マルちゃん正麺 醤油味 5食パック 実食【レビュー記事】まるで生麺のような正麺 【アレンジレシピ有り】昔ながらの醤油ラーメン

商品レビュー

この記事は、マルちゃん正麺 味噌味5食パックを食べた感想を書いている記事です。

まるで生麺のように、なめらか。そして、生麺のようなコシがある正麺。

チキンスープと野菜を煮こんだようなスープに、焦げたような醤油を垂らしたようなスープです。

マルちゃん正麺 醤油味を使ったアレンジレシピも書いています。

マルちゃん正麺 醤油味の作り方

500mlのお湯で3分ゆでる

マルちゃん正麺 醤油味には、麺と液体スープの二つがはいっています。

500mlのお湯をわかし、正麺をいれましょう。麺が丸々つかる鍋があれば便利です。片側しかつからない鍋を使うときは、1分ほどゆでたのち、くるりと上下をひっくり返してやるとスムーズにゆでることができます。

ゆで時間は、3分。正麺は、のびにくい麺です。お好みのゆで時間を見つける愉しみもあります。

液体スープを器にいれる

正麺をゆでているあいだに、マルちゃん正麺 醤油味を食べる器に液体スープをいれます。

ドロッとした粘度のソースのような液体スープ。醤油を煮つめたような、ウスターソースを煮つめたようなコッテリした粘度です。そして、野菜や香草を煮こんだスープのような香りがします。ソースのうえには、てらてら、サラサラとした油が浮いていました。

ゆでた麺をお湯を器にいれます

液体スープをいれた器に、麺をゆでたお湯と正麺をいれます。麺とお湯をかきまぜ、液体スープを溶かしましょう。液体スープは、さらりと溶けました。

正麺をゆでているときの火力によっては、水が蒸発しすぎてスープが辛くなりすぎる可能性があります。味見をしてスープの濃さを調整しましょう。

ポツポツとちいさい油が浮いており、うっすらと肉の焦げた茶色と醤油色をあわせたような色の醤油スープ。

お好みの具材をトッピングして、食べましょう。

マルちゃん正麺 醤油味 実食レビュー

マルちゃん正麺 醤油味のスープは、袋麺の醤油味のなかでは、濃い香りと風味のスープだと思います。すこし焦げたようなメイラード的な香りがあり、黒々と力強い大豆のパワーが生きている腰のすわった濃厚な醤油の風味。その醤油を、チキンの骨と野菜(タマネギやニンニク、長ネギ)を長時間煮こんで作ったスープでのばして作った醤油スープ、そのような香りと風味です。

飲むと野菜の甘味と爽やかな香り、鶏のほのぼのと牧歌的な出汁、すこし焦げたような香りある醤油。飲むと少し甘く感じ、しっかりとした醤油の香りが鼻にぬけます。かるいスープではなく、醤油スープとしてはドッシリしているイメージです。

醤油スープがからみやすい、2mm~3mmほどの正麺。すこしちぢれています。正麺には、かんすいの香りはなく、小麦のうまみもやや乏しく感じました。しかしですね、正麺の表面は、なめらかで艶があり、まるで生麺。かむとプツッンと音がしそうな弾力あるコシ、そのコシはまるで生麺。

すこしドッシリしているイメージの醤油スープを、まるで生麺の正麺にまとわりつかせ、一気にすすりこむ、チャーシューをかじる、正麺をすする、卵をたべる、スープをすする。汗をかきました。

1杯300円から400円ほどの醤油ラーメンを、袋ラーメンで作ることができます。

Amazonレビュー

まさしく私が小さい頃から食べてる東京ラーメンの醤油ラーメン中華そば

マルちゃん正麺を食べ出したら、他の麺は食べられないね、30食なんてすぐに食べ終わりますね、そして安いですので、お手頃価格です、

麺に油分が混ざってないしタレと合わせるのは丼の中だから鍋を洗わなくていいのがすごく便利!!洗い物が一つ減る

下手なラーメン店よりも美味しいです。初めて食べた時の衝撃は忘れられません。

引用元:Amazon

マルちゃん正麺 醤油味 アレンジレシピ

油そば風

醤油液体スープを器にだします。すべてを使うと辛すぎるでしょう。醤油液体スープはあとで足すこともできます。すこし少ないかな?ぐらいの量の醤油液体スープを器にだしてください。

にんにくと、ごま油(できればゴマの香りがする油)を醤油液体スープと混ぜておきます。豆板醤など辛味をいれるのもグーですよ。ごま油は大さじ1ほど。にんにくはお好みの量をいれてください。ただし、いれすぎると。

ゆでた正麺を器にいれ、麺をスープを混ぜあわせます。

お好みの食材をトッピングし、油そば風の出来上がり。

ごま油のかぐわしい芳香がたちのぼり、にんにくの鮮烈な香りと風味がズバーンッとくる。ジャンキー感がある香りと風味です。腰の弱い醤油スープであれば、ごま油の香り、にんにくの風味に負けてしまいます。マルちゃん正麺の醤油スープは負けていません。にんにくとごま油の香りをスープの旨味にとりこみ、生のライブな食感を感じさせる、そんな活き活きしている香りと風味。

バター醤油

マルちゃん正麺の袋に書かれていたレシピのアレンジです。豚肉を炒め、豚肉の脂がでてきたら、お好みの野菜を炒めます。野菜が、しんなりしてきたら大丈夫でしょう。

正麺をゆで、お湯をきり、器に盛ります。正麺のうえに、炒めた野菜をのせ、青ネギをちらします。そして、醤油液体ソースを半分ほどかけましょう。味がうすいときは、あとから醤油液体ソースを足してください。さいごに、ちょこんとバターを置きます。

醤油とバター。想像してみてください。醤油とバター。想像しましたか。醤油とバターですよ。想像しましたね。

そう、あなたが、あたまのなかで、かんがえた、かおり、と、ふうみ、そのものです。

すこし焦げた甘い醤油に、すこしづつチーズが溶け、醤油と混ざりあい。野菜と豚、麺のあいだに流れていきます。バターの芳醇で優しい香りが口にテラリときたあとに、醤油の焦げた香りが、鼻にフワッとぬけるのです。バター醤油ポップコーンのラーメン版といったところでしょうか。

焼そば風

250mlのお湯をわかし、正麺をゆでます。正麺がほぐれてきたら、醤油ソースを半分くわえ煮こみます。

お湯がなくなる直前に、卵をわりいれ、フライパンのフタをしめ、卵がうっすらと白くなるのを待ちましょう。

醤油焼きそばの出来上がりです。ソースもいいものですが、醤油味の焼そばも、イケますね。ソースよりもコッテリしてないので、つるつると食べることができました。

マルちゃん正麺 醤油味 成分表

マルちゃん正麺 醤油味を食べた感想【 まとめ 】

マルちゃん正麺 醤油味のスープは、焦げた香り、すこしドッシリとした風味のある醤油と、チキンスープと野菜を煮こんだようなスープがベースなっています。袋ラーメンの醤油スープとしては、濃い風味のスープです。

正麺は、まるで、生麺。このフレーズに偽りなし。なめらかな表面、しっかりとした弾力あるコシ。

お家にいながら、マルちゃん正麺 醤油味を調理するだけで、1杯300円ほどのお店の醤油ラーメンを堪能できました。醤油ラーメンを食べたくなったとき、ウーパー◯ーツいらずのマルちゃん正麺 醤油味。

コメント

タイトルとURLをコピーしました