マルちゃん正麺 味噌味 5食パック 実食【レビュー記事】まるで生麺のような正麺 【アレンジレシピ有り】正統派の味噌ラーメン

商品レビュー

この記事は、マルちゃん正麺 味噌味5食パックを食べた感想を書いている記事です。

味噌味のアレンジレシピも書いています。まるで生麺のような正麺です。正統派といったシンプルな味噌スープでした。

味噌味は、いろいろとアレンジできます。

マルちゃん正麺 味噌味の作り方

500mlのお湯で4分ゆでる

マルちゃん正麺 味噌味には、麺と液体スープの二つがはいっています。

2~3cmほどの泡がボコボコとしているお湯500mlに、麺をいれゆでましょう。ぜんぶの麺がつからないときは、上下をひっくり返してやると、まんべんなく麺をゆでることができます。

ゆで時間は4分です。3分でも5分でもなく4分。ゆですぎてもコシがありノビにくい麺、それが正麺。

液体スープを器にいれる

正麺をゆでているあいだに、マルちゃん正麺 味噌味を食べる器に液体スープをいれます。

マルちゃん正麺 味噌味は、ゆでたお湯で液体スープを溶くタイプの袋麺です。油にコーティングされた、信州みそよりも少し赤い色をしているお味噌。香りはディスイズお味噌といった風味。なめるとすこし甘いお味噌でした。

ゆでた麺をお湯を器にいれます

液体スープをいれた器に、麺をゆでたお湯と正麺をいれます。麺とお湯をかきまぜ、液体スープを溶かします。

液体スープは溶けやすく、これぞ味噌ラーメンといったスープにすぐになりました。麺をゆでていた時の火力によっては、スープが濃くなっている可能性があるのです。すこし味見をして、味が辛い、濃いときはお湯を足すとよいでしょう。

撮影しながら、つかむのは大変、つるつるとお箸から逃げるほど滑らかなコシの正麺。光をはじく煌めく輝きは、まるで生麺のようではござりませぬか。

あとはお好みの食材をトッピングしマルちゃん正麺 味噌味を頂きます。

マルちゃん正麺 味噌味 実食レビュー

マルちゃん正麺 味噌味のスープは、センタージ味噌といった味噌スープ。味噌の風味はしっかり甘く、ホッと言いたくなる優しさがあります。味噌をのばしているのは、鶏がらスープのように思われますが、魯山人ほどの舌を持っていないのでキチンとは分かりません。特徴がないと言えば、特徴はありません、いたって普通の味噌の風味がしみじみと優しく甘いスープです。

特徴のない味噌スープだからこそ、いろいろな具材をのせることができ、いろいろとアレンジができます。コクがないなと思えばバターを、すこし甘さがほしいなと思えばコーンやキャベツを、辛さが欲しいときは一味を、肉がほしいときは、豚肉や鶏肉をトッピングするとよいのです。シーフードもいけると思いますよ。

正麺に味噌スープがしっかりとからみつき、ズズイっとすする、ほんのりした甘い味噌スープでコーティングされた正麺は、ツルツルなめらかになり、味噌ウェーブにのりながら口のなかにすすりこめます。

野菜の炒められた甘さ、トウモロシのぽつんと孤立した甘さ、バターの芳醇な香りが溶けこんだスープをすする、正麺もすする、すこしオデコに汗をかく、一心不乱に一気呵成に食べました。お家にいながら、1杯400円はとれそうな味噌ラーメンを堪能できました。

Amazonレビュー

インスタントの味噌ラーメンとしては美味しい部類に入ると思います。これに麦味噌を足したり、ミンチを炒めて担々麺風にピリ辛にしたりして食べてます。

いうほど、なんだろ、普通だったなぁ、って感じ、ただ、味噌の袋ラーメン買うならこれからはマルちゃん正麺にしますわ。他の袋ラーメンには戻れないかな、、、ラーメン屋の方ほが当たり前においしいけど、袋ラーメン界ならトップクラスだ

ラーメン好きには物足りない感もするスープですけど、インスタントっぽいクセを極力抑えてあり万人向け。モヤシや缶コーンを加えるだけでも結構立派になります。

引用元:Amazon

マルちゃん正麺 味噌味 アレンジレシピ

台湾風まぜそば

裏面には、電子レンジを使ったレシピも書かれています。フライパンで豚肉を炒めました。

豚肉を炒め、味噌スープをいれ水分が飛ぶまで炒めます。正麺をゆで、湯を切り、麺だけを器にいれます。炒めた豚肉とお好みの具材をトッピングすれば出来上がりです。

すこし味噌に辛みがないので、豆板醤などを足すとよいでしょう。味噌味の豚肉は、こってりと甘い。行儀わるく器のなかをワチャワチャと混ぜます。麺やら卵、具材が混然一体となりゴッホの絵のような不思議な料理が器のなかに現れました。海苔の香りとニラのツーンとした香りが爽やかで、豚の甘いコクを黄身がとろりと抱きとめる台湾風まぜそば。(台湾とはほとんど関係ないよ)

味噌焼きそば

油をひいたフライパンでにんにくと唐辛子の弱火で炒め香りをひきだし、お好みの野菜と豚肉を炒めます。

液体スープをいれ炒めた具材と混ぜあわせましょう。ゆでた正麺のお湯をきり、フライパンにいれ具材と混ぜあわせ器に盛りつけ味噌焼きそばの出来上がり。

ちゃんちゃん焼きに似た焦げた味噌の風味が愉しく、こってりとした味噌、ピリッとした辛味。

冷汁風正麺

液体スープを器にいれます。おなじ器に、お好みの夏野菜をいれましょう。

サバ缶(なるべく無塩)を器にいれます。

ぐちゃぐちゃと具材をまぜ、味噌の味を確かめながら、めん汁と水をいれます。冷蔵庫にいれ冷やします。

正麺をゆで、冷水で冷やしヌメりをとりましょう。冷やしても、正麺はいけまっせ。

冷やした正麺を器にいれ、冷やした具材を正麺のうえにブッかけます。暑い日にピッタリの冷汁風正麺。ちゅめたいので、ちゅるちゅるとすすることができ、シャキシャキした野菜の食感。ほどよい旨味がのった鯖のまろい風味。冷たい料理だけど、スタミナがつきそうな気がしませぬか。

納豆辛正麺

あれこれ、手間ひまをかけたら、袋ラーメンの魅力がなくなるんだよ。楽しておいしいラーメンが食べたいの分かります。分かります。そんな方には。

マルちゃん正麺 味噌味をつくり、納豆をのせ、唐辛子やラー油をこんもりとトッピング。

おなじ大豆から作られた味噌と納豆の相性はとてもよく、納豆の旨味成分ともいえる粘りが、スープに溶けこみポタージュのようなトロミあるスープになります。スープの味に奥行がグッとうまれるのです。味噌と納豆だけでは、甘くなりすぎるので、辛味を加えることで、角のたったスープに戻します。

納豆好きで辛い料理好きの方へおくるお手軽レシピ。

マルちゃん正麺 醤油味 成分表

マルちゃん正麺 味噌味を食べた感想【まとめ】

マルちゃん正麺 味噌味の麺は、まるで生麺のような正麺です。正麺はお箸でつかむのが大変なほどツルツル、チュルンとしたノドゴシ、ぷりんとした弾力。

味噌スープは、うん、これが味噌スープだね、と10人中8人が納得する甘めの普通の味噌スープです。

普通の味噌スープだからこそ、いろいろな料理にアレンジできました。

マルちゃん正麺 味噌味をお家で調理すれば、1杯400円ほどの味噌ラーメンをお家で堪能できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました