぱり棒タイプの懸垂バーなのにネジ止めなしで90キロのパートナーもぶら下がれるとてもしっかりしたものでした。

ドア枠に簡単に取り付け、取り外しができるので、トレーニングに合わせ色んな高さに付けて活用してます!

つけようとしたら、メキメキって言うのもなくいきならバコーーンッって壁が穴あきました!

引用元:Amazon

2,000円台

ボルトで止めているわけでもないのに、溶接させたかのように微動だにしない。正直言ってかなり驚いている。

新築なので念の為に木の板を壁に固定してから設置しました。リビングの柱が両サイドにある所につけたので、ぶら下がり&懸垂し放題です!本当に壁から生えたかのような丈夫さで、反動つけてぶらぶらしても余裕です!最高です。何ヶ月も前なら欲しくて悩んでた懸垂バーがまさかこんな簡単に安く済むなんて。

そこそこ頑丈な壁があれば慣れてくれば1分以内で簡単セッテング出来ます。

引用元:Amazon

懸垂バーを設置し使った感想【まとめ】

低価格の懸垂バーを設置することで、自宅で毎日好きなときに懸垂、ぶら下がり運動ができるようになりました。

懸垂は一回もできませんがネ。ですがちょっと筋肉がつき、シュッとしてきた気がします。

ぶら~んと懸垂バーにぶら下がると、肩から肩甲骨がググッとのび、足がゆらゆら~。ぶら下がるだけなのに、体がのびストレッチしたな、という感覚をえられます。

買ってよかった『懸垂バー』

コメント